Report
2019.04.19

スマホの中のわが社@学生インターン Vol.27

PR Tableでは、多くのインターン生が活躍しています。まだ社会に出ていない若者の目に「会社」はどう映るのかーー 彼女・彼らがスマートフォンで撮影した写真と共にリアルな姿をご報告します。

第一句

今週のテーマは「わが社の一句 ~春~」。
“春”をテーマに4名のメンバーに俳句を詠んでもらいました。

まず初めにご紹介するのはセールス・マーケインターンの高橋将史(大学4年生)の一句。

春だから 髪を切ったよ 春だもの

最近散髪した、代表取締役 大堀海と取締役 菅原のslack上のやり取りで「そうだよね、春だもんね。そういえば俺、髪の毛切ったんだ。春だからね」というものがあり、そこから着想を得て詠んだそうです。ちなみに高橋も近々髪を切るのだとか。

第二句

スマわが初登場のCSインターン 鈴木健斗が詠んでくれたのはこちらの一句です。

昼休み オフィスに戻ると 「令和」の張り紙

入社1カ月で慣れないことも多いという彼。ある日昼食をとり、オフィスに戻ってきた際にふと入口を見たら大きく「令和」と書かれた張り紙があるのを発見し、「なんて遊び心のある張り紙なんだ(笑)」と思わずクスリ……。緊張をほぐしてくれたこの体験を詠んだそうです。

こちらの「令和」、GW前の4月26日まで入口に貼ってあるので、PR Tableを訪れた際はぜひご覧ください。

第三句

“笑い”に魂を売ったと噂のメンバー、石渡航平が詠んだのはこちらの一句です。

新卒が 留年しちゃって さあ大変

彼が取り上げたのは、わが社に入社を決めたインターン生が留年してしまうという春の一大事。

「新卒とはいえ、すでに大切な戦力になっているのに! 一体、どうなっちゃうの〜〜!?」

ーーこの句では、そんな気持ちがストレートに表現されています。しかし、ネタにしつつも石渡は「頑張ればなんとかなる」と、出鼻をくじかれた彼を励ましていました。

第四句

エディターとして働くわが社のお姉さん的存在、藤原梨香が読んだのはこちらの一句。

革ジャンの 再解禁で 春実感

わが社の取締役のトレードマークといえば、革ジャンです。しかし、「お洒落は我慢」と豪語していた彼も、真冬のあいだはモッズコート(12.5万円)を着用していました。

そして寒さもゆるみ、過ごしやすい日が増えてきた今日このごろ、革ジャン姿でバシッと決める取締役の姿をまた見かけるように。周囲をよく見ている藤原は、そんな変化に春を感じたそうです。

目の付け所にも人柄が出ますね。何かと忙しい年度始めですが、気を引き締めなおして業務にあたっていきます。

若者たちにとって、「楽しそう」「かっこいい」と思ってもらえる会社でありたいですね。土日にゆっくり休んで、週明けからまた頑張りましょう。

注目ストーリー