Report
2019.04.09

先月のわが社(2019.3)

第2四半期の1ヶ月目が終了しました。気持ち引き締めつつ、先月の振り返り〜今後について、4コマでレポートします(速報値のため、数値情報は変動の可能性あり)。

① 実績の振り返り - その1

394c5047e6e373824fb28269e88e2e82ceea102b

前月同様、目標ARRの達成進捗率を報告してまいります。3月を終えて達成進捗率は59%(12%増)となりました。2月と同様に、新規受注の獲得増と既存顧客のサービス継続利用が主な増加理由です。

引き続き、4月もエンタープライズ利用の営業活動と機能開発を推進し、100%達成を目指してまいります。

② 実績の振り返り - その2

B28ff7ce24bb22e454167746b3ec6168d1e28b0a

3月のストーリー公開本数は66本、レポートの公開本数は56本でした。ストーリー公開は、前月に比べ減少してしまいましたが、4月からはサポート体制を変更し、より公開が促進されるオペレーションを構築してまいります。

レポート公開は、企画提案の強化に伴い発信企業数が増加したため、過去最高の公開本数となりました。4月は「新機能の利用促進」「オペレーションの改善」を行い、顧客満足度の向上を目指してまりいます。

③ 実績の振り返り - その3

F376cdf76e1ed54a5f6bb02df6855e432dc6b907

人員が拡大していく中で、組織としてのパフォーマンスを最大限発揮するため、組織状態を毎月定点観測しております。2019年4月初め、『モチベーションクラウド』を活用した組織サーベイを実施しました(対象人数 18名)。

その結果、全社のエンゲージメントスコアが「77.4」となりました。これは前回のスコア(2019年2月/対象人数 17名)である「75.5」を1.9上回りました。組織風土や情報共有に関する項目のポイントが上がっており、前月に引き続き「変化し続ける意識」の満足度ポイントも向上しております。

同サービス導入企業と相対比較した指標であるエンゲージメント・レーティングは最高評価AAA(「AAA~DD」の11段階)となります。

④ 事業面での改善ポイント/今後の課題

E63583b675d3966dafd1565982ed04f86caecc19

2Q初月の3月は、新規・更新ともに過去最高の結果を残すことができたものの、来期の目標達成を見据えると新規獲得における「マーケティング施策の企画・実行スピード」に課題が出てきました。

来期を見据えたマーケティング施策の企画・実行に時間を割けるようにするためには、目標達成に必要な短期的なファネル数値をチーム全員がリアルタイムで集計・把握できる管理体制が求められます。4月は「CRMの磨き込み」「コストモニタリング」に注力することで、高い成長率での事業推進に努めてまいります。

今後もPR Tableは、ポスト2020の日本社会にハートのある技術をインストールするべく、全社一丸となって邁進していきます。

注目ストーリー