インドネシアの透析医療に光明を。透析の命“水”の清浄化技術を伝える臨床工学技士

偕行会グループでは、海外事業の一環として、インドネシアで透析医療体制の構築に取り組んでいます。そのなかで重要な役割を担うひとりが、臨床工学技士である上野彰之(うえの・あきゆき)です。日本とはまったく異なる環境で、妥協のない高品質の透析医療環境を築き上げてきた道のりを紹介します。

Timeline沿革

Press Releaseプレスリリース

Mediaメディア掲載

Company会社情報

社名偕行会グループ
会社・
団体説明
偕行会グループは、名古屋共立病院を中心に画像診断、透析医療、リハビリ、介護・在宅ケアなど、幅広い地域ニーズにお応えする医療、福祉・介護グループです。 全国に広がる透析ネットワークで、約3,000 名の透析患者様をサポート。常に、トップレベルの透析の質を追求しています。 また、放射線治療や血管内治療、本態性振戦に対する新治療など、日本でも有数の高度な医療サービスを提供しているほか、利用者が住み慣れた地域で安心して療養ができるよう、グループ内の病院、介護施設、居宅介護支援事業所とが連携し、一人ひとりに合わせた生活サポートを行います。
代表者川原弘久
創業1979年2月24日
住所454-0933
愛知県名古屋市中川区法華一丁目161番地
ビジョン・
ミッション
《偕行会グループ理念》 1.総合的な医療をめざす 2.真に患者のための医療をめざす 3.医療従事者の働きがいのある法人運営をめざす
URLhttps://www.kaikou.or.jp/