Report
2018.04.02

先月のわが社(2018.3)

第2四半期の1ヶ月目が終了しました。気持ち引き締めつつ、先月の振り返り〜今後について、4コマでレポートします(速報値のため、数値情報は変動の可能性あり)。

① 実績の振り返り - その1

3月の月次売上高は目標に対して108%達成で、過去最高の月次売上となりました。4月以降も受注を積み重ねていくことで、4期の売上目標の100%達成を目指します。

② 実績の振り返り - その2

3月の掲載本数は44本でした。アライアンスによるストーリー製作を除いた公開本数としては過去最高の数値です。改善要因として、添削スピードの大幅向上が寄与したものと考えられます。

③ 事業面での改善ポイント/今後の課題

会社への深い理解を促進する「ストーリー」機能だけではなく、会社のちょっとした変化を“ライトに”伝える「レポート」機能が、3月末に実装されました。新機能を開発して終わりではなく、本当に活用しやすいものにできるようカスタマーサクセスチームが顧客と向き合い、開発チームがスピーディーに改善してまいります。

3月は月次売上目標こそ達成したものの、リードの商談化率/受注率が低く、受注実績としては非常に苦しんだ月となりました。各チームメンバーが数多ある事象に惑わされず、本当に重要な課題にしっかり向き合えるメンタルの強い組織を構築する必要があります。

④ 採用活動の強化

エージェンシー機能の整備に伴うメディアプランナーの採用と、プロダクトの改善スピードアップとサポート体制強化を目的としたカスタマーサクセスメンバーの採用を強化しております。さらなるスキルアップを目指すインターネット広告代理店の方、BtoBプロダクトのカスタマーサクセスにご興味をお持ちいただける方、ぜひお気軽にご連絡ください。

- メディアプランナーの募集ページはこちら
- カスタマーサクセスの募集ページはこちら

今後もPR Tableは、ミスマッチのない社会の実現を目指し、より多くの会社のストーリーが生まれ、より多くのステークホルダーに伝わる仕組みをつくってまいります。

注目ストーリー