PR Table×マルケトがOne Teamで挑む採用マーケティングの新たな形

マルケトでは、「PR Table」のコンテンツ、「Marketo」の1to1コミュニケーション、「HRMOS」の採用管理を活用した採用マーケティングに取り組みはじめています。PR Tableの佐藤隆昭氏とマルケトのビジネスコンサルタント棟真太郎が、テクノロジーを活用した採用の未来について語り合いました。

お客さまのビジネスの成功を支えたい棟の熱い想い

▲左からPR Tableの佐藤隆昭氏、マルケトの棟真太郎、小池渚

棟はマルケトのビジネスコンサルタントとして従事しています。「Marketo」をご契約いただいたお客さまに対し、導入から実際にPDCAを回せるようになるまでのご支援や、「Marketo」を使っていくなかで生じたお悩みを解消するためのお手伝いをしています。

棟 「お客さまに独り立ちしていただくためのメンターとして、機能のレクチャーに携わっています。ほかにも、マルケトが持っている知見や、私がこれまでに身につけた知識や経験を用いながら、お客さまが目指すゴールに近づくためのプラスαのご提案をするようにしています」

大学でWebデザインを学んでいた棟は、デザイン・コーディング・ディレクション・プロジェクトマネジメントなど、Web製作にまつわる幅広い業務を担当しながらキャリアを積んできました。

しかし多くの職場では、納品したWebサイトが、その後お客さまにどれだけの価値を提供できたのかを知るすべがありませんでした。そんな現状にもどかしさを覚え、「もっとお客さまのビジネスに深く入り込める仕事がしたい」という思いが募っていきます。

棟 「マーケティングは経営そのものです。転職活動をするあいだには、ほかに大企業の内定ももらっていました。ですが、ひとつの事業会社に入るよりも、多くのお客さまのビジネスに触れられるほうが、より自分の引き出しを増やせると考えて、マルケトに入ることを決めました。
実際に、ビジネスコンサルタントとしてご支援しているお客さまから、『Marketoを導入したら、全体のビジネススキームが変わったよ』とか『こんなに大きなインパクトがあったよ』といったお声をいただけたときは、非常にやりがいを感じますし、自分の選択は間違っていなかったと感じますね」

「PR Table」×「Marketo」のコラボレーション誕生秘話

これまで「Marketo」は、企業とお客さまとの良好な関係を育むエンゲージメントプラットフォームとして、主にマーケティングや営業部門でご活用いただいてきました。

「良好な関係を育む」という点では、採用活動も同様です。お互いにとって幸せな転職にするためには、採用候補者の方に会社のことをよく知ってもらい、中長期的に良好な関係構築を図らなければなりません。

そこで、私たちに対する理解を深めてもらうためのコンテンツとして、PR Tableのプラットフォームを活用することになりました。自社ストーリーの掲載を通して、「Marketo」で採用候補者の方々のエンゲージメントを高められるのではないかと考えたのです。

そして、マルケトで人事・採用を担うタレントエンゲージメントチームのメンバーを中心に、ビジネスコンサルタントや広報など、他部門の有志も巻き込みながら、“HR領域における「Marketo」の活用”に挑戦することを決めました。

タレントエンゲージメントチームの小池渚は、その想いを次のように語ります。

小池 「マルケトの人事は2名体制なので、マーケティングが大切だとわかっていても、なかなかエンゲージメントにまで手が回らないんですよね。
でも『Marketo』を使ってちゃんとサイクルを回せるようになれば、採用にかかる業務プロセスの改善につながるだろうと思ったんです」

すると、時を同じくして自社のBtoBマーケティングに「Marketo」を活用したいと考えていたPR Tableからお声がかかり、「それなら互いのサービスを導入しつつ、採用マーケティングの新たな形を一緒に模索してみよう」ということに。こうして前代未聞のプロジェクトがスタートすることになりました。

