「Fairy Engine」が届けたい、誰でも使いやすいMAMORIOの姿と未来

2018年3月、MAMORIO株式会社は「Fairy Engine」をリリースしました。プロダクトとは一線を画す、Google HomeやAlexaといった複数のサービスに対応したプラットフォームとなるFairy Engineは、どのような思いで開発され、どんな未来を描いているのでしょうか?
  • eight

「Fairy Engine」は人々の生活に寄り添う妖精

F76f8f03534828ad341e6f186ae0763930a3ce63
▲Fairy Engineの利用イメージ

2018年3月、MAMORIO社は新サービス「Fairy Engine(フェアリー・エンジン)」を発表しました。Fairy EngineはGoogle HomeやAlexaなどに対応し、「財布はどこ?」などのユーザーの質問に答えるプラットフォームとなります。

従来のMAMORIOがアプリを通じてモノの場所を可視化するものであったのに対し、Fairy Engineは「声をかける」「チャットする」という目に見えない方法でMAMORIOにアクセスします。

Fairy Engineの創案者である代表の増木大己、プロジェクトの全体進行を担った神谷郁、エンジニアの松本和也はそれぞれFairy Engineへの想いがありました。

増木大己 「私の妹が、海外の新婚旅行でパスポートを忘れてしまいました。あの日いつもと何が違ったかというと、いつもなら『忘れものない?』と確認してくれていた母が留守だったことです。新しいものやアプリに詳しくない妹は、MAMORIOを利用していませんでした。あのとき、母のように確認してくれる存在がいたら良かったのでは、と思ったんです」

Fairy Engineが想定するユーザーは、MAMORIOに限らずアプリの使い方に慣れていない方々です。スマートフォンや新しいアプリの利用が少ない人でも、簡単に使えることが最終的な目標でした。

増木 「fairyは妖精のイメージで、『虫の知らせ』などの言葉からも着想を得ています。妖精のようにユーザーのそばに寄り添う存在を目指しました」

MAMORIOは「なくすを、なくす」をミッションとしてハードウェアやアプリを開発していますが、必ずしもMAMORIOを利用する手法はアプリじゃなくてもいい。その答えのひとつが、Fairy Engineです。

使いやすさを追求して見えたチャットという答え

8b96c46ecc29703655fe3fa14893d0190a33bbdb
▲神谷郁(左)と増木大己(右)
増木 「モノのデータをどのように引き出すのか?その方法を突き詰めたときに、テキストだけ、音声だけでも成立するという答えにたどり着きました」

MAMORIOは高度な技術に支えられるIoT商品でありながら、求めるユーザーはなくしものに困っている一般的な消費者です。ユーザーのなかには高齢者やIoT商品に詳しくない方も含まれるため、使いやすさにこだわるプロセスでは、シンプルにすることが不可欠でした。

増木 「なくしものを見つけることって、突き詰めれば“位置”がわかれば良いんです。アプリを起動してタップして……という操作があるより、一声かけてわかるほうがずっと使いやすいですよね」
神谷郁 「声をかけるだけでモノの居場所がわかるようになれば、目に障がいのある方がMAMORIOを利用できるようになる、というお話をユーザーの方からいただいています。あるいは、自転車走行中になくしものを探しているときなど、今までアプリからではアクセスしづらかったシーンにも対応できたら便利ですよね。Fairy Engineを通じてMAMORIOをもっと使いやすく感じていただければと思います」

この軸は、Fairy Engineがプラットフォームとして複数のサービスに連携が可能であることへのこだわりにも息づいています。

将来の使いやすさを考えてエンジンであることにこだわった

445a7ea30dc20b5086be9d50006c4d8e5a8c009a
▲開発中の松本和也
松本和也 「FacebookメッセンジャーやLINEへの対応は技術的にさほど難しくなかったんですが、開発開始当初の2017年、Google HomeやAlexaなどのAIスピーカーはまだ普及していませんでしたから、新しい挑戦だなと感じましたね。正直、音声対応への壁は感じました」

音声入力による操作のテストを何度も自分たちで繰り返しながら、開発が思ったように進まない日々。それでも、描く未来のためにはLINEやメッセンジャーだけでなくAIスピーカーにも対応することを前提とした開発が必要でした。

松本 「MAMORIOが〇〇に対応しました、ではダメだったんです。最終的に多くの方が使いやすいものを目指すならば、エンジンである必要がありました。だから多少の難しさはあっても、将来に負債を抱えないために複数対応を前提とした開発を進めました」

Fairy Engineの開発を通じて、MAMORIO社全体が音声の可能性に気付いていくプロセスもありました。

松本 「はじめは『音声ってそこまで使いやすいのか?』と半信半疑でしたが、実際に自分がFairy Engineを開発するなかで、画面を見る必要性がない操作は意外と多いことに気がつきました。特に、なくしものを探してほしいなどの動作が決まったものについては、音声のほうが操作しやすいですね」

今後ますます消費者に普及するであろう、音声入力やチャット入力への複数対応。未来のユーザーにMAMORIO社が寄り添うために選んだエンジン開発という挑戦は、ユーザーだけでなく、開発したメンバーたちにも新しい発見を生み出したのです。

ユーザーを第一に考え、MAMORIOの新しい形を提案する

212621459295d40e57371f9336ebf518c4128f97
▲MAMORIO開発チームメンバー
神谷 「今後はFairy Engineの普及を通じて、よりMAMORIOが誰にでも使いやすいプロダクトになれば良いなと思っています。Google HomeからAlexa、あるいはAndroidのGoogleアシスタントから連携を通じてFairy Engineを利用する方が増えていくと思います」

予想以上にユーザー数が上昇しているFairy Engineは、今後ユースケースを通じて更なる発展を続けます。

神谷 「職場で『ハサミどこ?』と聞いたらFairy Engineを通じてGoogle Homeが答えてくれたり、外出するときに『財布を持っていないですよ』って教えてくれたり……もっと身近なものとしてMAMORIOが利用されるようになったらいいなと思います」

開発ロードマップを公式サイトに公開し、ユーザーが求める機能の追加や、使い続けることで見つけられた課題を解決しながら、Fairy Engineはユーザーに寄り添う将来の姿に向けて進化し続けています。

Fairy Engineの開発を通じて、新たな形を見せつつあるMAMORIO。まずは使ってほしい。より多くの人に、より多くのシーンで。Fairy Engineの成長は、ユーザーの方からのご意見や感想を大切にしながら、これからも続きます。

関連ストーリー

注目ストーリー