Report
2018.08.15

先週のわが社(2017.10.2 – 10.6)

わざわざ発表するほどでもないけど、PR Table内で起きた“ちょっとした変化”を4コマでレポートします。

① 新機能の開発・実装を完了

5146945baa5245ec106c5e1d2a6f51adb3d19767
PR Tableをフル活用していただいているユーザーさまからのご要望で、「下書き保存」をしているストーリーのプレビュー画面を、URLで共有できる機能を開発・実装しました。

② 業務効率化の成功

B166cf1013276af8835030ab0ae03d914252af0b
PR Tableでは、パートナーであるフリーライターの方からの請求書作成を代行しております。ところが毎月発生するストーリー製作案件数の増加に伴い、スタッフが請求書を作成する作業が大変になってきました。

そこで、月ごとの請求書内容を、管理データベース(Googleスプレッドシート)から自動で所定フォーマットに記入してくれる機能を開発しました。これにより、5h/月の効率化が実現する見込みです。

③ 業務効率化の成功

2a0bee8bc7898e7a9241a577482f92a142bcbe30
バキバキの営業組織を作る一環で、週2回のセールス・マーケティング会議を行なっているのですが、その際に何よりも重要な議論の起点は、“数字”でございます。でも毎回その都度まとめるのは地味に面倒……。

そこで、全社員分のカレンダーを読み込み、商談数をチャットツール(slack)に自動通知してくれる機能を開発しました。これにより、4h/月の効率化が実現する見込みです。

④ エンジニア採用も強化

A88737cdf1aa14f80b7e3f09610b51a3168888aa
そんな感じで、プロダクトの機能アップデートも、社内の業務改善も着々と進めております。しかし、やりたいことはまだ山積み。もっとスピードを上げていくには、ひとりでも多くの優秀なエンジニアの力が必要です。
今後もPR Tableは、ミスマッチのない社会の実現を目指し、より多くの会社のストーリーが生まれ、より多くのステークホルダーに伝わる仕組みをつくってまいります。

注目ストーリー