Report
2018.12.17

スマホの中のわが社@学生インターン Vol.14

PR Tableでは、多くのインターン生が活躍しています。まだ社会に出ていない若者の目に「会社」はどう映るのか。今回はセールス・マーケティングチームに所属するふたりの若者が、業務内容をレポートします。

12月13日(木)@本日の業務

右:花房 (大学2年生) 左:高橋 (大学4年生)

こんにちは!セールス・マーケティングでインターンをしている高橋と花房です。

普段はオフィスで電話での問い合わせ対応やリードの初期対応、メルマガ配信など、新規顧客獲得に向けて奔走しています。

ところが今回は、オフィスを飛び出して、株式会社ZEAL主催の「iNTERFACE SHIFT 2018」に出展。私たちもそちらに参加してきました。

12月13日(木)午前10時、私たちの仕事は、PR Tableのサービス説明が書いてあるパンフレットの配布とブースへの誘導。多くの参加者の方々に、サービスを知ってもらうこと興味を持ってもらうことが目的です。

社員さんと協力してブース設営を行い、12時前には準備完了。「いかに簡潔に良さを伝え、参加者に自社への好印象をもってもらうか」ーー我々ふたりに与えられた使命をしっかり果たそうと、念入りにロールプレイングも行いました。ブースに人が集まる時間帯に向けて、両者気合十分です。

なかなかうまくいかない...

時計は12時を回り、別のホールで講演を聞いていた参加者が、次々に出展ブースのあるホールへと来るようになりました。お越しくださった方々にパンフレットを配布し、会話のキャッチボールを重視しつつ、PR Tableでは何ができて、どんなメリットがあって、どうやって運用していくと成果に結びつくのかをご案内。

しかし、最初の勢いも束の間。講演が始まってしまうと閑古鳥状態で、通りかかる数人にお声がけしてもなかなか振り向いてくれません。

どうしよう……せっかくの機会なのに人が集まらない……。

作戦会議

メンバー内で作戦を考えていた時、ある物が目に入りました。それは、社員の川島が「使えそうなものはすべて活用しよう」の精神でわが社のオフィスから持ってきていた200本のチュッパチャップスでした。

「よし!これをうまく活用しよう!」ということで
急遽作戦変更。名付けて「チュッパチャップスの配布をメインに!ついでにPR Tableの魅力も聞いてもらおう!」大作戦。

「お疲れ様です!チュッパチャップスいかがですか?」「糖分補給はいかがですか?」
もはや、PR Tableの「P」の字も出ていません。これでいいのか……と思いつつもやってみると、前半戦と比べて確実に皆さん足を止めてくださるようになり、合わせてサービス説明も快くく聞いてくださるようになりました。

大盛況

チュッパチャップス作戦が功を奏し、ブースは大盛況。気が付けば、多くの参加者に足を止めていただけました。お話を聞いてくださった方の中には、私たちと同じ学生も多くいました。今取り組んでいることや将来やりたいことを熱く語る彼らの姿は、大きな刺激になりました。

本日の業務を終えて、PR Tableのサービスをよく知らない人に対してどのようにして関心を持ってもらうか、そこから相手のニーズを引き出して、どのように興味を持ってもらうか。パンフレット配りやブースへの誘導は、普段行っているセールス業務に通じる点が多くあることに気づきました。

本日の経験を活かして、また明日から元気よく出勤し、日々の業務も頑張りたいと思います。


若者たちにとって、「楽しそう」「かっこいい」と思ってもらえる会社でありたいですね。今週一週間も頑張りましょう。

注目ストーリー