Report
2018.08.09

先週のわが社(2017.11.27 – 12.1)

わざわざ発表するほどでもないけど、PR Table内で起きた“ちょっとした変化”を4コマでレポートします。

① オウンドメディア開設

3756703986e63eaa2a5db0d7e801e1451d763c31

創業前の2013年12月から4年間続けていた『PR Table Blog』をフルリニューアルし、Public Relationsの可能性を探究するオウンドメディア『PR Table Community』を開設しました。

これまでは「現場視点でのノウハウ」をメインに発信しておりましたが、今後は「未来のPublic Relations」「経営に役立つPRの考え方」「PRパーソンのキャリアの多様性」などのテーマを中心に発信。名前の通り、より多くの方の出会い・交流を生み出せる場所になれるよう、良質なコンテンツを作り続けます。

② 人材採用

4c8444ca8adc11117e85dd2087f484c1617233bf

12月1日(金)に正社員1名を採用しました。セールス・マーケティングとして、訪問営業、初回MTG・運用アドバイス、コンテンツ製作代行のディレクションなど、前職である大手人材紹介会社で培った経験を生かし、活躍してくれることを期待しています。

ほかにもプラットフォーム集客の強化のために、専任のインターン生を1名採用しました。Facebookページ、News Picksブランドアカウント以外のチャネル流入にも注力していきます。

③ 人事企画

C0aecb5ce3b01fc11de8c319bbf887c705bc1785

12月1日(金)、4期1Qの戦略発表会に合わせて、モチベーションサーベイの結果発表を行いました(2017年11月1日〜13日 モチベーションクラウドでサーベイ実施)。結果、エンゲージメントスコアは【66.2/B+】となりました。

組織の強み(TOP3)としてあげられていたのは、「未来に向けた先行的な試み(変革活動)」、「経営陣に対する信頼(人的資源)」、「歴史や経緯の共有(継承活動)」。

逆に弱み(TOP3)となっていたのは、「顧客基盤の安定性(会社基盤)」、「期待を上回る提案・対応(外部適応)」、「ナレッジの汎用化・標準化(継承活動)」です。

4期1Q(2017.12〜2018.2)は、期待値と満足値の乖離が大きかった「期待を上回る提案・対応(外部適応)」と、メンバー間でのスコアばらつきが顕著だった「戦略目標の発信と伝達(理念戦略)」を重点指標とし、定期的なフォーカスサーベイを実施します。

④ 社内行事/カルチャー浸透施策

7f4fd4f2a91765385009f773dfce7d827d7a2e65

PR Tableには「センス給」という社内制度があり、毎月末に行われる「センス給大会」で表彰された社員には¥10,000が支給されます。11月(6回目)のテーマは「この冬に買ったもの/買いたいもの」でした。

12月(7回目)のテーマは、「本当はこう過ごしたかった、理想のクリスマス2017」です(*12月28日開催予定)。

今後もPR Tableは、ミスマッチのない社会の実現を目指し、より多くの会社のストーリーが生まれ、より多くのステークホルダーに伝わる仕組みをつくってまいります。

注目ストーリー