Report
2018.08.15

先週のわが社(2017.10.10 – 10.13)

わざわざ発表するほどでもないけど、PR Table内で起きた“ちょっとした変化”を4コマでレポートします。

① 新機能の開発・実装を完了

23941ee409dd3c355969dc1795f46a0dd2f40753
「メディア関係者などに紙資料としてストーリーを手渡ししたい……」というユーザーさまからのご要望で、公開したストーリーを綺麗に印刷できる機能を開発・実装しました。

② ツール導入

E8cefa42f0749e1c78f00c2bbb833e3e6e8353bb
「それさぁ、早く言ってよぉ〜」を防ぐため、名刺管理ツール『Sansan』を導入しました。各メンバーがこまめに“スキャン→名刺データ化”しないとあまり意味がないので、これを機に名刺管理を徹底したいところです。

加えて、当初より活用させていただいていた営業支援ツール『Senses』との連携により、より精緻な顧客管理ができるようになる見込みです。

③ 媒体連携・アライアンスの強化

48bc7667efd0126930d7d95a202d70005b0be1eb
10月11日(水)より、PR Tableにて公開されているストーリーが、「リクナビNEXTジャーナル」にも転載されることになりました。

すべてのストーリーが転載されるわけではなく、「リクナビNEXTジャーナル」編集部が、媒体テーマにあったストーリーをセレクトするというものです。

④ 社内行事/メンバーのスキルアップ

Da75ee188354fa4a0e182ce13c493bdfc53b332a
10月13日(金)、社内エンジニアによる技術講習会が行われました(3回目)。過去2回ではLinuxの概念とともにターミナルからの基本的な操作(コマンド+オプション+引数)を、3回目では、viエディタでのテキスト編集を学びました。

現時点では「非エンジニア」が多いPR Tableですが、WEBサービスを運営する会社として恥じないよう、また技術職への理解を深められるよう、技術講習会の開催を続けてまいります。

目標は、全社員がWEBをきちんと理解し、丁寧な仕様書を作れるようになることです。

今後もPR Tableは、ミスマッチのない社会の実現を目指し、より多くの会社のストーリーが生まれ、より多くのステークホルダーに伝わる仕組みをつくってまいります。

注目ストーリー