PR Tableのマーケターとして本プロジェクトに携わる佐藤氏は、今回の取り組みについて次のように語ります。

佐藤氏 「『PR Table』を、インターナルコミュニケーションや採用活動にご活用いただくケースは多いものの、読んでいただいた方とそのままつながり、中長期的な関係構築を図ろうという企業はマルケトが初めて。
企業と個人のエンゲージメントを大切にしたいと考えているPR Tableとしても、非常にチャレンジングでワクワクする取り組みです」

誰もが“主体的”だからこそプロジェクトの成功につながる

「PR Table」に掲載されているマルケトのストーリーの下には、「働きたい」「事業を知る」「取材したい」と3つのボタンがついています。このうち「働きたい」をクリックすると、マルケトの座談会へのご案内ページが開き、「事業を知る」をクリックすると、会社紹介冊子「Join to ENGAGE」のダウンロードページが開きます。

この2つのランディングページは実際に「Marketo」でつくられており、ここで入力された情報が「Marketo」に入ることで、エンゲージメントプログラムがはじまるのです。

「マルケトに興味を持っていただいた方と中長期的な関係を築いていくにあたり、どんな価値を提供できるだろうか」と、PR Tableとマルケトで行なっている定例ミーティングのなかで、私たちはアイデアを出し合いました。

その結果、「PR Table」のストーリーに登場する社員に会える座談会の開催や、マルケトを知ってもらうための会社紹介冊子を作成し、ダウンロードできる仕掛けをつくろうといった、具体的なマーケティング施策が生まれたのです。

棟 「当初、私はビジネスコンサルタントとしてPR Tableさんのご支援をしていただけでした。当然この採用プロジェクトに正式にアサインされていたわけでもなく、第三者として見守っているつもりでした。
ですが、徐々に自分のなかで『このプロジェクトを成功させることで会社に貢献したい』という気持ちが高まっていき、次第に自分事になっていったんです。
30ページある会社紹介冊子も、私ともうひとりでデザインしたものです。最初は『別に自分の業績には関係ないし、断ろうかな』とも思ったのですが、なんだかんだでやっちゃうんですよね(笑)。
マルケトには、こうやってクロスファンクショナルに主体性を持って動く人が多いので、今回のようなプロジェクトが成り立っているのではないかと思っていて。これからは私ももう少し入り込んで、採用の定例ミーティングにも自主的に参加していくつもりです」

コーポレートスタッフにもマーケティング思考が必要になる時代

PR Tableとマルケトが一体となって取り組むプロジェクトが始動したことによって、本来あるべき採用のあり方が見えてきたと小池は話します。

小池 「外資系の採用は、これまで一本釣りが主流でした。いろいろなツールから手動でコンタクトを取って、『ご興味ありませんか?』とお声をかける。そこで興味を示して入社してもらえればいいけれど、ダメだったらそこでおしまいでした。
しかしテクノロジーの進化によって、『今はタイミングが合わないけれど、将来的にいつか候補者になってくれるかもしれない人』と中長期的にコミュニケーションを取って、関係を維持できる環境がつくれるようになりました。
まだはじまったばかりで、候補者の方を惹きつけるコンテンツづくりは道半ばですが、さらにこの先には、『PR Table』と『Marketo』に加え、採用管理ツールもつなげたサイクルをつくっていきたいと考えています」

こうしてマルケトを実験台に、「PR Table」と「Marketo」を使った新しい採用マーケティングのスキームを完成させ、今後、ほかの企業にもソリューションとして提供していきたいというのが、両社の目指すひとつのゴールです。

佐藤氏「今回の採用マーケティングの取り組みは、株主や投資家、社員や顧客など、さまざまなステークホルダーに対するエンゲージメント構築にも展開していけるはずです。
これからの時代、人事だけでなくコーポレートに携わる職種に、マーケティング思考が求められるようになるのではないでしょうか」
※マルケトの会社の魅力を紹介するWEBセミナーを開催いたします。ぜひこちらからお申込みください。

関連ストーリー

注目ストーリー