Report
2018.06.01

先月のわが社(2017.11)

第4四半期の3ヶ月目が終了しました。3期(2016.12〜2017.11)もこれにて終了。先月の振り返り〜今後について、4コマでレポートします(速報値のため、数値情報は変動の可能あり)。

① 実績の振り返り - その1

2feec20660b8b90b806187ae006909e115a1f8fa
セールスチームの頑張りにより、11月の目標受注件数、目標受注額を無事達成することができました。獲得ユーザー企業数も堅調に伸びております。

② 実績の振り返り - その2

99b2d88703a736855abf5252785e0cc673327911
コンテンツチームの頑張りにより、過去最高となる月間51本の掲載本数を記録しました。内訳は、11月に開催された「OFF TOKYO MEETUP 2017」に合わせた“地方×エンジニア”特集によるストーリー公開が13本、そしてユーザー数増加に伴う通常ストーリーの公開が38本です。

③ 事業面での改善ポイント/今後の課題

2918a61f2ad03cfbc4b5d1a4321532a07a4088a4
サービス需要の拡大に伴い、訪問営業・運用MTGを担えるフロント人材の採用が急務です。それに加えて、すべてのメンバーが、一定レベルの広報コンサルティングを行えるように、社内の教育体制を整備していきます。

さらに、プロダクト運用アドバイスの頻度、ストーリー製作代行の納品スピードを上げることが、顧客満足度を向上させるのに必須です。これまで顧客1社に対して1名で行なっていたサポート業務を、複数の担当者が役割分担して行えるようにする必要が出てきました。

④ 4期スタートに伴う体制変更

82612842d8eb091879dbdc90a6f8020444e5ee9e
4期(2017.12 - 2018.11)スタートに伴い、組織体制の変更を行いました。

▼ビジネスサイド
大堀海(代表取締役)のもと、全社売上目標の達成を目指します。上記③で課題となっていた、顧客サポート体制の強化を実施するために、事業部を「プロダクトチーム」「プロダクション」に機能分化しました。

▼コーポレートサイド
菅原弘暁(取締役)のもと、採用力強化のための広報活動、新規事業立ち上げのための研究開発を実施します。また、会社基盤をより強化するために、人事制度の設計・運用を行います。

各ポジション、絶賛募集中です。ご興味ある方は、レポート下部に設置されている「働きたい」ボタンをクリックするか、専用メールアドレスまでお問い合わせください。

今後もPR Tableは、ミスマッチのない社会の実現を目指し、より多くの会社のストーリーが生まれ、より多くのステークホルダーに伝わる仕組みをつくってまいります。

注目ストーリー