農ある暮らしをプロデュースする会社、ファームプロが生まれたワケ

毎日食べている食べ物、その材料となる農産物がどうやって作られているか、知りたいと思ったことはありませんか?農産物の先に作り手が見え、感謝の言葉を伝えることができるーー。私たちファームプロは生産者と消費者の想いを繋ぎ、社会を豊かにしていく会社です。その創業の原点を、代表である竹内健司がお話しします。
  • eight

農業分野に触れた農業機械メーカー開発時代

A975b0d67a015d438854d30e377f3c57d9ca2198
家庭菜園初年度の写真

2007年大学を卒業し、私は車が好きだったこともあり、機械の開発ができるという理由から農機具メーカーへ。祖父母の家がみかんやビワを作っている農家でしたが、特別収穫以外の手伝いをしたことがなかったので農業についてはまったくの素人でした。

しかし興味のある分野でもあったので、試作機を持って行った農家さんとの会話が楽しく、中学や高校の理科や生物化学の内容から農家さんと話が盛り上がることが多かったため、見たことのない珍しい農産物を見かけると農家さんに話しかけたり、調べたりするようになりました。

同時に、自分自身で野菜を育て、土に触れないと機械の開発も、農家さんとの会話もよりはかどると感じ、家庭菜園を開始することにしたのです。

農業・食に関心高いコミュニティに触れた菜園ナビ時代

A43351d4ad9e1d90a334b50aa323e5668ae93e29
菜園ナビ

気軽な思いから家庭菜園をはじめたものの、継続するのはなかなか難しい……。小さな畑でも農業を仕事でしているわけでもない私は費やす時間も短く、モチベーションも続かないことからすぐに荒地になっていきました。

数年間はこのように春に種まきし、梅雨に雑草に負け、夏には荒地になるということを繰り返した結果、「三日坊主の自分でも家庭菜園を続けるにはどうしたらいいのか?どんなサービスがあればいいのか?」と考えるように。

そして、栽培の指南をしてもらえて、栽培の悩みや喜びを共有できるSNSサービス「菜園ナビ」を思いつくことになります。

会社に提案したところ認可され、新規事業として進めることに。同じような悩みを抱える人が多かったからか、菜園ナビはリリースから1年で7,000人もの人が使うサービスに成長しました。

その結果、意外なことに自分で野菜を育てる人たちは、農家さんとの出会いを欲している人が多かったということに気づきました。

食に関心があり、自ら育てる人は購入する野菜についても作り手のことも知りたがっている。しかし、そういった自分と合いそうな農家さんと出会う場がなかったのです。

菜園ナビの担当から外れ、退職・起業

519301053976cec17ce2a895c84bca673164627e
菜園ナビで知り合った人たち

新規事業として菜園ナビを担当し、サービスも順調に大きくなってきたところで、私の少々強引な進め方が問題になったこともあり、担当から外れることになってしまいました。

多くのユーザーや取引先から、要望や夢を託されて日夜なく頑張ってきた私は無気力に……。しかし、菜園ナビのユーザーの方々から多く励ましのお声がけいただき、再度奮起します。

私は菜園ナビというサービスの運営を通じて多くの人と出会い、そしてその人と人の繋がりにより救われたのです。

思えば、仕事柄か農業者の友人が多く、お中元・お歳暮の時期に友人の生産者の農産物を送っては喜ばれました。作り手も、送られた側も双方喜ぶ。これは当たり前に皆ができることではなく、自身で農産物を作る家庭菜園者ですら生産者と出会う場は少ないのではと気づきました。

だったらその出会う場を生み出すサービスを作ろう。そう考えて、起業することを決意しました。

農ある暮らしをーー「皆が農業に関われる社会」を実現させるサービス

33105e60612e038f685af85e115b0861de09c8b1
my菜(まいさい)

こうしていま開発中のサービスは、誰もが自分の好きな生産者をシェアできる、農家のウィキペディア「my菜」。自分の好きな生産者の情報をweb上で編集でき、写真やイベントをシェアできる広義の意味でのSNSです。

自分のお気に入りの生産者も、友人がすすめる生産者などから簡単に見つけることができ、ファンになることでページ情報が更新された時に手元の端末に情報が届く。生産者にとってもメリットがあり、たとえばイベント情報を更新するといつも自分の野菜を購入してくれているファンの方にプッシュ通知が届きます。

たとえば、被災してハウスが倒壊。建て直しのお金は補助金等で入ってくるが、瓦礫の片付けをしないといけない。しかし人手が足りない……。そういったときに、この機能を使えば直接的に、間接的に助けてくれる人を集めることが可能となります。

ゆくゆくは、誰もが生産者情報を編集することができることで、農産物を販売している生産者という生産者をmy菜上に網羅することができる構想です。

するとどんな農産物も、その先に作り手の顔が見えるようになります。それによって「皆が農業に関われる社会」を実現していきたいと考えています。

関連ストーリー

注目ストーリー