Report
2018.09.05

わが社 in da サウナ(その4)

PRパーソンたるもの、心身ともに常にととのっている必要があるーー私たちが忙しい日々のなかで、どうにか時間をつくって訪れたサウナを、4コマ形式でレポートします。

サウナしきじ@静岡

A8eeb38825269cd23437d551d6ab1f81fd1b3d03
フィンランドサウナ 110℃ 薬草サウナ 60℃ 水風呂 19℃(推定)

サウナー界隈では、超有名サウナである「サウナしきじ」。

実際に入浴するまでは、「本当にそこまでか……?」と思っていたのですが、入ったら最後、
「なぜ今までここにこなかった……」と後悔することになるでしょう。水風呂は飲料可能な天然水、薬草サウナはさまざまな薬草が配合された蒸気が出続けているので、湿度が高く、5分で汗だくになれます。

皆さんは大自然に行ったとき「空気が美味しい」と思うでしょう。しかし、ここでお伝えさせていただきます。
大自然よりも、しきじの薬草サウナの空気の方が美味しいーーと。

詳しい情報は、さまざまな現地レポートがあるので、それを見ていただければと思うのですが、薬草サウナの横のフィンランドサウナもさすがの一言。
背もたれの部分には全て布がかかっており、「寄りかかり系サウナー」のことも考慮していることが一目でわかります。二階の休憩室に行けば、リクライニングチェアと漫画があり、「嗚呼、ここはサウナーの聖地だ…」と思うはずです。

常連さんとともに、水風呂の水をかき出したい…。そんなことを思ってしまう本当に最高のサウナです。

神戸サウナ&スパ@三宮

C9e6bac1cfb62cfff6adc57d42520faa4d023b1f
サウナ105℃ 水風呂14℃

ここのサウナは、いろいろすごいです。

メインサウナ、フィンフランドサウナ、塩サウナの3種類あり、メインサウナはなんと20分に一度のロウリュタイム。1日5回限定のふたりで行われるダイナミックロウリュは圧巻で、熱波師の熱量も半端ないです。

フィンランドサウナにはセルフロウリュ&ヴィヒタもあり、サウナへのリスペクトが最高です。
塩サウナは一面塩・塩・塩。こんなに大量の塩は初めて見ました。極め付けは露天の水風呂14度。ここの水風呂は本当に冷たく、キンッキンに冷えた水が脳天を直撃します。

そのままプールサイドならぬ水風呂サイドでの外気浴で「ととのう」のさらに一段上のステージに連れて行ってもらえます。後日思い出したとき、その余韻でだけでととのいそうな、最高にエクストリームなサウナでした。

ルーマプラザ@京都祇園

8fe315563ee552e17f946a21604af8221f09d824
サウナ82℃ 水風呂14.6℃

京都祇園の四条通にあるカプセルホテル併設型サウナ。

サウナ室は三段コの字タイプで、スペースも広いです。そして、水風呂も15℃以下と、シャキッと冷えています。さらに、サウナー憧れの外気浴ができる屋上があり、サマーベッドも完備。塩サウナ→水風呂のあと、星空を見ながらととのうことができる極上スペースに仕上がってます。

総じて都内のサウナよりもとても広いので、京都出張の際に同僚や取引先と一緒に入ったりして、多幸感溢れる時間を過ごすことができるのではないしょうか。

サウナリゾートオリエンタル@赤坂見附

77c6cd34b90dd74c623c215b667b3c66b648fd5b
サウナ100℃ 水風呂14℃

赤坂見附駅から徒歩3分でいけるサウナ。

都内にしてはお手頃(¥1200)且つ、歯ブラシ無料、水飲み場多め、休憩場所広めとサウナ偏差値が高めです。

それに合わせて水風呂は足がしびれるくらい冷たいので、水風呂の温度ファーストなサウナーには間違いなくオススメのスポットです。

良質なアウトプットは、良質なととのいからーー。今週も、折り返し地点を迎えました。残りの営業日数も、ととのってまいりましょう。

注目ストーリー