Report
2019.05.01

先月のわが社(2019.4)

第2四半期の2ヶ月目が終了しました。気持ち引き締めつつ、先月の振り返り〜今後について、4コマでレポートします(速報値のため、数値情報は変動の可能性あり)。

① 実績の振り返り - その1

E606e8c4d376c21c9fe1da11d0eaff81a007d60d

前月同様、目標ARRの達成進捗率を報告してまいります。4月を終えて達成進捗率は66%(7%増)となりました。3月と同様に、新規受注の獲得増と既存顧客のサービス継続利用が主な増加理由です。引き続き、5月も顧客ニーズに即した営業活動と機能開発を推進し、100%達成を目指してまいります。

② 実績の振り返り - その2

91f6b6f74588b256137795c89afd5d1c5723464f

4月のストーリー公開本数は61本、レポートの公開本数は80本でした。ストーリー公開は、前月に引き続き減少しておりますが、オンボーディング施策の改善により、5月は過去最高の公開本数となる見込みです。

レポート公開は、過去最高の公開本数となりました。また、1社あたりの公開本数も過去最高となり、定期的な発信をおこなわれる顧客が増加しております。

5月は「ヘルプページの設置」「既存機能の改善」などを行い、よりスムーズにご利用いただけるプロダクトを目指してまいります。

③ 実績の振り返り - その3

F19f1afe3dcff51309aa3262e89dc389fe1a03a8

人員が拡大していく中で、組織としてのパフォーマンスを最大限発揮するため、組織状態を毎月定点観測しております。2019年4月末、『モチベーションクラウド』を活用した組織サーベイを実施しました(対象人数 18名)。

その結果、全社のエンゲージメントスコアが「72.6」となりました。これは前回のスコア(2019年3月/対象人数 18名)である「77.4」を4.8下回りました。全体的なポイントは下がってしまいましたが、「理念の現場浸透度」や「行動指針の共有」の満足度ポイントが向上しております。

同サービス導入企業と相対比較した指標であるエンゲージメント・レーティングは最高評価AAA(「AAA~DD」の11段階)となります。

④ 事業面での改善ポイント/今後の課題

03bf03082ff2424f27582c83aa5f5c3db4c82ff9

足元の数字は比較的好調のため、4月は来期の事業成長を見据え、新規獲得における「マーケティング施策の企画・実行スピード」の改善に取り組んでおります。

「マーケティング施策の企画・実行スピード」を改善する具体策として、従来通りのKPI管理ではなく、現在の事業に最適化されたPR Table独自のマーケティングファネルの設計を行い、新たなKPIの抽出に注力しています。5月も引き続き、3Qで追うべきKPIを明確化に注力していくことで、高い成長率での事業推進に努めてまいります。

今後もPR Tableは、ポスト2020の日本社会にハートのある技術をインストールするべく、全社一丸となって邁進していきます。

注目ストーリー