踏み出す一歩の先に、お客様好みの味がある。顧客起点を実践した開発者の流儀

愛される商品を求められるシーンへ。ロングセラー商品、粉末飲料「日東紅茶ロイヤルミルクティー」の液体商品化に携わった大藪伸也は、お客様に寄り添う研究開発者。お客様のためなら専門性を超え、商品開発にチームワークを生かします。そんな仕事観は、三井農林の研究開発部門に新たな魅力を加える一歩となりました。

Company会社情報

社名三井農林株式会社
会社・
団体説明
食品事業では、「日東紅茶」ブランドをはじめとする家庭用紅茶・緑茶等の製造販売、ホテル・レストランチェーン、カップベンダー(自動販売機)への製品供給、および各種茶系飲料の原料供給を手がける。 機能性素材事業としては、茶抽出物/茶カテキンの研究・開発および原料供給・製品販売を展開している。
代表者代表取締役社長 堺 弘行
創業1909年11月1日
住所105-8427
東京都港区西新橋1-2-9
日比谷セントラルビル
ビジョン・
ミッション
MISSION(当社の使命) 自然の恵み・伝統と先進技術の融合により、 世界に笑顔を届けます VISION(ありたい姿) 健康・安らぎ・こころ躍る 食生活を彩る イノベーター “Life Innovation” VALUES(行動指針) Integrity  誠実である Proactive  まず自分から踏み出す Passion   粘り強く前向きに Speed      走りながら考える Customer Focus 本気でお客様と向き合う Team  仲間を大切にする Inclusion  多様性を受入れ、力にする
URLhttps://www.mitsui-norin.co.jp/index.html