Report
2019.06.05

先月のわが社(2019.5)

第2四半期が終了しました。気持ち引き締めつつ、先月の振り返り〜今後について、4コマでレポートします(速報値のため、数値情報は変動の可能性あり)。

① 実績の振り返り - その1

3afaa718d90c7aa3f6f894c110d6784634a75276

前月同様、目標ARR達成率を報告してまいります。5月を終えて、達成進捗率は68%(2%増)となりました。営業日数の少なさが影響し、進捗率は微増の結果となりました。6月以降のリカバリーにより100%達成を目指してまいります。

② 実績の振り返り - その2

F52155774f3759e304100896fd9ec2c8498605d7

5月のストーリー公開本数は64本、レポートの公開本数は71本でした。ストーリー公開は、契約開始2ヶ月以内の顧客の発信数が増加し、先月よりも増加いたしました。契約開始後の早期の立ち上がりサポートが稼働し始めた成果が見えはじめています。

レポート公開は、過去最高であった先月より減少したものの、定期的な発信が定着したため、堅調な数値となりました。「定期的な発信ができる企画」であることが重要なため、目的にあった企画フォーマットの磨き込みをおこないます。

6月は、「オンボーディングサポートの強化」「コンテンツ活用機能の改修」などを行い、よりサービスのご利用に価値を感じていただけるようプロダクトとサポート体制の強化をおこなってまいります。

③ 実績の振り返り - その3

Aa207894ebf8c953aee4bd80243d6548467c2861

人員が拡大していく中で、組織としてのパフォーマンスを最大限発揮するため、組織状態を毎月定点観測しております。2019年5月終わり、『モチベーションクラウド』を活用した組織サーベイを実施しました(対象人数 18名)。

その結果、全社のエンゲージメントスコアが「73.5」となりました。これは前回のスコア(2019年4月/対象人数 18名)である「72.6」を0.9上回りました。変革活動や理念戦略に関する項目のポイントが上がっており、前月に引き続き「変化し続ける意識」の満足度ポイントも高評価を維持し続けております。

同サービス導入企業と相対比較した指標であるエンゲージメント・レーティングは最高評価AAA(「AAA~DD」の11段階)となります。

④ 事業面での改善ポイント/今後の課題

Cc6da2eb8e823ea0426ea68809c5e9194af65975

5月より、自社の事業に即したマーケティングファネルの再構築に取り組んでいます。まだ改善途中ではありますが、オンライン、オフラインともに施策数をこなしたことで、最適なファネルが見えつつあります。6月は各ファネルにおいて必要なマーケティングコンテンツを早急に準備し、実施検証を進めていきます。

今後もPR Tableは、ポスト2020の日本社会にハートのある技術をインストールするべく、全社一丸となって邁進していきます。

注目ストーリー