Report
2018.11.08

わが社 in da サウナ(その13)

PRパーソンたるもの、心身ともに常にととのっている必要があるーー私たちが忙しい日々のなかで、どうにか時間をつくって訪れたサウナを、4コマ形式でレポートします。

Müller’schesVolksbad

33ef0d68541381f35fcccb98a43a82ed2f1055b8
サウナ:45〜95℃ 水風呂:15℃

ドイツのミュンヘン市内にある「Müller’schesVolksbad」は、1901年に建てられた屋内プールと併設の施設。プールが有名ではありますが、サウナも大変気合いが入っております。45・60・80度のスチームサウナ、45度のテルマリウムサウナ、95度のフィンランド式ドライサウナがあります。

ドライサウナでは、1時間に1回アロマ水を使ったアウフグースが行われます。この時の室内は平日の昼間でも満員。
火照った体は、水風呂に頭までつかることで、一気に冷やせます。

また、休憩スペースが屋内と屋外にあり、サウナと行き来することが可能。
サウナゾーンは基本的には水着なしの混浴スタイルがスタンダードですが、レディースデーもあるので、女性同士で旅行する際にはおすすめです。

長旅を癒しにサウナだけに入るのも良し、プールとサウナの合わせ技も良し。
海外でしか味わえない「ととのい」がここにはあるのです。

サウナセンター大泉@鶯谷

25b934a31163ca8f235b0c7fbdfd88aa78ee8097
サウナ:94℃ 水風呂:14℃

都内のサウナーの聖地といわれる、鶯谷の「サウナセンター大泉」。創業40年以上の歴史が感じられる無骨なたたずまいは、やっぱりサウナってこういう雰囲気だよねと、ほっと安らぐ安心感があります。

入った瞬間、ボワっとくるお手本のような温度と湿度のサウナ室には、オートロウリュもセットされていてさすがの一言。キンキンに冷やされた水風呂は、浅くてちょっと寝るようなスタイルになれるのが気持ちいい。水風呂の目の前に置かれたいすの真横は、非常階段が開け放たれており外が見えるので、眺めも外気も最高です。

余計なものは一切ない硬派でシンプルな浴室は、ととのうためだけに用意されたかのような、まさに天国であり聖地です。安くておいしくてご飯も大盛りな食堂も超絶オススメです。

おふろの王様@大井町

Fe8accd3846e814bade5da3d305f3da852409896
サウナ:88℃ 水風呂:18℃

大井町駅、目の前にあるスーパー銭湯「おふろの王様」。広いサウナ室は座面も1メートル以上はあり、あぐらや体育すわりなどなど...好きな体勢でリラックスすることができます。

深くて広い水風呂でゆったりクールダウンしたあとは、露天風呂エリアのベンチで外気浴。寝転湯や漢方塩蒸風呂などもあり、そのあたりを組み合わせつつ、ととのっていくのがここでのオススメです。お風呂の種類も豊富で広くて綺麗、アクセスもよいので、家族連れやカップルでもお気軽に楽しめます。

マルシンスパ@笹塚

395f00aadd824c7eb25ece2a53027d89d7002ed3
笹塚チャーシュー

今まではサウナを紹介してきましたが、ここで趣向を少し変えて、サウナ飯を紹介したいと思います。
 
こちらの輝くお肉ちゃんは、マルシンスパの「笹塚チャーシュー」。
サウナでガッツリととのったあと、何を食べるかは、「この世に生まれ落ちて、まず何を食べるか?」と同義の問いのひとつでしょう。その問に対するアンサーこそが、この笹塚チャーシューなのです。

いい感じにタレに浸かったチャーシューに和辛子をつけ、口に運ぶ。とどめにキンキンに冷えたビールを流し込むことによって、きっと疲れが吹き飛ぶことでしょう。
ぜひマルシンスパに行った際はおすすめの逸品です。

良質なアウトプットは、良質なととのいからーー。今週も、折り返し地点を迎えました。残りの営業日数も、ととのってまいりましょう。

注目ストーリー