「仕事ができる人は数字が動かせる人」──上司から学んだ経営の金言

▲店前調査からロジック解明、作成、納品まで看板集客に関わることのすべてを担う

経営資源は「人・物・金」。そして最近では「情報」とも言われる中で、東梅は、「人」に興味を持ちました。

東梅 「人以外はすべて人がつくったもの、人がいなければ始まらないんだなと思っていて。だから大学のゼミも人的資源管理とか人に関するものを選んできたんですよね。

大学を卒業した後に学習塾に就職したのもその選択のひとつです。社会貢献できる人になりたいという想いはずっとあって、自分が人に何かいい影響を与えて、その人がいい方向に動けるように。そして、生徒と関わることによってすごく豊かな人生が歩めるようになりたいなと」

勤めていた学習塾のスローガンが“生徒の可能性は無限大”。その言葉に希望を抱いていた東梅に、次第に「自分の可能性はどうなんだろう?」という想いが浮かび始めます。

東梅 「周りで働く先輩たちは充実して見えていたけど、もっと自分の可能性を広げることができるんじゃないかなと思ったんです。それに加えて、当時は地元の札幌から東京にもずっと出てみたいっていう想いがあって。自分の可能性にチャレンジしたいなと上京を決めました」

そして、大学時代から経営に興味を持っていたということもあり、コンサルティングという響きに引かれてGlobridgeへ入社。

そこで出会った“テツさん”という愛称で親しまれているマネージャーの若山 哲也に多大な影響を受けました。

東梅 「入社当初は、自分の売上目標を達成するために必死でした。大変だったりつらかったりしたことも多かったけど、すごく達成感がありました。

テツさんから言われて印象的だったのは『仕事ができる人は数字が動かせる人だ』という言葉。すごいなんかハッとしたっていうか。数字を動かすっていうのはその当時は売り上げをいかにつくるかということで。それって根本を追求するとお客さんに満足してもらわないと実現できない。そのための課題を解決しようという意識に変わっていきましたね」

その考え方は、学習塾での経験と通じるものがありました。

東梅 「当時は生徒にやる気になってもらおうと、受験のときにメッセージ入りのお守りを渡したり、チラシをつくったり、生徒のためにいろいろな工夫を考えていました。自分が無意識に好きでやっていたことが、結果今の私が考えるアウトプットにつながっているなと思います。自分で相手のことを想って行動に移したことが数値となって結果に表れる、という体験が思い起こされて、”数値を動かすこと”をもっと追求したいと考えるようになりました」

その発想から生まれたのが、店内の装飾やポップ、店前の看板改善だったのです。

東梅「自分が店長として働くお店だから、お客さんにたくさん喜んでほしいという想いも強かったし、もちろん売り上げをつくりたかった。そのための課題を見つけたくて、アンケートで満足度を測っていました。そこで見つけた課題を改善するために、メニュー表や看板や内装を変えていくことをやり始めたんです。目を引くようにイラストを入れたり、ちょっと変わったメニューを混ぜてみたり。

それがお客様との会話にもつながって、とてもいい雰囲気になりました。もともと好きなことだったから、すごく楽しかったですね」

その改善の成果が出始めたころ、「SDD(ストアデザイン部)に異動しないか」と副社長の大石から声が掛かりました。

看板集客ロジック──売り上げの向上を握る飲食店と看板の関係

▲店長時代は、お店の雰囲気づくりのためにさまざまな工夫を凝らした

飲食店の看板は売り上げに密接に関わっているのだと大石から教わった東梅。

東梅 「飲食店の人にとって何が一番ハッピーか考えたときに、やっぱり『利益が上がるお店』ということじゃないかと。そうすることでお客様をより満足させられるお店につなげられるはずです。利益は売り上げからコストを引いたものなので、売り上げの最大化というのがお店に関わるみんなにとって一番ハッピーという発想になりました」

