Report
2018.10.18

わが社 in da サウナ(その10)

PRパーソンたるもの、心身ともに常にととのっている必要があるーー私たちが忙しい日々のなかで、どうにか時間をつくって訪れたサウナを、4コマ形式でレポートします。

紅富士の湯@山中湖

15a3c84cde0f32fb098233b8ee57de36d81fdb70
サウナ:86℃ 源泉ぬる湯:29℃

山中湖畔にある紅富士の湯」。

晴れた日には富士山を一望できるらしいのですが、わが社のメンバーが訪れたのは雨の日の夜……。しかし、絶景は望めずとも満足できるのがこの温泉で、内湯・露天風呂ともに広く開放感があり、露天風呂は温度が違う「岩の湯」と「檜の湯」を楽しむことができます。

ドライサウナに入った後は「源泉ぬる湯」でクールダウン。29℃と水風呂としてはぬるめですが、温泉だけにやさしく体を包み込んでくれて気持ちがいいのです。そのまま露天エリアで外気浴へ。山中湖の「おいしい空気」でととのうことができます。

足元に水が張られているミストサウナも、マイナスイオン全開でおすすめ。湖と森につつまれながらのゆったりとしたサウナも、たまにはいいものですね。

ホテルアジュール竹橋 天空の湯@浜松町

Cb9fcb64c08fa476897c2248822be260513c02db
サウナ:90℃ 水風呂:22℃

目の前に東京湾が広がるホテルの18階にあるのが「天空の湯」。宿泊しなくても入浴できるのでご安心ください。

目を引く印象的な丸型のジャグジーで体をほぐし、サウナへ直行。水風呂は大人ひとり用がふたつあります。蛇口から水を流しっぱなしにできるので、とても気持ちが良いです。

外気浴はできないですが、ジャグジーの周りが座れるようになっているので、そこで休憩をすることができます。ですが、ここの一押しととのいスポットは、脱衣所の横にある休憩室。リクライニングソファーで寝転びながら、18階から眺める東京タワービューが最高なのです。

男湯女湯が週毎に、海側・街側と入れ替わるのも楽しみのひとつ。わが社のメンバーが行った日は街側だったそうなのですが、次は海側を狙って行くと張り切っていました。

サウナ&カプセルホテル北欧@上野

9656750a3a5e72180ef5d839a58854e375392b71
サウナ:106℃ 水風呂:14℃ (推定)

上野駅浅草口目の前にある「サウナ&カプセルホテル北欧」。
  
こちらは、ストロングスタイルのトップレベルのサウナです。アツ気持ちいい温度のサウナと、シャッキリとハゴロモできないほどの冷たさの水風呂。そして、プールのような長方形の露天風呂の横には、デッキチェアと椅子が準備されています。ビルの谷間の青空の下、寝転がりながらの外気浴で深くととうことができるのです。

サウナ施設のお手本のような、非の打ち所がないこの安定感。お値段はなんと驚き、3時間 ¥1,000とコスパも最高です。

昭島温泉 湯楽の里@昭島

065c2d048a73c4162ed71601c76b72fe6889d229
サウナ:90℃ 水風呂:16℃

たまには都会の喧騒を離れ、自然の中でととのいたい.....そんなことをお考えの方におすすめなのが「湯楽の里」。

横田基地のすぐ南に位置するため、露店風呂でくつろいでいると爆音と共に軍用機が目の前を通過していく、なんていう味わい深い非日常体験ができます。そして、その魅力はなんといっても施設の広さとバリュエーション。

炭酸泉、ジェットバス、壺湯などの内湯に、高くそびえるタワーサウナ、「瞑想風呂」という名の塩サウナが我々サウナーを迎えてくれます。怪しく低い扉を開け、こじんまりとした空間の真ん中に置いてある塩を体に塗りたくり瞑想することで、毛穴の汚れと共に日々の生活でこびりついた心の汚れを綺麗にしてみてはいかがしょうか。

平日限定ですが 、わずか¥1,500で食事と入浴と岩盤浴を楽しめる贅沢プランがあるので、女性サウナーにもぜひオススメしたい場所です。

良質なアウトプットは、良質なととのいからーー。今週も、折り返し地点を迎えました。残りの営業日数も、ととのってまいりましょう。

注目ストーリー