今までにない“障害者視点”のマーケティングリサーチ。新しいバリューを生んだ仕掛け人

多くの企業で行なわれている、さまざまなユーザーリサーチ。そこに “障害者の視点”が加わることで、より大勢の人にとって快適なサービスや商品を生み出すことができます。ビジネスとしてユニバーサルデザインに取り組むミライロで、2016年にその事業化を実行したのは、入社間もないひとりの社員でした。

Albumアルバム

Timeline沿革

Company会社情報

社名株式会社ミライロ
会社・
団体説明
障害のある当事者の視点からユニバーサルデザインの提案を行います。
代表者垣内俊哉
創業2010年6月2日
住所150-0011
東京都渋谷区東3-9-19
ポーラ恵比寿ビル11F
ビジョン・
ミッション
バリアフリーは、読んで字のごとく「障害を取り除く」という意味になります。 「建物のバリアフリー」「心のバリアフリー」、バリアフリーはとても大切なことです。 しかし、人それぞれが持つ、トラウマやコンプレックス、障害は、 克服すべきものでもなければ、取り除くべきものでもありません。 例えば、車いすに座っている人の目線の高さは平均100センチです。 100センチの目線だからこそ、見えることが、気づけることがあります。 今まで「バリア」として捉えていたことも、考え方や周りの人次第で、 「強み」や「価値」に置き換えることができます。 バリア(障害)をバリュー(価値)に変え、私たちは社会を変革します。
URLhttp://www.mirairo.co.jp/