Report
2018.10.12

スマホの中のわが社@学生インターン Vol.3

PR Tableでは、多くのインターン生が活躍しています。まだ社会に出ていない若者の目に「会社」はどう映るのかーー 彼女・彼らがスマートフォンで撮影した写真と共にリアルな姿をご報告します。

【わが社のメンバー】 金子峻司

A165d341d54d4d2c82aef53c6903017cdb5e637f
撮影:軽部和貴(大学3年生)

今回のテーマは、前回につづき「わが社のメンバー」第2弾。
はじめは、コーポレートとしてわが社を支えている金子峻司です。

オフィスに入ってすぐ目の前にあるのが「インターン生用のフリーアドレスデスク」なのですが、ここには社長の大堀をはじめ、多くのメンバーがインターン生によく声をかけにいきます。その中でも、とくに
積極的に話かけにいくのが彼です。

若者たちが各々の業務に頭を悩ませ、雰囲気が重くなることがあっても、彼の何気ない一言によってその場が和む、なんて場面に出くわすこともよくあります。

【わが社のメンバー】 覚張真也

Faf64f539b99e68691578921fda1e0970d246c13
撮影:平松千佳(大学3年生)

「写真の中の愛娘とパパ」がタイトルのこちらの写真に映っているのは、今年の7月にわが社にジョインし、PRコンサルタントとして業務に励む覚張真也(愛称:しんやさん・がくはりさん)。

時代劇系の洋画に出演してそうな顔立ちでダンディな彼。プライベートでは、愛娘にメロメロなパパです。噂によると、スマホの写真フォルダは娘さんでうめつくされているとか……(笑)。

そんな家族想いの覚張は、インターン生からも大人気なわが社の愛されキャラ。道端に座ってパンをほおばったり、奥さんに内緒でタバコを吸っている姿など、お茶目なシーンが激写されることが多くあります。

そんな彼の未発見な愛されポイントを、インターン生は日々の業務の合間に探しています。

【わが社のメンバー】 大木翔太

C1e502ed312e383ee82e05430e5e792af7619c9a
撮影:西山慶(大学3年生)

4期4Q(2018年9月)から、セールスからカスタマーサクセスに役割を変えた大木翔太。

わが社はまだまだ小さい会社ですが、事業成長のためにチーム体制や役割が変わることも頻繁にあります。そんな変化にも動じず、圧倒的な業務量に対応する彼は、インターン生から見ると「ハンサムお兄さん」。

しかし、大人メンバーたちからは「サイコパス」「脳みそも筋肉」「感情がロボ」などと、いじられている光景もあったりと、とっつきやすい一面があるのも大木の特徴のひとつです。

【わが社のメンバー】 菅原弘暁

2e830f045a2ec6fb755ff31d2e7ab8a8e4c4a3bd
撮影:檜山加奈(大学4年生)

わが社の取締役(若頭)であり、開催を目前にした「PR3.0 Conference」の責任者である菅原弘暁。
 
大柄な体格(188cm)と刈り込んだ髪型ゆえか、取材や商談に同席したインターン生が、その威圧感で押し潰されそうになる場面もあるとか。しかし、良質なコンテンツのために細部まで丹念に目を光らせたり、インターン生の日報に毎日長文のフィードバックを返すなど、きめ細やかさを持ち合わせています。

外部関係者の方とお会いする機会が圧倒的に多く、気を張っている反動か、帰社後はすぐさまチュッパチャップスを口にくわえて「人をダメにするクッション」にダイブしています。
体の大きさゆえメンバーの移動の妨げになったり、床にチュッパチャップスのゴミを放置してしまうなど、その姿はまさにダメ人間。オフィスは家ではありませんよ。

しかし、事業成長とPublic Relationsへの想いは誰より強く、彼の存在が
インターン生の気持ちを引き締めてくれています。

若者たちにとって、「楽しそう」「かっこいい」と思ってもらえる会社でありたいですね。土日にゆっくり休んで、週明けからまた頑張りましょう。

注目ストーリー