Report
2018.08.15

先月のわが社(2017.10)

第4四半期の2ヶ月目が終了しました。今期も残り1ヶ月。気持ち引き締めつつ、先月の振り返り〜今後について、4コマでレポートします(速報値のため、数値情報は変動の可能性あり)。。

① 実績の振り返り - その1

4ae27ed60a0f0652c5d1ef019ff551bd6f9c634a
9月にあったような大口受注には恵まれませんでしたが、獲得ユーザー数は堅調に伸びております。

② 実績の振り返り - その2

A160f7e21ffcfe6f64298eba75fcda531861748d
今月から、プラットフォームの掲載本数もレポートします。体制変更の影響もあり、コンテンツ製作〜公開のスピード、フォローアップが徐々に鈍化。9月は激減し、この1年で最低の掲載本数となってしまいました。

10月は持ち直し、体制変更前のアベレージに近づきつつあります。11月以降は、フォローアップの改善を一気に進め、より高い数値を出せるプラットフォームへと進化していきます。

③ 事業面での改善ポイント/今後の課題

519cf1f91397403a3a1ff304f1cf7a78564f56f1
先月が「資金調達バブル」であったことを鑑みて、リード獲得は順調に伸びているといえます(オーガニックを除くと前月比117%)。

一方で受注率はまだまだ改善の余地があり、セールス一人ひとりの商談スキルの向上が急務です(10月30日時点での年間平均:13.4%/10月の実績:15.2%)。

もう一点、リード獲得後に商談化するスピードをアップして、受注に至るリードタイムの短縮を図ります(10月30日時点での年間平均:63日/10月の実績:28.9日)。

④ 採用活動の強化

E14e692acd6e6ef86dc02ff86c7aa3302e488de2
そのためPR Tableでは、企業・団体さまのPR活動を支える「ストーリーテリング®︎」を販売するセールスを募集しております。昨年、4人目のメンバーとして参画した佐藤隆昭が率いるチームです。
今後もPR Tableは、ミスマッチのない社会の実現を目指し、より多くの会社のストーリーが生まれ、より多くのステークホルダーに伝わる仕組みをつくってまいります。

注目ストーリー