Report
2018.03.26

【90秒でわかる】先週のわが社(2018.1.9 – 1.12)

わざわざ発表するほどでもないけど、PR Table内で起きた“ちょっとした変化”を4コマでレポートします。

① 人材採用

6bbea6861dbfc93142379794cb0684e0df9778e3

顧客満足度の向上、スピーディな製作体制を構築するために、コンテンツマネジメント専任のインターン生を1名採用しました。

② ツール導入/業務効率化の成功

A90759d1d6d3e96fe483047b00efda1dd9bfee33

サービス利用企業数の大幅な増加に伴い、請求先の数も膨大になってきました。その結果、請求書の発行業務が煩雑になり、バックオフィス体制の課題が浮き彫りになりました。

その対応策として、ロボットペイメント社が提供する請求・集金業務を管理・統合・自動化するクラウドサービス「請求管理ロボ」を導入しました。

これにより、受注段階で請求支払サイトや明細データを登録し、請求書自動発行への繋ぎこみが実現。丸2人日以上割いていた請求業務が、3時間程度で完了する見込みです。

③ 社内行事/メンバーのスキルアップ

Abbdafa81c390c12a95f997fd6770194014bcc84

1月10日(水)、社内エンジニアによる技術講習会が行われました(9回目)。今回からいよいよ、Rubyでのプログラミング、プログラム実行について学びはじめました。

目標は、全社員がWEBをきちんと理解し、丁寧な仕様書を作れるようになることです。

④ イベント・カンファレンスへの登壇

27dfb314b9bea9e0919f944aab09732bd22330d8

1月13日(土)に開催された「Glocal creative summit 〜なぜこのまちが面白い? 地方から世界基準へ〜」に、取締役の菅原弘暁がモデレーターとして登壇し、各都市が今後さらなる飛躍をするための課題、いま地方のクリエイティブ業界に必要なこと、IT企業・人材誘致のために行っているプロジェクト・暮らし・ビジネスメリットについて深掘りしました。

今後もPR Tableは、ミスマッチのない社会の実現を目指し、より多くの会社のストーリーが生まれ、より多くのステークホルダーに伝わる仕組みをつくってまいります。

注目ストーリー