空間自体が生命体――多様な人が集まり、“何か”が生まれる場所「GRID」誕生の背景

「人と人をつなぐ」をミッションとして、インターネット上でのコミュニケーションを促進してきた株式会社ガイアックス。オフィス移転を機に、オフラインでも人をつなげたいという想いから生まれたのが「Nagatacho GRID」です。ガイアックスの文化を象徴するこの空間に込められた想いとは?

「一般的なオフィス」の概念を取り払った多様性に満ちた空間

▲Nagatacho GRID外観

昨今、多くの企業で「働き方改革」が進み、画一的ではない、多様な働き方が受け入れられる世の中に少しずつ変化しています。

ガイアックスでは、これまでもリモートワークやダブルワークなど柔軟な働き方を取り入れてきました。そこからさらに自由な空間をつくるべく、オフィス自体を多様性に満ちた場へと変化させました。それが2017年2月にオープンした「Nagatacho GRID」です。

 GRIDは社会(コミュニティ)に開かれ、マルチパーパス(多目的)な場所になるよう、設計しました。屋上から地下にいたるまで、それぞれのフロアにコンセプトと独自の名称がついて いて、ひとつのビルの中でさまざまな表情を見せます。

また、コワーキングスペース、会議室、イベントスペース、カフェなどから成り、スタートアップ、アーティスト、フリーランス、政治家など、多様な人が集まる場所になっています。

スペースをどう使うかは、使う人の自由。仕事以外でも、たとえば地下1階の「Space0(スペースゼロ)」でお寺の住職が座禅教室を開いたり、映画上映会をしたり、はたまた屋上でトマトの栽培をする人がいたりと、オープンから数か月で設計者たちも想像していなかった使われ方をすることも増えてきました。

GRIDのトータルブランディングを担当した、ガイアックスのブランディングディレクターナタリア(NATALIA DAVYDOVA)は、使われ方が拡大していることについて一定の手ごたえを感じています。

ナタリア 「社員も最初は2階のガイアックスの執務室以外のスペースの使い方には慣れなくて、『本当に使っていいのか?』といった不安があったようでした。でも今は、『ここはうちの場所だ。自由に使える』というのがわかってきて、いろいろな使われ方がされています。GRIDは最初から“〜する場所”といった定義はなく、『よくわからないけど、とにかくすごい』という場所にすることが目的でしたから、それは順調に実現していると感じています」

プロジェクト進行を担当した佐別当隆志は、GRIDが利用者にとってどのような空間であるかにこだわりを持っています。

佐別当 「GRIDでは利用する人たちの“安全地帯”になりたいと考えています。ここでは安心して話ができて、自分のことを理解してくれる人もいる。攻撃的な話や中傷のない、安心できる空間、環境をつくりたいと。少しずつそうなってきていますが、これをずっと意識していきたいと思っています」

使われ方も利用者のタイプも多様化してきたものの、まだまだ広げられる可能性はある。それがGRIDのおもしろさであり、何より大きな魅力のひとつです。

では、このGRIDという空間ができるまでに、どのような試行錯誤が重ねられてきたのでしょうか。

立ち上げのきっかけは、永田町にあった歴史あるビルとの出会い

▲地下Space0で開催された社内イベント

GRIDのプロジェクトはもともと、ガイアックス社内で上がっていたオフィス移転の話からはじまりました。

以前本社のあった渋谷や五反田のオフィスは、いわゆる日本の一般的なオフィスのつくりをしていました。しかしナタリアは、移転を単なる規模の拡大や場所移動ではなく、ブランディングの観点からも力を入れた方が良いと考えていました。

ガイアックスがもつ、自由な企業文化を体現する場所をつくりたい。新しいオフィスのあり方を考えるうえで、ナタリアはカリフォルニアにあるGoogle、そしてポートランドにあるNIKEやWeWork Custom Houseなどを実際に訪問し、見てきたことを参考にデザインを考えはじめました。

そして、物件を探る中で出会ったのが、永田町にある現在のビル。2016年3月のことでした。

ナタリア 「このビルの案内を見たときに、これだ!と。ビルのサイズもイメージにぴったりで、見た目も建物の古さや味みたいなものも全部そろっていて、完璧だと思いました」