売り上げを主要な要素に分けていくと最終的に客数×客単価に分解できます。東梅はこのふたつの要素に着目し、売り上げの改善を図ったのです。

東梅 「店長を務めていたお店でやっていたことを生かして、集客に直結するための看板をつくるのと、客単価をコントロールができるメニュー表をつくることでそれが実現できるのではないかと考えたんです」

おいしそうだな、食べたいな、と思わせて最後入店させる──そうするにはどうすればいいか。東梅は、頭をひねります。

東梅 「一番は、やっぱり現状を知ること。どんな街なのか、どんな人が通っているのか、周りにはどんなお店があるのか…それによって作る看板が大きく変わってきます。専門用語ではAIDMAっていうんですけど、看板を見つけるところから入店までのストーリーをつくるためにいろいろな手法を試しました。それからインプットとして、他のお店の看板見たり、写真撮ったりすることもたくさんしました。

それを生かして仮説と検証をとにかくたくさん繰り返すうちに、徐々にパターン化することができたんです。業態とか、価格帯によっても全然違うんですよ。そのロジックをつくり上げて、実際に売り上げに結び付いたときは本当に嬉しいですね」

初めは直営店舗の看板作成を担当していましたが、看板に対して困っている飲食店の方々がたくさんいることに気が付いた東梅は、他の飲食企業に向けて看板集客改善コンサルティング事業を始めます。

看板の受注のための新しい取り組みとして、Instagramで情報を発信したり飲食店オーナーに友達申請したりしていきました。

東梅 「最初は “言い値でイイネ”(看板受注して、出来上がりを見て言い値で費用をいただくキャンペーン)とか、目を引くようなことをやっていました。

それと並行して、大切にしていたのは『発信すること』。フォロワーが少ないときは自分からアプローチすることがすごく重要で、とにかくこっちからイイネとかフォローをしまくっていたんです。指がおかしくなるくらいやりました(笑)」

しかし、ただ闇雲にやっていたわけではありませんでした。

東梅 「たとえば日本酒とかの居酒屋とかの看板を載せるとしたら、その前に『日本酒』や『焼き鳥』といった、引っ掛かりそうなハッシュタグを検索して重点的にイイネを押してアップする工夫をしました。そうすると本当にちゃんとレスポンスがあるんですよね。そうやっていくうちにノウハウがしっかりできていきました」

より多くの飲食店をハッピーにするため、SNSを駆使してその活躍の場を自らの手で広げていったのです。

得意を生かしてつくるハッピーの環

▲温かみのある雰囲気が大人気の手書き看板。ロジックと心がこもった自慢の看板たちです

そんな東梅ですが、意外にも絵に自信がある方ではないと言います。

東梅 「ロジックをもとに役割分担をして、絵がうまい人に描いてもらう方法を取っています。適材適所という言葉もあるように、それぞれが得意なところを生かすとか役割分担って視点は本当に大事だと思うんですよね。

よく職場のみんなにも言うんですが、ワンピースのルフィみたいな気分なんですよね。私は料理ができないし航海術とかもないみたいな感じだけど……」

それぞれできることや得意なことが違うメンバーが集まり、自分の長所を生かして取り組む。それによって、もっと効率よくいろんなことが最大限に生かされて最高のものができると東梅は信じていました。

東梅 「キャリアではなく、イラストやデザインが好きで仕事にしたいという想いを持ったメンバーを採用しています。芸術系の特技を持っていても、実績がないとそれを仕事にするのって難しいらしくて。そんな人たちの可能性も広げていけたら嬉しいですね。あとは必ず飲食店での勤務経験がある人たちですね。やっぱりお客様が来店して、喜んで帰ってもらうまでのイメージを持っているっていうのはとても重要な要素だと思っています。結果、すごくいい子たちが集まってくれましたね。

