“人に頼る”その一歩を踏み出してみたら、ひとりでは見えなかった世界が見えてきた

幼い頃から人に頼ることが苦手だった福井桃子は、苦しい就職活動中に出会ったライクスタッフィング株式会社に入社し、人生初の接客業を経験。チームで働き、お客様からの「ありがとう」を感じるうちに、少しずつ人に頼ることの大切さに気づいていきます。現在、採用担当として活躍する彼女が目指す未来を語ります。

就職活動での挫折から芽生えた「絶対にやってやる」という想い

私はもともと、内向的な性格でした。祖父母が一緒に暮らしていたこともあり、なんでも先回りしてやってくれる環境だったんです。

弟が産まれ、家族がどうしても弟の世話を優先的にするようになったことも重なって、気づけばあまり自分の意見を主張しない性格になっていました。

実は、友達も少なくて……。高校・大学時代に親友だと思えた人は合わせてひとり、ふたりでしたし、部活も文化系。アルバイトもしたことがありませんでした。

そんな私が当時好きだったことは、インターネットでいろいろな情報を検索することでした。人に頼らなくても、検索をかければなんでも自分で解決できるんですよね。

だから学校生活を振り返ると、あまり人に頼る必要がなかった。言い換えると、人に頼ることの必要性に気づかないまま、学生時代を過ごしていました。

就職活動では、かなり苦労しました。そもそも自分のことをアピールするのが苦手だったので、面接も全然通らなくて……。

アルバイト経験もなかったので、いろいろな人と話す機会もなかった。面接官が求めている回答もわからなくて、全然ダメでした。うまくいかなくて、家族とも大げんかしたり……。

そんな苦しい状況で、手当たり次第いろいろな業界を見ていたとき、学内説明会でライクと出会いました。複数のブースを訪れたなかで、一番に連絡をくれたのがライクでした。

面接では、なかなかうまく話せない私の話をたくさん聞いてくれて、それがとても嬉しかったこともあって、そのまま入社を決めました。やっと決まったからには「何でもやってやろう」と決心しました。

苦手な、人と話す仕事 “ 接客 ”に挑んで見えたもの

接客の仕事はもちろん初めてでしたが、キャリアが用意してくれた映像で自主学習したり、SV(スーパーバイザー)が開いてくれた勉強会に参加したり、先輩に聞いたりしながら、実際にお客様に説明することを繰り返して、徐々に仕事を覚えていきました。

これまでの自分とは違う世界に飛び込んでみて感じたのは、たくさんの人と接することで、ひとりでは経験できない学びがあるということです。

入ったばかりの頃は、もちろん失敗もありました。携帯電話を契約する際に必要な書類が足りないことに気づかず、そのまま契約を進めてしまったんです。その結果、お客様の利用料金が引き落としできないというアクシデントが起こりました。

そのときは先輩に強く怒られて、落ち込みました。「みんなに迷惑かけちゃった」って……。

接客するのが怖くなってトイレで泣いていました。その日の夜は次の日仕事に行くのが不安で眠れなかったことを覚えています。

でも怒られた後、「これ、読んでみれば」と同じフロアで働いていた先輩が、手書きのマニュアルなどいろいろな資料を渡してくれたんです。

それぞれの必要書類の意味についても、具体的に教えてくれました。周りのスタッフにも、「新人の子はわからないことばかりだから、細かく共有してあげて」とフォローしてくれたんです。

最後には「いつも頑張っているんだから一度の失敗くらい気にしなくていいよ」と。

いつもはあまり話さない先輩でしたが、実は普段から私のことを気にかけてくれていたんだと気づきました。今までずっと見ていてくれたことがとても嬉しかったです。

この失敗を通して、どんな仕事をするにしても、一度立ち止まって考える癖がつきました。「本当にこれでいいのか、相手は本当にそれを求めているのだろうか」と、客観的に物事を捉えられるようになったんです。

最初はとても怖かったその先輩ですが、私も仕事ができるようになり、先輩の代わりに対応に入った時に「ありがとう」と言ってもらえたときは嬉しかったですね(笑)。

お客様からの「ありがとう」を通して、自分の成長に気づいた

「スマホの使い方がわからない」と、ご相談に来るお客様もいらっしゃいます。ただ、家電量販店は専門ショップと違って使い方を教える場所ではないので、実はあまり丁寧に教えることはできません。

ある日、年配の男性がご来店され、スマホの使い方について質問されました。一瞬「どうしよう」と思ったのですが、店頭にほかのお客様がいなかったこともあり、いろいろな使い方などを教えてさしあげました。

そうしたら「御礼だからと」と言って、20個ぐらい入った甘栗の箱をくださったんです。規則でいただくことはできませんでしたが、その気持ちに感動しました。

私は普通に仕事をしただけで、何も特別なことはしていないのに、こんなにも感謝されるんだなと。同時に、とても嬉しくて……。

「困っている人が目の前にいたら、できるだけ解決したい」そういう気持ちが、いつの間にか当たり前に身についていた。自分自身が知らないうちに変化していたんだと気づき、成長を実感することができました。

人とかかわって「ありがとう」と言われる仕事って、本当に楽しいです。

これからは誰かに“ 頼られる ”人を目指したい

2019年3月現在、私は販売の仕事を離れ、ライクスタッフィング東京本社で学生の採用担当をしています。仕事内容は、新卒採用のための学校訪問、合同説明会の出展、選考希望者の説明会・面接・入社承諾までのフォローと、結構幅広いです。

今では、社内の人に就職活動がうまくいかなかった話をすると驚かれるくらい、人前で堂々と話せるようになりました。もちろん、周りの人に助けてもらいながらですが……。

就職活動中を振り返ると、私は誰にも頼らずに行動した結果、自己流に陥って失敗を重ねていました。今思えば、就職活動や仕事探しって、キャリアセンターの人・派遣会社の人・その業界で働いている人・友達・家族など、周りの人に頼らないとなかなか前に進めないんですよね。

そんなことに気づけたのも、ライクに出会えたからだと思っています。「チームで働く」という経験を通して、独りよがりではできなかったことが実現できることを知りました。逆に、ひとりではないからこそ、コミュニケーション能力が必要になってくることも知りました。

私は今、頑張っていろんな人に頼っています。というのも、「助けて」と言っても、あまり人って嫌な顔をしないんだと知ったからです。

そしてこれからの私は、人から“ 頼られる”人になっていきたい。私にとってライクが人生の分岐点になったように、誰かにとっての分岐点になれたらいいと思っています。

関連ストーリー

注目ストーリー