PR Tableが考えるパブリック・リレーションズの本質、そして会社の「ストーリー」にこだわるワケ

2015年10月26日のサービスリリース以降、数多くの「ストーリー」が生まれてきたPR Tableのプラットフォーム。ストーリーテリングによって社会にどのような価値を与えることができるのか? そしてPR Tableはどのようなビジョンを描いているのか? その2点についてお伝えします。
  • eight

会社と社会の関係性を、 より良くするための探究と実践

3ebb6f2e1519f0b8d4561ae28df854a87d2d038f
私たちは、あらゆる「関係性」のなかで生きています。
家族や友人、職場の同僚、生活の中でふれあう大勢の人たち。

それは、会社も同じ。

働く社員とその家族、顧客やユーザー、取引先、株主、地域社会……。
そうした「関係性」のなかで生かされています。

その関係性を良好に築いていくことで、企業活動を活性化させて、
本来の価値を、社会に還元することができるようになります。

それこそが、Public Relations(パブリック・リレーションズ)。
私たちは、企業経営のあるべき姿だと考えています。

PR Tableは、Public Relationsについて探究し、
事業を通じて実践を繰り返しながら、その可能性を広げていきます。

多くの会社と社会との関係性を、より良いものにしていくために。

*****

これが、私たちが最も大切にしている「PR」への考え方です。創業メンバー全員が会社を経営し、事業を進めている中で、それがどれほど重要なのかを身にしみて感じています。

なぜならステークホルダーからの“応援”なくして、会社は経営できないからです。応援したいからサービスを活用してくれる、応援したいから一緒に働いてくれる、応援したいから取材してくれる、応援したいから情報交換をしてくれる……。

創業して間もない私たちがこれまで、そして今後も事業を育てていくには、そういった一つひとつの力、“応援”をして貰うことが大事だと考えています。私たちにとってPRとは、メディア露出のための手段ではなく、マーケティング手法でもなく、「経営」そのものです。

だからこそ私たちは、PR活動の原点を「会社がステークホルダーから“応援”されるようなストーリーを伝えること」だと考えるようになりました。

ただ「必要だから」と思ってはじめた、ビジョンなき創業

私たちは、2013年12月から運営していたブログで、PR業界における情報格差をなくすために発信を続けてきました。

それは私たちがPRが好きで、業界の発展のために「必要だから」と勝手にやっていたこと。社会にどのような価値をもたらすかなど、深く考えてはいませんでした。

事業を進めていく中で気づいた、自分たちが実現したいこと

2015年10月26日、私たちはストーリーテリングサービス「PR Table」をリリースしました。

当初、このサービスの想定ユーザーは広報担当者でした。しかし実際にはじめてみると、最もニーズを感じてくれたのは、社内コミュニケーションに困っている経営者や、採用に困っている人事担当者。自分たちが何の役に立てるのかを改めて見つめ直したとき、視野が大きく広がりました。

私たちはこのときから、「どんな価値を社会に提供し、どんな社会を実現したいのか」をハッキリと言語化できるようになりました。

ストーリーの“仕組み”をつくって、ミスマッチをなくす

0d62624f22e9bd3c11f420d9c443b14ac1d37c86

- 自社の商品を買ってほしい「会社」と、自分にあった商品を購入したい「顧客」
- 自社の情報を届けたい「会社」と、良質な情報を受け取って読者を喜ばせたい「メディア」
- 優秀な人材を採用したい「会社」と、自分に合ったやりがいのある仕事を探している「求職者」
- 事業拡大のために投資してもらいたい「会社」と、事業に投資をしたいと考えている「投資家」

ITの普及によって、人々は多くの情報を得ることができ、行動を起こすハードルが下がりました。しかしその一方で、あらゆる“出会い”にミスマッチが発生してしまっているのではないでしょうか?

ミスマッチは誰も幸せにしません。しかし、ストーリーには“出会いの質”を向上させ、ミスマッチをなくす力があると、私たちは信じています。今までどういう生きかたをしてきたのか、壁にぶち当たったときにどう考えていたのか。強い納得感を持って「選択する」ことができるからです。

それは会社であっても同じ。社員数、売上規模などといった定量情報や、メディアによる第三者評価だけでは、ミスマッチをなくすことはできません。“想い”が込められたストーリーを判断基準にひとつ加えることで、ミスマッチをなくすことができるのです。

ミスマッチのない社会を実現するーーこのビジョンを実現するために、私たちは、より多くの会社のストーリーが生まれ、より多くのステークホルダーに伝わる仕組みをつくっていきます。

関連ストーリー

注目ストーリー