Report
2019.01.07

先月のわが社(2018.12)

第1四半期の1ヶ月目が終了しました。気持ち引き締めつつ、先月の振り返り〜今後について、4コマでレポートします(速報値のため、数値情報は変動の可能性あり)。

① 実績の振り返り - その1

1b52ec7eb78b7872dd06503a22f5a23a7e9ff755

5期目からは目標ARRの達成進捗率を報告してまいります。これまでの積み上がりもあり、1ヶ月目を終えて達成進捗率は24%となりました。前期同様、既存顧客の継続利用を促すための機能開発やカスタマーサクセスを遂行しつつ、安定的な新規獲得や高単価商材の販売を通じて、100%達成を目指してまいります。

② 実績の振り返り - その2

F801f462dea92610b5afc26b78d9436a6bbf278c

5期目のスタートとなる12月、過去最高の111本のストーリーを公開しました。既存顧客の発信量増に伴うストーリー公開が71本、12月にリリースされた「これからの日本をつくる"働き方"のストーリー」特集による公開が40本です。また、2018年春にリリースされた「レポート機能」の活用も着々と増えており、12月のレポート公開は42本となりました。

③ 実績の振り返り - その3

18a2216c33200153169bf7a592f9de740b2348b6

人員が拡大していく中で、組織としてのパフォーマンスを最大限発揮するため、組織状態を毎月定点観測しております。2018年12月末、『モチベーションクラウド』を活用した組織サーベイを実施しました(対象人数 16名)。

その結果、全社のエンゲージメントスコアが過去最高の「78.3」となりました。これは前回のスコア(2018年11月/対象人数 14名)である「75.1」を3.2上回っており、同サービス導入企業と相対比較した指標であるエンゲージメント・レーティングの最高評価(「AAA~DD」の11段階)となります。

④ 事業面での改善ポイント/今後の課題

837bea7c707ab578be23fe7016860520763cff13

前期におけるカスタマーサクセスへの注力により、既存顧客の継続が上昇傾向にあります。一方、事業の成長を加速させるためには、既存顧客だけではなく、新規顧客にも「身近な課題を解決するサービス」であることをより認知していただく必要があります。

そのために今年は、「複雑化した採用サイト運用の効率化」「歩留まり率の改善」「採用ターゲットへのリーチ」など、顧客の身近な課題に即したマーケティング施策を展開していきます。また、上記効果を体現する新機能の仕様策定・実装のスピードを高めてまいります。

今後もPR Tableは、ポスト2020の日本社会にハートのある技術をインストールするべく、全社一丸となって邁進していきます。

注目ストーリー