Report
2019.06.18

次世代の車の技術とは?人とくるまのテクノロジー展2019

5月22~24日、自動車技術者のための自動車の最新技術・製品の技術展示会「人とくるまのテクノロジー展2019横浜」にボッシュも出展して参りました。その時の様子をレポートいたします!

人とくるまとテクノロジー展とは?

C9cb20b1efd32fa711b43de823fcc69fb15b9633

世界に向けて最新技術・製品を発信 自動車技術者のための国内最大の技術展~その先のテクノロジーが見える~

自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展は、自動車業界の第一線で活躍する技術者・研究者のための自動車技術の専門展として1992年に始まりました。自動車産業の技術革新へのあくなき挑戦とともに歩みを進め、現在では国内でも有数の出展規模を誇り、多くの皆様のご支持を頂く展示会に成長いたしました。

(人とくるまのテクノロジー展 オフィシャルサイトより引用)

毎年、横浜と名古屋で開催されてる「人とくるまのテクノロジー展」。今回、パシフィコ横浜で行われた展示会では自動運転や電動自動車などに関する展示を含む、「より安全でストレスと排出ガスの少ない未来」のモビリティに向けた幅広い製品・技術が紹介されました。ボッシュの出展ブースでは、「モビリティのネットワーク化」「モビリティの自動化」「パワートレインとモビリティの電動化」をテーマに、全8事業部とグループ会社2社が19のソリューションを展示しました。

その展示の中でも、特に注目の世界初出展の次世代レーダーとトランスミッション用電動オイルポンプについて担当者より解説いたします。

世界初出展、安全運転を守る次世代レーダー

384933febc51460e82a19eeb866d457e1bebf207

今回世界初出展のレーダーは、車両周囲の環境を検知し、ACC(アダプティブ クルーズ コントロール)や衝突被害軽減ブレーキなどの先進運転支援システム、また自動運転機能を可能にするセンサーです。ボッシュは、これまでに累計2,000万台以上のレーダーを生産し、マーケットリーダーの地位を築いてきました。

次世代のレーダーは、現行品と比較して性能が向上し、複雑な環境においてもより正確な検知が可能になりました。例えば、視野角が拡大したことにより、交差点進入時に他の車両や歩行者をより早く正確に検知できるようになりました。その他にも、高さ方向の検知性能が向上したことで、誤作動のリスクを下げています。また、次世代のレーダーは、現行品から約30%小型化され、厚みは33mmから19mmに薄型化されたことにより、搭載の自由度が高まりました。

また、世界で初めて次世代の車載カメラも同時公開いたしました。次世代のカメラは、画像を並行して処理するために複数の技術的経路(パス)を駆使する独自のマルチパスアプローチを採用しています。特に、ディープラーニングの手法を採用することによって、白線のない環境下でも路肩の駐車車両などの物体やアスファルト、砂利、草といった道路の境界を認識できるようになりました。さらに、歩行者や車両などの物体認識性能も向上し、より安全な運転支援機能を実現に近づけることができました。

ボッシュは1998年からすでに運転支援システムの開発を行っており、レーダーとカメラを組み合わせるセンサーフュージョンの実績も豊富です。次世代のセンサー導入で、よりロバストなサラウンドセンシングが可能になり、信頼性の高い運転支援システムと自動運転を実現可能になります。なお、今回のレーダー、カメラはともに2019年に発売される自動車メーカーの量産車に採用される予定です。

日本初展示!エンジン効率の向上を狙う

16f6920849e69b877052ced8680493e50279900f

従来、変速のための油圧を制御するトランスミッションポンプは、エンジンから動力を得ており、エンジンの効率を低下させる要因のひとつでした。今回の展示会では、エンジンの動力ではなく、電動で制御できるトランスミッションポンプをボッシュとして日本国内で初めて展示いたしまた。トランスミッションポンプの電動化により、エンジン停止時にもオイルの供給を続けることが可能となります。

その具体的なメリットの例として、ハイブリッド車がEVモードで走行中に、オイルをトランスミッション系の制御・冷却・潤滑のために供給し続けることができるようになります。同様に、普通車でもコースティングモード時にエンジンをより長く停止させ、コースティングの距離を飛躍的に延ばすことが可能となります。

これらは、最終的に環境性能や燃費性能の向上に貢献します。ボッシュのトランスミッション用電動オイルポンプは、自動車産業で要求される高いレベルの効率・音振特性を有しております。現在開発中のポンプは12V仕様ですが、48Vへの対応も可能です。

運転するうえで安全性や効率性をサポートする未来の自動車の進化に必要な提案を他にも数多く現場では展開しておりました。その他の製品・技術を含む展示内容は 人とくるまのテクノロジー展2019スペシャルサイト からご覧いただけますので、ぜひチェックしてみてください。

次世代の自動車の進化を支えるボッシュのテクノロジー。これからも交通事故が起こらない未来、移動の効率性の向上に貢献するソリューションを展開して参ります。

注目ストーリー