仕事をおもしろくするのは自分自身──ブロードリーフで若手が活躍できる秘訣

業務改善ソフト「OTRS」を筆頭に、さまざまなツールやサービスで企業の課題解決を行うブロードリーフ。そこでは、才気ある若者たちの力が躍動し、会社の成長を支えています。2016年に入社し、グローバル事業本部の若手ホープとして活躍する森川太一の姿を通して、ブロードリーフで働く魅力をお伝えします。

  • eight

自らのアイデアで可能性を無限に広げることができる

7af5535380e135d8ae1539c16df3ca1dfe5f09bd
森川 「昔から、 “好きなこと ”を突き詰めるのが好きだったんです。心の底から好きだと思える製品の魅力を発信しながら、クライアントと一緒に価値を生み出せるということが、モチベーションになっていると感じています」

2016年にブロードリーフへと入社し、2019年の今は若手のホープとして日本全国を駆け巡りながら、当社の主力製品であるOTRSの提案を行う森川太一。

森川は、OTRSが持つ魅力を誰よりも理解し、その可能性を押し広げていくために、日夜営業活動に励んでいます。

森川 「 OTRSは、映像による動作分析、時間分析などの機能により、製造現場の作業時間短縮や省力化、コスト低減を実現できるソフトウェアです。しかし、それはあくまでも基本的な機能の話。これを各企業の実情にあてがいながら、どう活用していくのか、活用によってどのような効果が得られるのかをクライアントとともに考えながら、アイデアをカタチにしていくことが私の使命でもあります」

森川が担当するクライアントは、日本でも有数の大手企業。業務改善に対する意識の高さは業界でも随一で、非常にハイレベルな提案が求められる世界でもあります。

森川 「一流のクライアントと接していくのは、たしかに緊張するものですし、準備も入念に行わなければならず、簡単なことではありません。しかし、 OTRSというのはあくまでも道具であり、それをどう使うかこそが大切なポイントでもあります。こうした最先端の現場でアイデアを出し合えれば、 OTRSそのものを進化させることにもつながりますし、ひいては日本の製造業全体を成長させるきっかけにもなるんです」

こうした前向きな姿勢と卓越した提案力で、クライアントからの信頼を集める森川。クライアントとの関係性構築のために、心がけていることがふたつあると言います。

森川 「まず大切なのが、クライアントとの共通言語を覚えることです。製造の現場では、そこでしか通用しない専門用語が飛び交っているのですが、自分でもこの言葉が自然と出せるようになると、クライアントとの会話が一気にスムーズになるのがわかります。
その上で、提案の際には自信を持って、へりくだりすぎないことが大切です。謙遜は時として自信のなさと捉えられてしまいます。私自身、 OTRSが大好きですから、自信を持って相手に提案する。それによって、クライアントもより真剣に話を聞いてくれるようになるんです」

チャレンジ精神だけを持って飛び込んだ、新しい世界

6076cc6ae85ee6fd2ec12944284b0010afd5bbb4

若手ホープとして、会社にとってなくてはならない存在へと成長した森川。しかし、その入社までの経緯は決してスムーズなものではなく、まさしく波乱万丈という言葉がしっくりきます。

森川 「実は就職活動を始めたのが、大学 4年生の 12月ごろ。何かおもしろいことがしたいとずっと思っていて、就活を始めるまではカリフォルニアロールの寿司店をやろうと思ってたんです。でも、友人や個人的に付き合いのある大人の方から『社会勉強も兼ねて就職してみたら?』と言われました。たしかに自分はまだ 20代前半だし、これからいくらでもチャレンジできるじゃないか。そう思い、一度就職してみることにしたんです」

こうして森川は、友人たちが内定式を終えて、最後の学生生活を満喫している最中に就職活動をスタート。エントリーシートの書き方を、就職活動を始めたばかりの1学年下の後輩に教えてもらいながら取り組みました。

