Report
2019.07.31

女性が活躍する環境を目指すヒントを探る、社外交流会を実施

女性の活躍やダイバーシティ推進を目的にボッシュの女性社員が中心に活動するwomen@bosch Japan。今回は社外の交流活動の一部をレポートいたします。

社外の方からの学びを活動に活かす

30fdff6f34c6cfd8aed544a365eb47a78ad2f383

女性社員の活躍を推進するべく活動するwomen@boschは社外の方との交流活動を積極的に始めてから、今年で4年目になります。今回、4回目の交流会に参加いただく企業様は建築材料・住宅設備機器業界最大手企業の株式会社LIXIL(リクシル)さん。women@boschと同じ目的を持ち「LIXIL Diversity Network」に参加する従業員のみなさまをボッシュ渋谷本社にお招きし、互いの活動について情報交換・意見交換を行いました。

女性活躍を推進するwoman@bosch

4ad6af2f452c4e36bb812df20fc4644c3e33783b

もともとは「ボッシュ女性社員に関わるあらゆるテーマについて情報・経験の共有、意見交換」する目的として、ドイツで発足したwomen@bosch。2019年で24周年を迎えます。日本では、2009年にwomen@bosch Japanが渋谷を拠点に発足しました。現在は各拠点の女性社員が参加しており、その約8割がエンジニア職です。

2013年に様々な背景を持つ従業員の活躍を推進すべく、Diversity@bosch Japanが設立され、women@boschはダイバーシティ全体の中の女性社員へ向けた活動の一部となりました。講演会やワークショップの開催などを通し、女性社員の働く環境改善を目的とした具体的な活動を計画・実施するところまでを、従業員が自主的に行っています。これまで実施してきた活動内容としては、育休取得者への事例紹介、タイムマネジメントのパネルディスカッション、介護に関する説明会、女性役職者座談会、ワークライフバランスへのアンケート調査など多岐にわたります。女性の働き方に限らず、従業員全員にとって働きやすい環境を用意していくスタンスです。

次なる女性活躍の一歩へ

608456370628b6fcb0aa54d7105a3ef98c771c9b

2011年にLIXIL Women's Network(LWN)を発足し、2017年にはLWNを含むLIXIL Diversity Network(LDN)に進化させたLIXIL(リクシル)さん。互いの違いを尊重しいきいきと活動するために、本業をこなしつつ、この自主的活動を続ける力強い女性社員のみなさまからLIXIL(リクシル)さんのお取り組みについてご紹介いただきました。

Da8cd379b3e324fc48b06a51b1d614b9d0127125

私たちボッシュと似た課題を持ちつつも、LIXIL(リクシル)さんの中では組織を巻き込みながら、様々な活動を展開されていることが分かり、今後のwomen@bosch活動へのヒントを得ることができました。情報交換終了後、ボッシュ渋谷本社1階にあるcafé 1886 at Boschにて懇親会を行い、交流会の振り返りや今後の期待について意見交換を交わしました。

女性活躍やダイバーシティ推進については様々な企業が独自で取り組みを行っていますが、さまざまな取り組みを行っていくと次なる一歩へ進むための壁も見えてきます。その点、社外ではお互い企業文化も違うことから、その考え方や取り組み方も様々であり、互いに壁を越えるためのヒントを得る機会、かつ率直に忌憚のない意見を交わすことで1人1人の働くモチベーションが高められる良い機会です。


ボッシュは全従業員がより活躍する働きやすい環境づくりを従業員自らが主体となり、推進しています。今後、情報交換してくださる企業様も募集しておりますので、ぜひお気軽にお声がけください。

注目ストーリー