Report
2018.03.26

【90秒でわかる】先週のわが社(2018.3.5 – 3.9)

わざわざ発表するほどでもないけど、PR Table内で起きた“ちょっとした変化”を4コマでレポートします。

① 人事企画

C524b7a88f6dc88f8281ef30584a784fb67562ce

3月5日(月)、4期2Qの戦略発表会に合わせて、モチベーションサーベイの結果発表を行いました(2018年2月5日〜6日 モチベーションクラウドでサーベイ実施)。結果。前回のエンゲージメントスコア【66.2/B+】から【72.7/A】にスコアが向上しました。

組織の強み(TOP3)としてあげられていたのは、「経営陣に対する信頼(満足値4.5)」、「未来に向けた先行的な試み(満足値4.5)」、「理念の発信と伝達(満足値4.4)」。

逆に弱み(TOP3)となっていたのは、「顧客基盤の安定性(満足値3.0)」、「財務状態の健全性(満足値3.0)」「成功・失敗事例の共有(満足値3.2)」です。

4期2Q(2018.3〜5)は、前回同様の「期待を上回る提案・対応(外部適応)」「戦略目標の発信と伝達(理念戦略)」に加えて、規模拡大に伴う新たなイシューとしてあがった「関連部署間の連携(組織風土)」を重点指標とし、定期的なフォーカスサーベイを実施します。

② 人事制度の導入

94218ef78c327969f5158c864b23d3607c37e651

4期2Qから、新・人事制度「PRパーソン番付」をスタートしました。PR Tableにフルコミットするメンバーは、「PRパーソンとして、会社の魅力を伝えて事業成長に寄与する」ことでポイントを獲得し、その合計ポイントに応じた番付(横綱〜序の口)によって手当が支払われます

③ ツール導入/業務効率化

11620cb85611ca469438236e2cb8a152418142fd

お問い合わせいただいたお客様に対し、商談時に適切な話をができるよう、クリエイティブサーベイ活用した事前アンケートを制作。これにより、余分な商談時間を削減するとともにお客様が一番知りたいポイントを伝えることが可能になる見込みです。

④ 社内行事/メンバーのスキルアップ

D2f489fadd09de429dc4fb72843fcd958d2a555d

3月9日(金)社内エンジニアによる技術講習会が行われました(14回目)。Rubyでのプログラミングについて学習をしており、今回は、メソッドとクラスの概念についての理解を深めました。14回目をもってRuby入門が終了し、次回からは「Ruby on rails」の入門へと進みます。

目標は、全社員がWEBをきちんと理解し、丁寧な仕様書を作れるようになることです。


今後もPR Tableは、ミスマッチのない社会の実現を目指し、より多くの会社のストーリーが生まれ、より多くのステークホルダーに伝わる仕組みをつくってまいります。

注目ストーリー