「受託か、自社サービスか……」 取捨選択ではなく二兎を追う! 欲張りエンジニアの選択

日本のSI業界を"活気に満ちた面白い業界"に変革することを目指す、株式会社エーピーコミュニケーションズ(以下、APC)。"エンジニアの多様性"を重視するAPCでは、色々なエンジニアが活躍しています。今回は開発リードエンジニア、田中公平のストーリーをご紹介します。
  • eight

「受託開発も、自社サービス開発も」欲張ったら出会ったAPC

A59db1d1c3d3299b697fb1cf5c6ff56f4cf3079f
▲開発リードエンジニア 田中公平
田中 「受託開発って面白いんですよね。でもサービスも立ち上げてみたい。どちらもできるというのが、APCに入社を決めた理由です」
学生の頃からサービスを立ち上げることに興味があった田中。しかし、企画ができても作れなければ意味がないと考え、エンジニアを目指しIT企業への就職を決めた。

とにかく早くいろいろなことを経験したくて、新卒で会社を選ぶ際に重視したのは「年功序列じゃなく、実力に合わせて裁量をもらえること」。結果、受託開発をメインとする小規模なSIerに入社し、テレビ局向けシステム、賃貸検索サイトなど、さまざまな開発に携わった。

田中 「受託開発なのでいろんな種類の開発案件に携わってきました。なので『何をやってきたの?』って聞かれると、一概にコレって言えないんですけど、とにかく飽きないんですよね。こうやっていろんな経験をできることが 、受託開発の面白いところだと気づきました」
入社してから6年が経ち、キャリアアップのために転職を決意。会社を選ぶポイントは新卒当時と変わらないが、今回は「受託開発をやりながら自社サービス開発ができる仕組みがあること」が条件に加わり、そして出会ったのが他でもない、APCだった。

やりたいことは、ただひとつーー「おきゃくさまのためによいものをつくる」

E68b2ff29d660ba503979a6181187f53f2d4d657
▲エンジニアが集まる勉強会での一コマ
田中 「面接でAPCの役員から『SI業界の構造を変えていくのがAPCの使命』とか、『顧客のオーダーを鵜呑みにするのではなく、プロとしての視点やアイディアを織り交ぜて、顧客とエンジニアがひとつのチームになってこそいいモノが作れる』という話を聞きました。それで『この会社は夢を持ってる』ということが伝わってきたんです。同時に『自分が入ってもっとよくできるんじゃないか』とも。あとは、受託開発をやりながら自社サービスを考えられる仕組みがあるのも決め手になりました」
なぜ彼はそこまでして、受託開発と自社サービス開発を両立したいのか。

田中 「“受託開発”とか”SI”って『古臭いイケてない業界』みたいに言われたりするんですよね。自社サービス開発の方が『新しくてカッコイイ』みたいな。でも、受託開発と自社サービス開発って、目指すところは同じだと思うんです」
受託開発は顧客の要望に応えるために良いモノを作り、自社サービスは顧客となり得るターゲットを想像しながら良いモノを作るーー。結局”お客様のために良い物を作る”という意味で違いはないのだ。

田中 「受託開発で良いものを作るという経験は、新たなサービスを開発することにも絶対に役立ちます。だからどちらもできる環境に身を置きたかったんです」
こうして田中はAPCに入社。2017年4月現在、ふたつの案件のプロジェクトマネージャー(PM)を担当している。

ひとつは顧客のポータルサイトのフルリプレースで、11名体制で1年半かかる大型案件。

もうひとつは、WebRTC(ブラウザ間で、リアルタイムなコミュニケーションを可能にする仕組み) を使ったビデオチャットサービスの開発だ。こちらは技術的にかなり難易度の高い案件のため、田中もPMを勤めながら、エースエンジニアとともに技術調査を行なっている。

田中 「技術にはすごく興味はあるんですけど、プレイヤーでいたいとは思ってなくて。コードは家でガリガリ書いてるんで、職場では家ではできないマネジメントをやっていきたいって思ってます」

反面教師が生んだ ”卓越したお節介”

A0cd5e8cdeae187e233be57de30437acfa8e72c1
▲文科省による教育プロジェクト「enPiT」で、技術サポートをした大学生たちと
田中がPMとして仕事をするのは、実は当社がはじめてではなかった。

田中 「前職の一番最初の案件で、PMをやったんです。新卒で4月に入社して、6月から1年半つづいたんですが……それがかなり大変でした(苦笑)」
案件配属の2か月後、前任のPMが突然辞めてしまったのだ。

顧客との打ち合わせに毎回参加していたから、という理由だけでPMを任された。引継ぎもなければ、ドキュメントもそろっていない。それでも先輩たちに仕事を振らなければならず、顧客からは毎日お叱りの電話がくる。

上司に「これ以上できません」と泣きついたが、新しいPMのアサインはなかなか叶わず、1年半後にプロジェクトは終結した。

田中 「毎日が孤独で、とにかくつらくて『こんな経験は誰にもさせたくない』と強く思いました」
こうした経験を持つ田中の強みを、別チームのリーダーである三浦正英は、”卓越したお節介”だと考えている。

三浦「この業界は、案件さえ進めば必要以上に人と関わらない、というスタイルの人が少なくありません。でも彼は、他チームのメンバーが連日残業しているのを見て、事業部長をはじめとしたリーダー陣に声をかけ、体制の再編を起こしました。ただのお節介じゃなくて”組織を変える程のお節介”なんです」
エンジニアの仕事は、チームでやっていたとしても作業自体は孤独なものだ。だから、ひとりで抱えてしまいがちになる。

田中 「自分はだいぶお節介なので、これを活かさない手はないって思ってます。自分がお節介を焼くことで、孤独なエンジニアを生まないようしたいんです」

良いモノをつくるのに必要なチーム

1dee319b0cd38c77f22f6341df4551bedb1469ad
良いモノを作るために必要な要素のひとつとして、田中が重視しているのは”フラットなチーム”だ。

田中 「どの業界もそうかもしれないけど、経験が長い人やスキルの高い人は発言力が強い。でも、それだけだと”面白いアイディア”って生まれないんです。経験がないからこそ思いつくことや疑問が”面白いアイディア”につながることがあって、だから経験も立場も関係ないフラットなチームであることは重要なんです」
そのチームの一員としてお客様にも参加していただく。それが、彼が最終的に目指す”フラットなチーム”だ。

田中 「こういうのもNeoSIer(APCが目指す新しいシステムインテグレーター)のひとつの形だと思うし、それをAPCで実現したいと思ってます。手法はいろいろあると思うけど、とにかく『良いモノを作りたい』っていう想いを絆にしたチームを作っていきたいです」
熱い思いを胸に宿した彼が目指す"フラットなチーム"は、少しずつ姿を現し始め、お節介な欲張りエンジニアは二兎を追うことで自分とチームの可能性を広げている。

関連ストーリー

注目ストーリー