ビルの良さを生かした内装や雰囲気も、この出会いがなければ実現されなかったはずです。ここからインスピレーションが広がり、一気にプロジェクトが動き出しました。

永田町という立地も非常に良かったと、佐別当は感じています。

佐別当 「ここにGRIDができた時のインパクトが鮮明にイメージできたんですよ。ガイアックスには人と人をつなげることや、社会課題を解決するというミッションがあります。永田町なら政治家や官僚の方と仕事ができるので、課題解決のための行動も起こしやすい。これから新しいことを巻き起こしていける、日本の中枢の場所になると思いました」

2016年3月の時点では、まだGRIDという名前も決まっていませんでした。しかしスペースをさまざまな形で“シェア”できるようにすることで、当社が注力するシェアリングエコノミーへの理解も進むと考えました。

そうした意図から生まれたのが、「日本で一番シェアが体験できる場所」というコンセプトでした。

リアルな人のつながりを生むスタイルにこだわり、理想を追求した

▲屋上Cloud9で朝日を浴びながら開催されるヨガ。社外の方も参加頂けます!

こうしてプロジェクトはスタートしたものの、当然のことながら、理想のオフィスをつくるには多大な労力と費用がかかります。しかしナタリアや佐別当には、このオフィス移転が、ガイアックスという会社にとって大きな転機になるという予感がありました。

なぜなら、今までガイアックスが行ってきたような、ソーシャルメディアで人をつなぐ「オンライン」の形ではなく、「オフライン」で実際の人がつながる場をつくることのできるチャンスだったからです。

しかしふたりの前に立ちはだかったのは、限られた予算、そしてタイトなスケジュールという厳しい条件。「本当にやる意味があるのか?」という社内の反対意見もありました。それでもナタリアと佐別当は決してあきらめることなく、何度も繰り返し提案し続けました。

その熱意と努力の甲斐あって、2016年8月末に正式に移転が決定。プロジェクト開始からわずか1年弱でのオープンにこぎつけることができたのです。

一般的なオフィス家具を置かないことや、キッズスペースを作ることは、特にこだわった部分でした。普通のコワーキングスペースやシェアオフィスとはコンセプトや内装が一味違うことで、オープン前から注目度は高く、どんどん入居者や利用者が増えています(2017年8月現在)。

特に多いのは、起業家のみなさん。大企業だけでなく、大きな志を持つ人は誰もが挑戦できる社会にしたいという私たちの思いに共感してくれる人が多いのか、起業家も多く利用されています。

他にも、フリーランスや国会議員など、さまざまな業種や職種の人が利用しているため、自然とさまざまな人・モノ・情報が集まるようになりました。

GRID単体で「何か起こそう」という決まった目的があるのではなく、「こういうライフ(ワーク)スタイルっていいよね」というイメージでつくられています。その理由は、GRIDの中で行われる活動を通して、世の中に次々と新しいものが生まれてくることを期待しているから。

それが、ひとつの企業では解決できない社会課題を解決することにつながるのではないか、と私たちは考えています。

GRIDのこれから――日本で一番シェアが体験できる場所の実現

▲移転プロジェクトを推進したブランド推進室のナタリアと佐別当

2017年2月のオープンから数か月。社員の働き方も、GRIDの成長とともに徐々に変化してきています。

実は他でもない、プロジェクトの中心人物であったナタリアもそのひとりでした。

ナタリア「GRIDができて、仕事に対する考え方がガラッと変わりました。私はこれまでワークとライフを切り分けていて、定時きっかりで帰るタイプだったんです。もちろん仕事は面白いけど、それ以外の時間とは切り離して考えていた。でも今はGRIDでの生活が楽しすぎて、ワークなのかライフなのかよくわからなくなっています(笑)」

彼女は以前よりも、ガイアックスで働いていることに誇りに感じるようになりました。今後はGRIDを利用している人や社員によりはたらきかけて、みんなにとっても自慢できる場所にしたいと発信を続けています。

GRIDは、空間として決まった目的を持つのではなく、さまざまな要素が混ざり合うひとつの“生命体”のようなもの。

確かにガイアックスのオフィスとしての役割も果たしていますが、この空間に社内・社外といった概念はありません。そこにとらわれずに交流の場をつくりたいと考えています。

ガイアックス専用となっているスペースも、今後は減らしていきながら、生命体として良い化学反応を起こせるよう、活発な活動を促していく予定です。

「on the grid, off the grid——つながろう、自由になろう」と掲げられた言葉を体現する場所として、未来を向いて進む人たちと、“想像を超えた何か”を生み出していく。GRIDはさまざまな可能性を創出すべく、さらなる発展を続けていきます。

関連ストーリー

注目ストーリー