Report
2018.11.02

スマホの中のわが社@学生インターン Vol.9

PR Tableでは、多くのインターン生が活躍しています。まだ社会に出ていない若者の目に「会社」はどう映るのかーー 彼女・彼らがスマートフォンで撮影した写真と共にリアルな姿をご報告します。

わが社のプレイリスト(その1)

7df0808e4e4c91d888a0a8ae6df705c68580a893
撮影:山内 健輔(大学2年生)

今回のテーマは「わが社のプレイリスト」。オフィスで流れているBGMはいつもインターン生がSpotifyから選曲しています。それも大切なお仕事なのです。今回はそんな若者たち4人が、紹介したいプレイリストを撮影してくれました。

わが社で人気のあるプレイリストとは何だろうかーー?「おすすめのプレイリスト」から、インターン生がどんな音楽をよくセレクトしているのか、傾向を知ることができます。

ちなみに、2018年10月によくリピート再生されたプレイリストは、「Chill Tracks」「Lo-Fi Beats」「Tokyo Club Beat」でした
。横文字のプレイリストが目立ちますね。

新しいインターン生が次々とジョインしているわが社。新しい若者たちによって
Spotifyの視聴履歴が変化し、今まで眠っていたプレイリストがオフィスに流れる日も近いかもしれません。

わが社のプレイリスト(その2)

6f283c44af5d73c28d684bd9c35ea77246287e97
撮影:檜山加奈(大学4年生)

ナオト・インティライミ、official髭男ism、tofubeats…ポップでノリのいい曲がセレクトされているプレイリストが「元気Booster」。これは、食後の眠たい時間帯にかけるのが檜山(インターン生)にとってお気に入りのプレイリストです。

それまで集中モードで、シーンとしていたオフィスに「元気Booster」をかけると、全曲終わる頃には社内で笑い声が飛び交っている…心なしか、そんな気がするのです。

Sportifyを選曲をするインターン生は、日々社内の空気感を見てプレイリストを選んでいます。

わが社のミュージック(その3)

75d06f934a7bc6ba7fdfa7473d0ac73ed0cbb514
撮影:遠山 愛実(大学1年生)

10代から40代までの層が所属するわが社で「みんなが知っている曲」が入っているプレイリストといえば「平成ポップヒストリー」でしょう。

平成の歴史を彩った数々の名曲が厳選されたこのプレイリスト。誰もが一度は聞いたことがあるような曲が集まっています。
実際にこのプレイリストから曲が流れ出すと、年齢が異なるインターン生とメンバーのあいだで会話のきっかけになったり、互いに気づかぬうちに同じノリをしていることがあります。

みんなが知る曲がつまったこのプレイリストだからこそ見れる社内でのひとコマなのです。

わが社のミュージック(その4)

141cf3c1e69fc00eda0c33a2b4b2cf11d4c5acbd
撮影:吉際由依(大学3年生)

最後にご紹介するプレイリストは、その名も「西暦」。発案者は、ロック好きで有名なわが社のメンバー佐藤です。

気になる内容は、1930年〜2018年まで、曲名に「西暦」が入っているものを詰め込んだものとなっています。

一体どうしてこんなプレイリストを思いついたのか?発案者である佐藤に話を聞くと、スマッシング・パンプキンズというロックバンド「1979」という曲がきっかけだとか...。とても熱く語ってくれました。

このプレイリストがわが社のオフィスに流れる日も、そう遠くないことでしょう。

若者たちにとって、「楽しそう」「かっこいい」と思ってもらえる会社でありたいですね。土日にゆっくり休んで、週明けからまた頑張りましょう。

注目ストーリー