Report
2018.09.13

わが社 in da サウナ(その5)

PRパーソンたるもの、心身ともに常にととのっている必要があるーー私たちが忙しい日々のなかで、どうにか時間をつくって訪れたサウナを、4コマ形式でレポートします。

ファンタジー サウナ&スパ おふろの国

6682f562bce468d6c2637317c4231cc3a6019e50
高温サウナ:95〜100℃ 水風呂:18〜20℃

言わずと知れた横浜のサウナーの聖地「鶴見」。

関東最冷水風呂(8〜9℃)を誇る『ユーランド鶴見』、家族で遊べる要素が詰まった『RAKU SPA』、そして今回訪れた『ファンタジー サウナ&スパ おふろの国』がこの鶴見エリアの3大施設です。

お風呂の国の特徴は、なんといってもサウナにエンターテインメントを取り入れた圧倒的な表現力。ここまでパブリック・リレーションズを体現しているサウナは見たことがありません。

ありがちなアイドル戦略だけでなく、サウナーのハートを鷲掴みにする熱波師のタレント化戦略。サウナ皇帝 井上勝正氏を筆頭に、7名の熱波師がしのぎを削る「熱ッスルマニア」。熱波道サウナ道場なるファンミーティング……。

コンテンツや
コミュニティ作りだけでなく、HPや館内貼紙でのメディア取材予定掲載(メディア名、取材時間、取材内容)による来場者への配慮と、メディア取材という信頼性のアピール。お客さまの趣味趣向をとらえたブランディングには、狂気すら感じます。行く前には一度、HPでイベント情報を確認してからの行くのがおすすめでございます。

いつか熱波道顧問である杉作J太郎氏と、同じ熱波を浴びれる日が来るのを楽しみに通いたいものです。

美しの湯@高井戸

E77ccf3138ba6d0a3890eb68ab5eff119d16e0aa
サウナ:90℃ 水風呂:18℃

ついつい長居してしまう天然温泉が自慢の「美しの湯」。

黒褐色(こっかっしょく)な湯の色と強い温泉臭で、温泉街にいる錯覚に陥ります。

サウナの湿度も広さもバッチリ。水風呂はドボドボと流れっぱなしの大量の水のおかげで、水温計よりはるかに低い体感温度に。できかけたハゴロモが常に破られて気持ちいいのです。

露天風呂エリアでの外気浴で充分にととのえられるのですが、ここはさらに、露天エリアからつながる高湿度の低温サウナ(50℃)がマイナスイオン全開で最高。「やっぱりサウナって湿度が大事よね」と再認識することでしょう。サウナ → 水風呂 → 外気浴 → 低温サウナ → 水風呂の動線が完璧で、ループから抜け出すタイミングが難しい……。

これで5時間まで¥900(平日)というコスパの良さです。温泉との合わせ技で長時間滞在が最高におすすめ。時間に余裕があるときにまったりとととのいたい都心のオアシスです。

サウナの梅湯@京都

46aa6dfe0ec2694bc5566da859e2a2fef8921c2a
サウナ:110℃  水風呂:17〜18℃(推定)

京都らしく、お茶屋さんが周辺にある高瀬川。その川沿いにネオンライトが煌々と光る建物があります。それが「サウナの梅湯」です。

明治時代に創業したといわれる梅湯は、古き良き銭湯文化を感じさせる内装ですが清潔感もあり、店主の方の創意工夫が楽しめます。オリジナルタオル(¥420)も素晴らしいデザインで、わが社メンバーは即購入。

サウナや水風呂は、これといった特徴はないかもしれません。それでもまたふらっと訪れたくなる、そんな魅力がここにはあります。

ニューサトーンサウナ@バンコク

24590576151a020fc72f4c98521c3b9da9315766
サウナ:110℃ 水風呂:16℃(推定)

バンコクのルンピニー公園そばにあるローカルなサウナが「ニューサトーンサウナ」。

入り口がわかり辛くてウロウロしていると……「サウナ?こっちだぜ!(タイ語)」と気のよい店員のにいちゃんが、フレンドリーにロッカーまで案内してくれます。昔の海外映画に出てくるボクシングジムのような、古びた雰囲気のロッカールームに気分が上がります。

着替えて出ると、天井が高い倉庫のような建物に大小ふたつの浴槽と、たくさんのデッキチェア。奥にはサウナ室。テーブルには冷たいウェルカムティーとフルーツが用意されていて(なんと飲み食べ放題!)、ちょっといい気分になれます。

広いサウナの温度計は110℃。外も暑いタイですが、サウナ室の温度も負けずに熱いです。大きな浴槽の水風呂はプールのように深くて広く、実際泳いでるひともちらほらと……。水温計はないけどキンキンに冷えていて、熱いサウナとの温度差にすぐにととのいます。小さい方の浴槽はお風呂なのですが、こちらは熱くて入れない(笑)のでわが社メンバーはパスしました。

日当たりのよいデッキチェアで、寝転がりながらの外気浴も最高。最近のタイではラグジュアリーなSPA施設もたくさんオープンしており、そちらのサウナもなかなかなのですが、異国でローカルな雰囲気を堪能したいのであれば、ここは断然おすすめです。

良質なアウトプットは、良質なととのいからーー。今週も、折り返し地点を迎えました。残りの営業日数も、ととのってまいりましょう。

注目ストーリー