手間も時間もかかるけど「想い」を伝えるって本当に重要?

20代を中心としたキャリア支援事業や、採用コンサルティングを手がける株式会社juice up。初の自社メディアとしてキャリアストーリーメディアの「後任さん」を2017年9月末にスタートさせました。サービス開始から間もなく1年が経ち、実際に“後任さん”の採用につながる事例は生まれたのでしょうか?
  • eight

後任ポジションに一番「想い」を持っているのは、やはり“前任さん”

07f148e99ffc97f6377e6c76458dba0e52d299a2
▲後任さんのサービス責任者(ビジネスオフィサー)の森尚樹

前任の想いや働き方をわかりやすいストーリーにして掲載し、後任採用につなげる「後任さん」。サービスリリース後に多くの前任者への取材を実施し、後任募集記事を掲載している。

前任者が「退職」することを背景とした募集だけでなく、「産休」「部署異動」「業務移管」など、さまざまな理由による後任募集のお話を伺ってきた。

後任さんのサービス責任者(ビジネスオフィサー)の森尚樹は、当初からサービスがうまくいったわけではなかったと振り返る。

森 「サービス開始当初は、退職による後任募集をオープンにしてくれる企業は少なかったです。退職する人がキーマンであればあるほど、社内外の人へ与える影響を経営陣や人事が気にして掲載に踏み切れない、という声が多かったですね。
しかし、遅かれ早かれオープンになるので、だったら有効利用した方がいいのでは?と提案を繰り返していました」

一方で「前任者へ取材した内容を言語化し、ストーリーを通じて『想い』を共有する」ということの価値は強く感じられるようになってきたと語る。

森 「いわゆる、“採用難易度の高いポジション”の相談を受けることが多いです。しかしながら、共有いただく一般的な求人情報だと『どこにいるどんな人?』といった採用ターゲット、仕事内容や魅力が今ひとつ分かりづらい。

後任さんでの1時間超のインタビューを通じてそれらが明確になり、候補者へリアルなストーリーとして魅力を伝えることができる。結果として、面接通過率、内定承諾率が飛躍的に上昇しました」

実際に、後任さんで掲載された記事の活用は、juice upの求職者向けに提供されるだけにとどまらなかった。

・人事から紹介会社へポジション説明をするときの参考情報として共有される
・掲載企業の社長が自身のブログ内で共有し、シェアをする
・他社の人材紹介会社が、候補者へポジションの説明や面接対策時の情報素材として使用する など。

掲載企業の中には、大手人材紹介会社経由で入社が決まった方が、選考にあたり「後任さん」を熟読して臨んでいたという事例もあった。

森 「もちろん、われわれ(juice up)を通じて後任が見つかればベストです!(笑)。ただそれよりも『想い』を伝えることで、採用や入社後の活躍が加速するということがもっと当たり前になってほしい。
その一翼を担うのが『後任さん』であると第一想起されると嬉しいですね。実際に、後任さんに掲載をされた案件は(他ルート経由を含めて)7割以上が後任の採用充足に成功しています。
後任さんの取材・掲載を通じて、今回の採用ポジションにおける『共通認識』を持てることが採用成功確率を高めているのだと思います」

では、後任さんを見て、juice up経由で採用が決まった事例にはどんなストーリーがあったのだろうか?

ストーリー①:会社への強い感謝と愛が生み出した後任募集

986d665f89e59a94517ba6803852cfc3d322fec8
▲ユーザベースの後任さん募集記事

SPEEDANewsPicksなど、経済情報サービスを提供する株式会社ユーザベース。Vorkersに投稿されたクチコミを元に選出した「性格のいい会社ランキング」で1位を獲得したことでも知られている。

そんな同社が手がけるentrepediaという新規事業で、キーマンだった丸山由佳さんが独立のためにユーザベースを退職することを決めた。

後任さんへの掲載を検討したいと、人事からjuice up宛にご連絡をいただいたのは、彼女の卒業まであと2カ月半のとき。

まだ社内でも彼女の退職が一部にしか公開されていないタイミングだったーー。

人事の内田久美子さんはjuice up宛に連絡したときのことを、こう振り返る。

内田さん 「後任さんのサービスの話を聞いた直後に、たまたま独立退職に伴う後任募集が発生しました。退職する本人もユーザベース愛がとても強くて、自分の後任を探す採用活動にとても協力的であり、entrepedia事業への想いは誰よりも強い。後任さんで取り上げてもらうインタビュー対象としては、これ以上の適任はいないと思いましたね」

そして、取材や原稿内容の推敲を重ね、後任募集の記事がOPENへ(募集記事はこちら)。

公開された記事を訴求材料とし、juice upの森は求職者データベースの中から、ひとりの男性にアプローチ。

その男性が某大手インターネット企業で営業マネージャーや新規事業を担っているCさん(30歳男性)でした。Cさんと森との面談、そしてCさんとユーザベースとの選考はトントン拍子に進んだ。

「この方であれば自分の後任を任せられる」
「entrepediaの事業をさらに推進してくれる」

最終的に、面談した全員から太鼓判を押され、Cさんは入社することになった。

Cさん 「正直、最初はユーザベースもentrepediaのこともほとんど知らなかったんですが、後任さんの記事を見て、事業の面白さや一緒に働く仲間、企業のカルチャーや、自分の経験で活かせられることなどが明確にイメージできました。
実は他にもオファーをいただいた会社や、現職での部署異動の打診もあったんですが、自分自身が転職を考えはじめた頃から思い描くストーリーに最も重ねられるユーザベースを選びました」

