Report
2019.03.10

【Co-Thinking/#2】自分で決められることが幸せ

20歳の女子大生がはじめてのインターンに挑戦!仕事で出会う“ナニコレ?”を社員さんに質問する様子をお届け!今回はCo-Stepの教育方針について全4回にわたってお送りします♪

社内教育にも浸透するビジョン

C35022b1f8af789b756038e34bc15e3430029200

Co-Stepのビジョンは自分の足で一歩ずつ前に進められるように最初の一歩となる勇気・キッカケを与えること。そんなビジョンが社内のスタッフ教育方針にも浸透しています。

言われないとできない。やり方まで落とし込まないとできない。手取り足取り、優しくすべての答えを教えてあげることは、その瞬間は良くても、その人の人生を考えたときに決して良い教育ではないという考え方があります。

まずは自分で考えることが大切

1369530d339f89a7d5c2a6897418b41f61bfa369

Co-Stepには手取り足取り答えをすべて与え続けるのではなく、自分で考えて自分なりの答えを見つけようと努力することを大切にする文化があります。自分で考えるからこそ知識が身に付き、「学び」に繋がるんだということをインターンを始めて2ヶ月が経った今、実感しています。

自分で考えるからこそ忘れない

5fe7d8b2969392f3879e1a916a6bfbfdf4fbe191

もちろん、すぐに答えを教えてもらった方が楽だし、仕事も早く進みます。だけど完全に受け身の姿勢で教えてもらった知識は忘れていくのも早いです。反対に自分で考え自分なりの答えを出すことで得た知識は自分の中にずっと残り続けるのです。例え遅くても、自分の足で一歩ずつ前に進んでいく人生。それがまさに「自分で決められることが幸せ」だと思いませんか?

次回予告

5a7a03966376edc53b88d5d900372ef1c27edfc0

今回は「自分で決められることが幸せ」について、自分で考えて仕事に取り組むことの大切さについてご紹介しました。ただ、はじめての環境、はじめての仕事だと自分で考えることさえも難しいです。そこで次回は自分で考えて仕事に取り組むためにやるべきこと、「まずGoogle先生に聞く」について書きたいと思います♪どうぞお楽しみに!

私のレポートを読んで少しでもCo-Stepに興味を持った方はぜひご連絡ください!
特にインターンをしたいと思っている学生さん、転職などを考えている若手社会人の方に届いているといいなぁ・・・。

注目ストーリー