“世界最高峰の採用力企業”になりたいから、私たちは社内文化にこだわり続ける

AI・ビッグデータを用いたマーケティングプラットフォーム「b→dash」を開発・提供する株式会社フロムスクラッチは創業以来、何よりも“人”に重きを置いてきました。創業以来変わらない、「人事だけでなく全社員で採用に取り組む社内文化」を、さらに大きく育てるべく生み出した新制度「CREW」についてお伝えします。

Company会社情報

社名株式会社フロムスクラッチ
会社・
団体説明
マーケティングオートメーションを超える次世代のマーケティングプラットフォーム「B→Dash」の開発、並びに導入支援。
代表者代表取締役 安部 泰洋
創業2010年4月6日
住所東京都新宿区西新宿7丁目20番1号
ビジョン・
ミッション
『日本再生』     日本のGrobal Presence向上を実現させる。   「技術×マーケティング大国日本」の時代へ。 高度経済成長期、それは「良い物を創れば売れる」という時代でした。 「Japan Quality」「Japan as No,1」と持て囃された一昔前と比べ、 「日本の技術力は衰退した」といわれていますが、本当に堕ちてしまったのでしょうか。 売れなくなったのでは事実ですが、イコール「技術力が低下した」「技術大国は過去の話」と 紐付けてしまって良いのでしょうか? 日本の技術力や製品力が衰退したのではなく、世界の技術レベルが相対的に向上し、 日本の製品より多少品質が落ちるものを50%の価格で提供できる国が増えているのではないでしょうか。 現在も日本には世界に誇れる技術を持った会社は数多く存在します。しかしながら、「技術大国日本」と言われなくなった所以は何でしょうか? それは「マーケティング力」です。 今の日本に必要なのは、過去から現在に至るまで脈々と受け継がれてきた「技術力」に加え、 そこから生まれた他国には真似出来ない高品質な製品・サービスを世に広めていく 「マーケティング力」であると我々は考えます。 その中で我々がすべきことは、かつて「Japan Quality」、「Japan as No.1」と 評された日本の”技術力”や”品質へのこだわり”を 再度、世に広め、それらを拡販していく為に、日本のマーケティング力を底上げすること。 それを実現する為には、マーケティングの在り方を変える必要があります。 ”次世代型マーケティングプラットフォーム 「B→Dash」”というプロダクトを世に広め、 マーケティング領域に大きなインパクトを与えることで、 日本のマーケティング領域に変革をもたらしていきたいと考えています。
URLhttps://f-scratch.co.jp/