「ファーストペンギン社がファーストペンギンであるために」人事総務担当者の奮闘記

ファーストペンギンとは、群れの中でリスクを恐れずに初めに飛び込むペンギンを指します。株式会社ファーストペンギンで人事総務を担当する岩崎政典は「ファーストペンギン社がファーストペンギンであるために」ということを常に考えながら、日々業務に取り組んでいます。
  • eight

自身に課されたミッションは社内のファーストペンギン創出

Aa43bc5557dcd95cbef5d05605443a020f0ccab6
▲コーポレート本部 人事総務部の岩崎政典

岩崎が所属するのはコーポレート本部 人事総務部。採用はもちろん人材育成や社内制度の整備など、その業務領域は多岐にわたります。岩崎はどのような想いで業務に取り組んでいるのでしょうか?

岩崎 「当社はファーストペンギンという社名の通り、社内外問わず、リスクを恐れずにチャレンジしている人を応援しています。僕は人事総務を担当していることから、採用や人材育成、社内制度や環境整備はもちろんですが、社内のファーストペンギンの創出に取り組んでいます。
全社的に社内ベンチャーや新規事業、時には独立までも推奨はしていますが、まだまだ実際に取り組めている人は多くありません。そのため、新しいことにどんどんチャレンジする人材の採用、そしてチャレンジができる制度を整えることが僕のミッションです。そして当社を名実ともにファーストペンギンへと成長させたいと思っています」

岩崎はそんな想いをもって、人事面では地方・都内問わず全国を飛び回り、多くの人材との面談を重ね、総務面ではもっと社員が働きやすくそして挑戦できる環境づくりに取り組んでいます。

では、そもそもなぜ彼は当社への入社を決めたのでしょうか?

ベンチャーと大企業の間で揺れる心

253d8c1cab79c2ce0b319f2bb5939f3d4e341252
▲前職の仲間と

岩崎にとって当社は4社目で、それまでに多種多様な経験をしてきたと言います。

岩崎 「僕のキャリアは人材業界での求人広告営業からはじまりました。業界最大手の企業だったこともあり、営業ツールやマニュアルなどすべてが仕組み化され、そういう意味では非常に良い職場でした。一方ですべてが仕組み化されているがゆえに、社会人としてのスキル不足を感じました。
そのような点で今後の自分のキャリアを考えた際に、もっと付加価値をつけたい。また、当時はインターネット隆盛期だったことから、デジタルマーケティングを主とする力をつけたいと思い、Webベンチャー企業へ転職しました。そこではWebマーケティングはもちろん、社会人のベースとなるスキルを身につけることができました。前職とは違い、ベンチャー企業で人も少なかったので、採用担当も兼任していました」

大企業からベンチャー企業へ転職し環境は一転したものの、大きな裁量権や幅広い業務領域に、エキサイティングな日々を過ごしていました。本業のかたわら携わっていた採用業務では、当時珍しかったTwitterやUstreamを活用した地方への遠隔説明会を開催し、優秀な人材を獲得することに成功します。それがきっかけで採用の面白さ、人材業界への熱が高まり、再度転職し、人材業界へ身をおくことになりました。

岩崎が選んだ企業は業界大手の人材会社。その中でも新規に立ちあがった部署で、これまでの経験を活かし、主にIT企業の新卒採用支援と学生とのキャリア面談を担当することに。

一見、順風満帆にみえる彼のキャリアですが、実は転職して3年目、大きな葛藤があったと言います。

岩崎 「たしかに人材の仕事は面白いし、業務内容にも満足していました。しかし、社内ベンチャーの部署とはいえ、元々の会社の規模が大きいためにスピードが遅く、新しいことをやろうとするにも非常に多くのハードルがありました。
また、採用して終わりではなく、採用した人材を教育して活躍する姿を見たいと思い、支援する立場ではなく事業会社の立場で試してみたいという気持ちも生まれてきました。決してその時のポジションが嫌だったわけではないんですが、やはり、もっと挑戦したいという気持ちが上回り、転職を決意し今に至ります」

今までの経験をフル活用できる環境

148b21f63a8827a3cbf27137af3b844ccb292e35
▲2018年 就職説明会の様子

当社は成長中のベンチャー企業ということもあり、年間を通じて人材を募集しています。そこで岩崎が取り組むべきことは、とにかく優秀な人材を採用することでした。しかし、ただ優秀な人材を採用すれば良いというわけではない、という岩崎のこだわりがあります。

岩崎 「もちろん優秀な人材は喉から手が出るほど採用したいと思っています。でも、せっかく優秀な人材が入社してもすぐに辞めてしまったり、思っていた職場じゃなかったと感じたりとミスマッチが発生してしまってはなんの意味もありません。むしろお互いにとってマイナスです」

そう話す彼の言葉には、人材業界で培ったキャリアに裏打ちされた重みが感じられます。

では、そうなってしまわないために、どのようなことを心がけているのでしょうか?

岩崎 「僕は一次面接を担当することが多いんですが、とにかく“素”の状態で臨むようにしています。話しやすい雰囲気づくりという点はもちろん、当社の業務や社内の環境についても、基本的に包み隠さず話します。そのため時にはキツイ言葉を言うこともあります。でもそれで良いと思っているんです。嘘をついて取り繕って採用するのではなく、お互いにフラットに話して、意向が合えばぜひ入社してほしい、という気持ちで取り組んでいます」

いずれは自身もファーストペンギンに

Caad07d589fc72dc525f37c1ae2c8c7c5199975d
▲ベースにあるのはリスクを恐れずに飛び込む姿勢

まずは採用を最優先に取り組んでいますが、岩崎の業務領域は人事に加えて総務にもおよびます。そのため、並行して社内制度や環境整備にも徐々に力を入れはじめています。

岩崎 「採用はもちろんですが、社内の活性化にも努めています。社名のファーストペンギンにある通り、どんどん新しいことにチャレンジする社員にあふれた会社にしていきたいと思っています。社長の市之川匡史も『やりたいことがあったらすぐに話しに来てほしい』と言っていますが、まだまだ声をあげる社員は多くありません。そのためにはチャレンジしやすい環境や制度をつくことが必要だと思っています」

優秀な人材を採用し、社員を育成し、環境整備にも尽力し、新規事業を生み出し続ける会社にしていきたいと語る岩崎ですが、彼にもファーストペンギンになりたいという意思があります。

岩崎 「長年、採用の現場に携わっている中で、地方の中小企業の採用支援をしたいという想いが生まれました。知名度もなく目立たないだけで、地方の中小企業にも良い企業はたくさんあります。でも採用ノウハウがなかったり、リソースが足りなかったりと、様々な理由でうまくいっていないのが現状です。僕が培ってきたスキルを活かして、そんな企業の支援ができたらと。たとえば、新規事業として採用支援事業を立ち上げるなど、チャンスがあれば立ち上がり、リスクを恐れずに飛び込んでいきたいですね」

ファーストペンギン社がファーストペンギンであるために、そして、自身もファーストペンギンになるべく岩崎は絶えず挑戦し続けています。

関連ストーリー

注目ストーリー