そうする中で、友人の紹介を経てブロードリーフを知った森川。当時は事業内容の理解も不十分なまま、面接に向かったと振り返ります。

森川 「正直、今思えばなんて横柄な新卒だと思いますが……(笑)。ただ、当時面接をした副社長の山中健一が、私の仕事に対する考え方や、新しいこと、おもしろいことにチャレンジしたいという気持ちを買ってくれて、『ブロードリーフでその熱意をカタチにしてみたら』と言ってくれたんです。この一言が自分にとっては非常にありがたいものでしたし、この一言があったからこそ、入社に踏み切ることができました」

ブロードリーフには、若手であっても積極的に裁量権を持たせ、自らの意志で考え動くことを評価しています。それは採用においても同じ。自分ならではの信念をしっかりと持ち、かなえたい想いを強く持っていることこそが、一番の強みになるのです。

自由な環境だからこそ得られる、働くことの楽しさと喜び

4336ab626ba50a84300e1b01685f50f63f8d7221

予備知識がゼロの状態からブロードリーフに入社した森川でしたが、新入社員として受けた新人研修が、社会人としての基礎を身につけさせてくれました。

森川 「研修では名刺交換やあいさつの仕方のような技術的なこと教わるのと同時に、社会人としてのマインドや規律についても時間をかけて教えられます。この規律を教わるところで、私自身『いつまでも学生気分じゃいられない』という気持ちを強く持つようになりましたね」

こうして社会人としての一歩を踏み出したからこそ見えてきたブロードリーフの魅力について、森川はこう語ります。

森川 「裁量を持って仕事ができるのは、本当にすばらしいことですね。もちろん責任も伴いますが、しっかり計画的に行動していれば、自由に休みをとることだってできます。働かされているのではなく、自ら進んで働いている感覚を持てるのも、ブロードリーフならではと言えるのではないでしょうか。
その一方で、ほったらかしというわけではなく、支えてくれるところはしっかり支えてくれるので、安心感もあります」

実際、社員同士のつながりは非常に強固。チームで協力し合いながら仕事を進めるのはもちろんのこと、プライベートでも親密な交流をしている社員がいるのも、ブロードリーフならではの特徴です。

またチャレンジングな環境を求めて入社した森川を満足させられるぐらい、会社全体のチャレンジ精神が旺盛な点も、満足度高く働けている秘訣だと言います。

森川 「そもそも OTRSが拡張性を持った非常にチャレンジングな商材ですし、それ以外でもアメリカのベンチャー企業が開発したVRスプレーのような、一見すると使い道がわからないような新しいツールやサービスも積極的に導入していくんです。
利益が出るからやろう、効果があるからやろう、ではなく、どうやったら効果を出せるかを考えながら仕事をすることで、自らのアイデアも磨かれますし、お客様の満足度も上がります」

上場企業の安定性と、ベンチャー企業のチャレンジ精神を併せ持つ

E41a1888e65d321b803295885a996ccad218d551

社内の仕事を一通り経験し、今まさに、自分なりのキャリアを築くステップに立った森川。彼が見据える将来の目標とは──。

森川 「やはり僕は OTRSに対する思い入れが人一倍強いので、引き続き OTRSの新しい可能性については、クライアントとともに探っていきたいですね。その上で、海外部署との連携を強化することで、よりグローバルな視点で仕事をしていきたいと考えています。
繰り返しになりますが、 OTRSは道具。だからこそ、使う人の知見やアイデアが生かせるんです。そのためにも、新しいことにはどんどんチャレンジしていきたいと思います」

ブロードリーフは、上場企業としての安定感を背景にしつつ、ベンチャー企業の気質で新しいことに積極的にチャレンジする会社です。だからこそ大切にしているのが、社員一人ひとりの未来へ向けたチャレンジ精神。

経験や実績がなくても、新しい何かを成し遂げたいという熱い想いさえあれば、自由にキャリアを築いていくことができるのです。

関連ストーリー

注目ストーリー