Cさんは2018年10月から正式にユーザベースにジョインする。今後の活躍が楽しみだ。

ストーリー②:「医療」×「人」にかける熱い想い

Eee4ba614c1152c9cdebe84154809789c5b156e3
▲エムスリードクターサポートの後任さん募集記事

医療機関の経営支援を手がけるエムスリードクターサポート株式会社。人事シニアマネージャーの大楠友也さんは、学生時代からビジネスの世界で成果を残してきた。大学卒業後は「若いうちは一番きつい会社がいいだろう」とリクルートへ入社。

営業、企画、ファーストリテイリングへの出向、人事マネージャーと順調にキャリアを重ねてきた。

順風満帆に仕事をする中で、「日本の中でHRのバリューを出した方がいいのはどこか?」という根源的な問いが生まれ、自問自答していくうちにミスが許されない究極のサービス業で誇れる仕事をしようと、医療業界へ行くことを決めた。

入社後、大楠さんは、医療機関向けの人事企画、採用支援、労務管理に加え、本社人事も兼務。

非常に充実した日々を送っていたが、「医療業界へのバリューを最大限発揮すること」に立ち返ったときに、自身が担う業務の一部を委譲し同じ想いを持って働く仲間を求めたいと感じるようになった。そんなときに、juice upに連絡をした。

インタビューを担当したjuice upの上林純は、当時を思い返してこう語る。

上林 「『医療』×『人』に対しての想いがあふれていた大楠さん。大楠さんの人柄や社風も含めて、想いを込めて働きたい、という覚悟を持った人にとっては、最適な環境だと感じました。
一方、興味の方向性が条件面や自分自身に向いている人にはマッチしない環境であることも感じ取れましたので、 想いを引き継げる方とのご縁を紡ぎたいと強く感じました」

掲載を開始後に(掲載記事はこちら)、2017年に一度、転職検討中でお会いした候補者(Iさん)にアプローチ。

Iさんは会計事務所勤務で社労士資格の勉強もしている20代の女性。

「お客さんの役に立ちたい!」という意欲が非常に高い。だが現職では「それなりに頑張れば良い」という雰囲気があり悩んでいた。

そんな中、今回の掲載記事を読み、自身が医療法人を担当していたこともあり興味を持って応募した。

Iさん 「以前いた会計事務所では、『必要以上に仕事を増やしたくない』という空気がありました。新しいことに挑戦したかった自分にとっては、ずっとモヤモヤしていたんです。そういった中で、juice upの方と面談しエムスリードクターサポートをご紹介いただきました。
後任さんの記事を読んで『こんなにも想いを持って働いている人がいるのか!』と衝撃を受け、面接まではなんとかしてください!とjuice upさんにお願いしました(笑)」

Iさんは面接で大楠さん含めて、複数名の方とお会いし「ここで働きたい!」という意欲がさらに増した。

・医療について、HRについてかなり勉強しないといけないこと
・人として、ビジネスパーソンとしてもっと成長しないといけないこと
・まだまだ課題が多く、時には理不尽なこともあること

面接で厳しくも温かく、熱い想いを持っている人たちに囲まれ、完全にスイッチが入った。

Iさんは2018年9月からバリバリ働いているーー。

企業と個人が、ストーリーを重ねられるマッチングを実現したい

3f6ce4af7cdd87b635711de9a2c9fc8f8cd20d08
▲想いを引き継げる後任にバトンをつなげたい

人材ビジネスはどんどんシステマチックになっている。KPI、効率化、AIの活用。それらはもちろん、正しく活用すれば素晴らしい。

ただ、実際に働くのは「人」である。人は感情で動く。だからこそ、「想い」を正しく伝えるのは非常に大切なのではないだろうか?

後任さんでは、コンセプトメッセージに

情熱をかけてきた仕事がある。そこにかけた強い想いがある。一緒に頑張ってきた仲間がいる。だから、想いを引き継げる後任にバトンをつなげたい。

を掲げている。

まさにリレーのバトンと同じで、しっかりと前任と併走しスタートを切ることで、後任の立ち上がりスピードは加速する。

最後に森は語る。

森 「会社や事業ってたくさんのストーリーを持っていると思うんですが、候補者の方に面接でそれを細かに伝える時間と機会は意外と少ない。
ですが、今後その事業が大きくなっていく中で、成長ストーリーの1ページに自分も登場人物として入っていきたいと思ってもらうためには、きちんと言語化して想いに共感してもらう必要があると思うんです。これを表面的にやってしまうとミスマッチにつながる。
逆に、前提のストーリーの共有と共感ができていれば、ミスマッチを防げるし、入社後の活躍も早い」

後任さんを通じて、より多くのバトンをつないでいきたいと語る森。とにかく人のストーリーをじっくり聞くことが生きがいの彼は、今日も新たなストーリーを探し求めている。

**********
掲載のご相談、お問い合わせは下記よりお気軽にご連絡ください。

お問い合わせページ
後任さんTwitter

関連ストーリー

注目ストーリー