みんなの力を終結することで、最終的に一緒に働くメンバー、そして、お客さんのハッピーにもつながるんじゃないかと。だから自分は自分の役割、他の人の役割を明確にしてあげて、まとめていくっていうのを今後はもっとやっていきたいなって思いますね」

今後は、お店の人が自分で看板やメニュー表を改善できるようなワークショップを開いてみたいという東梅。

東梅 「イラストやデザインに限ったらもっと得意な人がいるかもしれないけど、それを収益化してロジック化できるのが私の強みかなと思っています。それをワークショップのような形で伝える機会をつくって、参加した方たちがレクチャーした内容を自分のお店で実践してもらえたらいいなって。そして、そのノウハウを次の世代につなげてもらう……。そんな環が広がったら、すごく楽しそうだなと思っていますね。結局私は人に何かを教えるのが好きだから、それを仕事にし続けたいんです」

一方で、自分自身のチャレンジも東梅は忘れません。

東梅 「日本での施策はなんとなくハマってきた感覚があるので、将来は海外の看板もやってみたいなと思っています。私自身、海外留学を何度か経験していて、大学でも国の違いによる文化の相違などを研究していたんです。その延長で、国が違えばカルチャーも、文字や表現に対しての感じ方も違うはず。なので、その国々に独自にあるロジックを解明してみたいなと」

ほかにも、看板とメニューの2軸に加えて、さらに可動範囲を増やしていきたいと語ります。

東梅「お店の内装までプロデュースしたいです。たとえば、利用シーンや客単価によってその場にふさわしい雰囲気って違ってきますよね。そこに大きく関与するのが内装だったり雰囲気だったりすると思うんです。そこまでトータルでコントロールできたら、“デザインで飲食店の課題を解決する”っていうのがもっとできるようになれるかなって」

女性が長く働けるキラキラした職場に──結婚、妊娠を経て感じた想い

▲SDDの楽しい仲間たちと。個性を生かし、生き生きと活動しています

自らがやるべき仕事を確立し、こうしたい、ああしたいといったアイディアどんどんと湧いてくる東梅。プライベートでは、2019年に結婚し、今年出産を迎えます。

東梅 「嬉しい反面、ひとりのビジネスパーソンとしては、仕事から離れる時間ができてしまうのはすごくもどかしい気持ちです。みんなすてきなメンバーなので、現在もサポートしてもらいながら業務を行うことはできているのですが……。とはいえやっぱり、妊娠する前は、『もっとこういう風にしたい』と思い描いていたフレームがあったのですが、思い通りにいかないこともたくさんあって」

しかし東梅は、決して結婚・出産をすべてネガティブに捉えているわけではありません。

東梅 「悔しかったりもどかしかったりとネガティブな気持ちもある一方で、母親になって考え方も多分変わってくるんじゃないかなとポジティブにも思っていて。出産と育児を経験することで子育てと仕事の共通点も見えてくるかも、と想像していて、すごく楽しみな気持ちもあるんです」

SDDができた当初は漠然と多くの人を笑顔にしたい、そして女性が長く働ける──キラキラ働ける組織にしたいということを目標にしてきたという東梅。その想いは、結婚、妊娠を経てよりはっきりしてきました。

東梅 「実現できるかはもちろんわからないけれど、女性がキラキラと働ける環境は誰かがつくっていかないといけないことだなと。自分が育児しながら働くということに率先して取り組むことで、前例をつくっていきたいですね。Globridgeをはじめ、多くの企業で女性が長くキラキラ働ける社会──その一助になれるように、これからも全力で業務に当たります!」

現在、なりたい自分の姿に着実に近づいている東梅。

東梅「社会に貢献したいとか仕事を通じて成長したい想いと、好きなことや自分のオリジナルなアウトプットを実現することが今の仕事として結び付いていてすごくしっくりきていますね。」

多くの人を笑顔にし、幸せにする──今日も彼女の周りには、ハッピーの環が広がっていくことでしょう。