PR業界で働く兄弟が起業ーー 真逆な性格の兄弟がともに抱いたPRへの想い

株式会社PR Tableは、2014年12月12日に代表取締役社長の大堀航(兄)と代表取締役の大堀海(弟)により創業されました。なぜ兄弟ふたりでビジネスをはじめようとしたのか、その背景についてお話しします。
  • eight

ポジティブだけど無鉄砲な兄と、ネガティブだけど堅実な弟

2f678ceb4f303c1c2e44e785df18fce4437fc008
小さい頃から仲良しでした
大堀兄弟は、兄・航が1984年生まれ、弟・海が1987年生まれの3歳違い。小さい頃は、家族や友達との調和のために常に周囲に気を配る慎重な性格の航に対し、海は周囲の評判や意見にあまり耳を傾けない自由奔放な少年でした。

そんなふたりは、男兄弟としては珍しくケンカは一切せず、いつも朝までサッカーゲーム「ウィニングイレブン」で盛り上がっては、揃って寝坊してしまう始末。そして、なぜか年を重ねるごとにどんどん仲良くなっていきました。

のちに海は、兄の背中を追うように、航と同じ中央大学法学部に指定校推薦で入学。海と中高の同級生だった菅原(PR Table取締役/編集長)はこう振り返ります。

菅原 「海は兄貴と同じ道を進むことに関しては、何の疑問も持っていない様子でした。どちらかといえば、確実な勝ちが見えている勝負しかしないタイプ。兄貴のことをどれだけ尊敬してるんだと不思議に思っていました」
月日は流れ、ふたりは少年時代とは真逆の性格に変わっていきました。航は勉強以外のことには関しては前向きで、興味の赴くままに未知の世界であるPR会社に就職。逆に海は、兄のようにやりたいことが見つからず、堅実な道を選択しようとしたものの、就職活動に失敗。すっかり自分に自信を失くしてしまいました。

しかし偶然にも、友人の紹介で就職した会社で広報・PRを担当したことが、のちの海の人生に大きな転機をもたらすことになるのです。

PR会社・事業会社で広報経験を積んだ兄と、フリーランスでPR業を行っていた弟

8311553f4f5acc04b34820fb76af2405b76f0a2d
大きくなってからも相変わらず仲良しでした
一見すると無鉄砲な航ですが、その後事業会社に転職するなど着実に自分のスキルを磨いていきました。一方、堅実な性格だった海はなぜかフリーランスのPRパーソンになりました。このときが、海の仕事観が大きく変わった瞬間でした。

大堀 海 「最初に就職した会社は少人数だったので、新卒の僕が受注から入金までの一連のフローを管理していました。個人事業主として身を立てれば、自分が頑張った分だけ、目に見える対価が得ることができると考えるようになったんです。フリーランスになってからは、兄のようにPRへのこだわりは持たず、それよりも自分の力で“商売”をしていく喜びに目覚めていきました」
PRという仕事を生業にしながらも、まったく違う環境で過ごしてきた兄弟は、いつしか同じ想いを抱くようになります。それは「スキルのあるPRパーソンを探す企業」と「スキルに見合った仕事・対価を望むフリーランス」を双方幸せにすること。

ふたりは「ウィニングイレブン」で遊んでいた少年時代のように、それぞれの立場からPR業界の現状について、朝まで意見を交わすようになったのです。

すべてのPRパーソンが働きやすく、働きがいのある世界に

A26c1479c2baea7bb3549b48853ccac7ccc385dd
まずふたりは、PR会社に勤めていた菅原(PR Table取締役/編集長)を仲間に加え、ベンチャー・スタートアップ企業の広報担当者向けのブログ「PR Table(現・PR Table Labo)」を立ち上げました。それはすべてのPRパーソンが幸せになるには、事業会社の広報担当者がPRのノウハウ・知見を得て、自分自身でPR活動を行えるように、もしくは上手にPR会社やフリーランスをディレクションできるようになることが必要だと考えたからです。

徐々に業界内や企業の広報担当にもブログが知られるようになり、兄弟はついに「PR Table」の法人化を決意。それは「より多くの企業の広報活動に貢献したい」という兄・航の想い、「自分のようなフリーランスから必要とされるサービス・プロダクトで商売をしていきたい」という弟・海の想いが重なった瞬間でした。

創業後は、ブログ運営をはじめ、企業の広報担当者向けのイベント・セミナーの実施など、すべてのPRパーソンのために精力的に活動。そして、広報・PR業界で働く、PRコンサルタント、編集者、ライター向けの完全招待制のオンラインコミュニティを開設しました。

参考記事:THE BRIDGE/「ルパン三世のような仕事の仕方が好きなんです」PRパーソンが集まるコミュニティサービス「PR Table」が目指す未来 http://thebridge.jp/2015/06/pr-table

このオンラインコミュニティは、ビジネスの軸にはなりませんでしたが、間違いなく現在の「PR Table」の原点であり、そのストーリー作成機能を支えてくれています。そしてなによりも、真逆な性格の兄弟が同じ想いを抱き、それぞれの強みを発揮して生み出した兄弟の絆なのです。

関連ストーリー

注目ストーリー