もっと社外に目を向け、楽しく仕事をしたい。そんな想いで転職を決意

私は、前職ではメーカー系の大手SIerの共通技術部門で働いていました。共通技術部門とは、さまざまな現場プロジェクトの技術を支援する、横断的な組織です。

お客様はその時々で、流行りの技術に興味を示されます。たとえば「AIを用いて自分の会社を良くしていきたい」と依頼を受けた現場から、技術支援に相談が来るといったように、「こんな技術について提案・支援してほしい」というものですね。私の仕事は、現場と一緒に最先端の技術について調査をしたり、提案書を作成したり、さまざまな支援をすることでした。

私が就職したのは20年近く前ですが、新卒でその会社を選んだ理由は、ITの可能性に惹かれたからです。大学は機械工学専攻で、学部生の就職先は自動車メーカーが多いですが、自動車業界はひとりでモノをつくれる業界ではありません。それに対し、プログラミングは動くモノをひとりで形にできます。

当時はインターネットがやっと普及してきたころで、ITといえばSEという時代。ITの無限の可能性に胸が高鳴り、メーカー系の大手SIerに入社しました。

技術の先端を扱う部署に所属し、一般に普及する前にクラウドの調査から導入まで担当するなど、前職での経験はとても刺激的でした。ですが、キャリアを積むにつれ、求められる役割がエンジニアではなく、マネジメントのみになっていきました。

加えて、大企業は意思決定ひとつとっても稟議や承認は煩雑で、前職を辞める直前は、ひたすら社内向けの資料をつくっていて。「もっと社外に目を向けたい。もの足りない」という気持ちが強くなり、転職を決意しました。

なので、転職時に見ていた企業はベンチャーが基本でした。ただ、家族がいたので最低限養っていけるように、給与と企業の成長性は見ていましたね。その中でもFringeを選択した決め手は「人」でした。

とくに印象的だったのは面接。普通は面接官から「自己紹介してください」と言われますよね。ですがFringeでは、面接官から自己紹介したり、面接官のほうがやけに話していたり(笑)。

ふるいに落とすのではなく、一人ひとりと真摯に向き合い、一緒に働く仲間を探している──その姿勢に強く惹かれたのです。

大手での経験を生かした、自分だからこそ発揮できる価値

転職する前と変わったことは、大きく3つあります。1つ目は転職後、内向きではなくお客様に目を向けて、外向きで考えられるようになったことです。社内だけではなく、社外に通用するスキルが身につきました。

以前はマネジメントをする立場でありながら、部下よりも上司を見て仕事をしていましたが、現在はチームやプロダクトをいかに良くしていくかを考えられています。これは私にとって、最も大きな変化でした。

2つ目は、エンジニア組織内のコミュニケーションが多いことです。

その象徴として、ユニークな「バンチ対抗戦」が存在します。普段業務で直接関係しない人を中心に組んだ横串のグループである「バンチ」ごとにソフトボールやダーツなど、さまざまなことで競い合います。

私が最初に参加したのはミニ四駆大会で、入社後「まずミニ四駆買ってください」と言われたのは驚きましたね(笑)。エンジニア組織内でもコミュニケーションが多いのは、Fringeグループの特徴だと思います。

3つ目は、社員が自ら能動的に働いていることです。「自由と責任」の言葉の通り、自由度が高い分、それにともなう責任はあります。まず「どれだけ働いているか」といった勤怠を見られる大手とは、まったく異なる部分でしたね。

結果的に、生活スタイルにも変化がありました。前職は出勤時間が8:40で、外も暗い中出社していましたが、現在はフレックス制なので、朝の時間の使い方の自由度は増しました。子どもを朝送ったり、病院に連れて行けるようになったりして、家族と過ごす時間が増えたのは大きな変化ですね。

私が転職して身につけたかったのは、「会社に頼らずに生きていく力」。

能動的に働く現在は、社外でも通用する力を身につけられていると感じています。さらに、自身が大手に所属していたからこそ、Fringe組織に貢献できている実感も得られています。

新卒社員は大手の人が考えることは理解しにくいと思いますが、私は実際に大手に所属していた立場で考えられるので、自身の経験を生かし、貢献できていると感じます。

本質的な課題に挑んでいるので、もちろん苦しいこともありますが、それがそのまま力になると思っています。

高いモチベーションで働ける、技術者に理解のある組織

現在私は、Unipos社のCTOとして従事しています。その役割は、事業とエンジニアリングをつなぐこと。プロダクト開発組織をより良い組織にしていくことがミッションです。

