Report
2018.11.21

わが社 in da サウナ(その15)

PRパーソンたるもの、心身ともに常にととのっている必要があるーー私たちが忙しい日々のなかで、どうにか時間をつくって訪れたサウナを、4コマ形式でレポートします。

星音の湯@秩父

サウナ:90℃ 水風呂:20℃

埼玉県は秩父にある星音の湯。サウナ、水風呂の温度を見るとヘビーサウナーの方は「うーん」となってしまうかもしれません。しかし、ここが良いのは外気浴です。都会の喧騒から離れた静かな屋外でまったりととのうーー。

決して都心のサウナにはない安らぎがここにはあります。お風呂から出た後のご飯もおいしいので秩父観光の際には是非。

湯の森@シンガポール

サウナ:90℃ 水風呂:18℃

シンガポールの中心部、大きなスタジアムに隣接している「湯の森  Yunomori Onsen & Spa」。名前のとおり完全に日本のスーパー銭湯。「あれ、ここ日本だっけ」と錯覚するほどです。

サウナはがっつり熱く、広くてきれい。テレビがあったりするのも日本式(笑)。木でできた桶で、しっかり汗を流して入る水風呂も、きっちり冷えています。こちらも広いです。浴槽は種類が豊富で、お風呂もたっぷり堪能。外での外気浴はできないですが、浴室内のいたるところで休憩ができ、みんな思いおもいの場所でととのっています。

シンガポールの雑踏で日本式なサウナに入れるのは最高です。「海外旅行でおいしい日本食にありつけると安心する」という
感覚ですね。

サウナ&カプセル アムザ@日本橋(大阪)

サウナ:90℃ 水風呂:16℃

大阪の日本橋駅至近で、難波駅からも徒歩圏内の「サウナ&カプセル アムザ」。温度が違うふたつのサウナは、高温のロッキーサウナがおすすめ。頻繁に行われるロウリュサービスの他、オートロウリュもあります。スチームサウナも、アロマの香りと視界がほぼゼロになるくらいの湿度で、こちらも癒されます。
  
水風呂はきっちり冷えた水風呂と、ちょっと水温高めに設定された水族館のような大きな水槽や、流水プールもあります。ペンギンルームという0℃に冷やされた部屋も用意されていて、水風呂が苦手な人にも優しいです。露天で休憩ができるので、ととのい環境は完璧。
  
大阪ミナミの中心部にこんなに充実したサウナがあるのは嬉しいですね。

小杉湯@高円寺

サウナ:ー℃ 水風呂:16℃ (推定)

こちらは高円寺にあるサウナのない小杉湯。「おい!サウナねぇのかよ!」と怒るなかれ。ここは交互浴の聖地です。すべての風呂には(水風呂も)「回帰水」が使用され意味がわからないくらいととのいます。

サウナの代わりにあつ湯と水風呂を交互に入り、間に名物のミルク風呂に浸かればそこは天国。
生半可なサウナよりも圧倒的にととのってしまうので注意が必要です。

なお、小杉湯のあとに行って欲しい居酒屋は「あぶさん」です。

良質なアウトプットは、良質なととのいからーー。今週も、折り返し地点を迎えました。残りの営業日数も、ととのってまいりましょう。

注目ストーリー