Report
2018.11.29

わが社 in da サウナ(その16)

PRパーソンたるもの、心身ともに常にととのっている必要があるーー私たちが忙しい日々のなかで、どうにか時間をつくって訪れたサウナを、4コマ形式でレポートします。

伊東マリンタウン シーサイドスパ@伊東

A6b82334911438dde7cbc6d7d6ee52b707407e26
サウナ:100℃  水風呂:18℃

伊東の海岸沿いの道の駅にあるスパ。観光地にあるサウナはマイルドなイメージがあるのですが、ここはガチです

小窓から港が見え、まるで船に乗っているような気分になれる素敵なサウナ。こちら温度はガッツリ熱め。ビート板のようなサウナマットがありがたいポイントです。また、サウナ室前に置かれた水風呂はキリリと冷えてます。

そして、港に面した露天風呂の椅子で外気浴。潮の香りがたまりません。オーシャンビューな浴室内にも椅子が絶妙な位置におかれており、こちらでの休憩もよい感じでととのうことができます。

海の眺めをいかしつつもそれに頼らず、随所にサウナーへの愛が感じられる、最高のととのいスポットです。

青森まちなかおんせん@青森

Da0ba55e55d215b4a1058e2ec3a141c36ebedcb2
サウナ:82℃ 水風呂:20℃

青森駅近くにある「青森まちなかおんせん」。こんな駅前で天然温泉に入れるなんて幸せですよね。お風呂の種類が豊富で、いろいろ楽しめます。温泉で体をほぐした後は、メインディッシュのサウナ。広いサウナ室は清潔で、温度・湿度がほどよい感じで気持ちいいです。

水風呂の水温は低くはないのですが、包まれる感じが最高です。いわゆる「水がいい」水風呂です。広い露天風呂エリアにおかれたベンチで外気浴。空の下気持ちよくととのうことができます。ベンチや椅子の素材や置き方で、「あ、ここわかってくれてる」って感じるのがサウナーですが、ここはまさにそういうサウナです。

併設されている青森センターホテルに宿泊すると、なんと入浴料金無料です。青森にお泊まりの際は、絶対ここがおすすめです。

Spa Deco@アムステルダム

8b3cc400749cee3c0134aa304e07971d8c38be04
サウナ:90℃ 水風呂:20℃

アムステルダム中心部、運河のほとりにある「Sauna Deco」。クラシカルなヨーロピアンな内装が本当にかっこいいです。サウナ室は日本のスタンダードなサウナとほぼ同じですが、照明が暗めで落ち着きます。温度も湿度もよい感じにしっかり熱くて気持ちがいい。高温、低温あるので好みに合わせて選べます。

そして、水風呂なのですが......なんと水深150cm!水風呂というよりも完全プール。足がつかないし油断してると溺れそうです(笑)。中庭やアジアンテイストな仮眠エリアでゆったり外気浴。

「ととのう」は世界共通言語。わが社メンバーは、アジアでもヨーロッパでも、世界のどこでもととのいます。

九殿浜温泉 ひみのはな@富山県氷見

Efad26ad74f96f2006dbf44293bc4dadcc6162df
サウナ:90℃ 壺風呂:20℃ (推定)

富山湾が一望でき、海をへだてて雄大な日本アルプスの眺めを楽しむことができる温泉宿。浴槽内に常時新しい源泉をかけ流しで、浴槽水はほぼ100%の温泉です。露天風呂の傍に設置された展望サウナは、8名ほども入ればいっぱいになってしまう広さではありますが、大きめの窓からは富山湾を望むことができ、開放感を味わうことができます。

水風呂は壺風呂ひとつだけですが、背もたれに温泉が流れる「こしかけ湯」が併設されており、富山湾を眺めながらの外気浴はサウナーならずとも非日常の時間を味わえます。
入浴後は氷見のキトキト(富山弁で生きがいいという意味)な魚介を堪能していただきたいものです。

良質なアウトプットは、良質なととのいからーー。今週も、折り返し地点を迎えました。残りの営業日数も、ととのってまいりましょう。

注目ストーリー