以前(受託開発)は「納品するまでが仕事」でしたが、現在(自社開発)はお客様にとって良いプロダクトをつくれば、そのまま自分たちの会社の成長につながります。それが大きなやりがいですね。

またFringeグループは「技術者に理解のある組織」だと思います。

Fringeグループは「エンジニアの文化をつくっていく」ことを尊重しており、だからこそ技術者の特性に合わせて本質的な施策を行える。フレックスのコアタイムが2時間(13:00~15:00)でエンジニアだけ別扱いなのも、その一例です。だからこそ、ユニークなサービスも生まれるのでしょう。

前職では納期を優先するところがあり、使ったことのない新しい技術や、技術的な挑戦は後回しでした。ですがFringeでは、モチベーション高く働けるように、チャレンジを認めてくれます。

一般的に「エンジニアは慣れた技術を横展開すると、リスクは最小化する」といわれていますが、慣れた技術を使うと生産性が高いのかというと、必ずしもそうとは限りません。

「おもしろくない」と思いながら慣れた技術でつくるよりも、新しい言語を勉強しながらワクワクしつつ取り組んだ方が、生産性は高い場合もあるんです。それを理解し、挑戦させてくれるFringeのカルチャーのもと、現在は楽しく仕事ができています。

「流行りもの」ではなく、あって「当たり前」のプロダクトに

Unipos社では現在、より多くの方々に心地よくUniposをご利用いただけるように、試行錯誤しています。

直近の課題としては、ひとつのプロダクトを世界に届ける難しさを痛感しています。Unipos社にはドイツ支社がありますが、外国と日本では言語もタイムゾーンも違いますし、文化も違うので、プロダクトに対する反応もまったく異なります。

たとえば、Uniposの投稿をもらった人が送った人に返せるリアクション(絵文字)に、炎のイラストがありましたが、先日廃止しました。日本人は、炎をやる気のみなぎるイメージとして捉えますが、欧米人からすれば「なぜ火事なのか?」と思ってしまうようです。

当たり前が通用しないような、日本とは異なる反応を吸収しながら、Uniposを世界に受け入れられるプロダクトにすべく奮闘しています。

さらに、おかげさまでUniposはたくさんのお客様にご利用いただけるプロダクトになってきたので、システムの安定性も高めていかなければなりません。Uniposの成長とともに、開発組織も拡大しているので、組織としてのコミュニケーションロスの原因になることもあります。

組織拡大後もスピードや質を保ち、継続して開発に取り組めるようにしていかなければならないと考えています。そのために現在、信頼性や安定性をミッションに持つSRE(Site Reliability Engineering)チームを立ち上げようと進めています。

Uniposは「今までになかった新しい当たり前をつくる。世の中の給与をReshapeする」というFringeのカルチャーから生まれた、日本初のピアボーナスサービスです。

日本ではあまりなじみのない、真新しいサービスなので、いわゆる「流行もの」のように注目され、成長してきました。

しかし流行ものを脱却してこそ、本物のプロダクトです。「流行りもの」から「あって当然のプロダクト」へ、世間の認識を変えていかなければなりません。

まさにひとつの大きなハードルで、壁を超えるタイミング。本物のプロダクト作成に携われる今こそ、ぜひUnipos社にジョインしてほしいと思います。

私は立ち上げ当初からUnipos社に従事していますが、開発組織でも、他職種の組織に対しても壁のない、まさにOne Teamの組織だと思います。組織は徐々に拡大し、階層をつくった方が楽ではありますが、組織内の積極的なコミュニケーションは、今後も諦めたくないですね。

私が仕事に求めるのは「楽しいかどうか」がすべてです。ここで言う「楽しさ」とは、新しい言語に触れて知的好奇心を満たしたい、メンバーと深く関わりたい、社内はもちろん社外に対しても貢献できている実感を得たいなど「明日会社に行きたい」と思えるような楽しさです。

そんな考えに共感したうえで、自主自律し、若くても遠慮せずに自分の意見をぶつけてくれる方は、ぜひ一緒に「楽しく」働きましょう。