いざ、イノヴェーションの熱狂地へ。国を挙げた支援が世界基準のベンチャーを生む

“イノヴェーションの熱狂地”。恐らく、多くの人がシリコンバレーを思い浮かべるでしょう。さらに、中国でもイノヴェーション型国家に向けた経済成長がはじまっています。世界の流れが変わるなか、日本の存在感を世界に示したい——。そこで立ち上がったのが、経済産業省主催の「飛躍 Next Enterprise」です。

Press Releaseプレスリリース

Company会社情報

社名飛躍Next Enterprise 2017(経済産業省)
会社・
団体説明
「飛躍 Next Enterprise」は、「シリコンバレーと日本の架け橋プロジェクト」*の一環として、経済産業省の委託を受け、日本貿易振興機構(ジェトロ)とトーマツベンチャーサポート株式会社のコンソーシアムにより、高い技術力や優れた事業アイディアを持つ中小・中堅・ベンチャー企業等を日本全国各地から選抜し、イノベーション先進都市であるシリコンバレーをはじめ、シンガポール、ヘルシンキ・ベルリン、オースティン、イスラエルの5つのエリアに派遣するプログラムです。
代表者飛躍Next Enterprise 2017 (経済産業省)
創業2017年7月19日
住所100-8901
東京都千代田区霞が関1丁目3−1
ビジョン・
ミッション
本プログラムでは、派遣された企業経営者等が世界各地のベンチャーエコシステムの仕組みと活用方法を知ることによって、海外進出に必要な知見と人脈を早期に獲得し、世界の課題解決に寄与するビジネスをグローバルに展開させることを目指します。 *「シリコンバレーと日本の架け橋プロジェクト」とは、安倍総理大臣が平成27年4月30日に米国シリコンバレーで発表したプロジェクトであり、シリコンバレーと日本の起業家・企業をつなぐことで、グローバルに通用するイノベーションを持続的に創造する仕組みを形成することを目指すものです。
URLhttps://www.hiyaku.go.jp/