Report
2018.03.26

先週のわが社(2018.3.19 – 3.23)

わざわざ発表するほどでもないけど、PR Table内で起きた“ちょっとした変化”を4コマでレポートします。

① 業務効率化

97adcebfbff54db9830a4534a1e51eeb3b4213d9

全ての社員が自分の時間を有意義に活用できるよう、会議体の改革を実施。会議の所用時間を基本30分に設定することで、「事前準備」「会議の目的・ゴール」にフォーカスします。

② マーケティング施策

57cc9978179285f3ebce6f8509f474c21687c35e

日々お客様のニーズを最前線でヒアリングしているセールス・マーケティングチームが主導となり、『企業ブランディングのためのストーリー発信法(実践編)』と題したワークショップを開催。取締役の菅原弘暁よりストーリー製作のノウハウをお話ししました。

③ イベント・カンファレンスの実施

2a65acd37dff9540f6180cb61f0f4b9900cec865

「PR Table Comminuty」のボランティアスタッフ一同にお集まりいただき、キックオフMTGと懇親会を行いました。当日は、「#エア花見」を切り口にBUSINESS INSIDER JAPANに取材していただき、取締役・菅原のコメントが記事掲載されました

④ 社内行事/メンバーのスキルアップ

5931fd2e7bd13c9276048ae28e1adb6e79de0a32
3月23日(金)社内エンジニアによる技術講習会が行われました(15回目)。前回でRuby入門が終了し、今回から「Ruby on Rails」に突入。今までの知見をフル活用しながら、PR Tableの開発環境の構造を見学しました。

目標は変わらず、全社員がWEBをきちんと理解し、丁寧な仕様書を作れるようになることです。


今後もPR Tableは、ミスマッチのない社会の実現を目指し、より多くの会社のストーリーが生まれ、より多くのステークホルダーに伝わる仕組みをつくってまいります。

注目ストーリー