子どもがいてもやりたい仕事をーーママ社員が見出したPMOとしてのワークスタイル

ライフイベントを経験し、その後の働き方に悩む女性は多いかもしれません。MSOL(エムソル)でPMOとして働く赤塚里絵は出産、育児を経験し、仕事とプライベートを両立するために試行錯誤をしてきました。現在お客様のプロジェクトで日々マネジメント支援をしながら、時短で働く彼女が考える、“働き方”に迫ります。
  • eight

子どもを育てていてもやりたい仕事をしっかりしたい。その一心で転職を決意

49665511686c0a82eb9ed4294128d46212315b87

赤塚里絵がマネジメントソリューションズ(以下、MSOL)に入社したのは2016年。前職のシステム会社では、SEとしてシステム構築や導入業務を行ったあと、PMOとしてプロジェクト管理プロセス構築やプロジェクト支援を行っていました。

2度の出産、育児を経験し、これまでも時短制度を利用して仕事とプライベートを両立してきた赤塚は、前職で違和感をおぼえていました。

赤塚 「前職では育休から復帰後、プロジェクト現場に戻り、短時間勤務制度を利用しながら SEや PMOとしてプロジェクトマネジメントの仕事をしていました。制度としては整備されていたので、プライベートの時間は確保できました。
ただ、仕事の面では “時短で働く ”ことに関して、自分自身の考えと周りの考えとずれがあるように感じたんです」

仕事に対して、評価はしてもらえたと言います。ただ、残業が多い環境だったせいか「急に対応が必要な仕事が出てきた場合はどうするのか」「これまでとまったく同じ仕事はできないのではないか」という意見もあがったのです。

赤塚 「私は時間が短くてもこれまでと同じ仕事をしたいと考えていたのですが、 “時短の人はこの仕事 ” “それ以外の人はこの仕事 ”と分けられてしまっているように感じられたんです。私は働く時間に関係なく、子どもを育てながらやりたい仕事もしっかりとやりたかった。そこで、それが実現できる会社がないかと転職活動を始めました。その時に出会ったのが MSOLでした」

転職活動を始めた赤塚は、当初MSOLのことをまったく知りませんでした。

赤塚 「前職でも PMOとして働いていましたので、『 PMO導入フレームワーク』という本を読みこんでいたのですが、実はその本を書いたのが MSOLの代表取締役社長・高橋信也ということが後からわかりました。直接は知りませんでしたが、間接的に以前から知っていたというのが MSOLとの出会いだったんです」

MSOL初の「時短PMO」として、いざ現場へ

MSOLでは、これまでPMOとして働く社員で時短を導入した例はありませんでした。

赤塚 「転職活動の際、条件としてていたのが時短で働けること。また、システムエンジニアではなく、マネジメント寄りの仕事ができることのふたつです。
条件に合う会社を MSOLを含め 3社受けたのですが、これまで事例はないにも関らず、『赤塚さんが時短で働けるように絶対に成功させましょう』と言っていただけたのは MSOLのみでした」

「希望する働き方ができるよう、柔軟に働けるように受け入れる」と提案してもらえたことに、ベンチャーゆえの魅力を感じたという赤塚。入社後、PMOとしてすぐにお客様のプロジェクトに入り、マネジメントの支援を始めます。

赤塚 「入社後に配属されたのは、あるエネルギー関連のプロジェクトです。はじめにお客様に『時短なのでご迷惑をお掛けすることがあると思いますが、よろしくお願いします』とごあいさつしたのですが、お客様からは『そんなのまったく気にしなくていいから』と言っていただけて、心配せずに仕事を始めることができました。
時短だけではなく、多様な働き方に対して理解のあるお客様だったということ、そのようなプロジェクトで働けるように自社が調整してくれたことも、私にとっては恵まれていたと思います」

働きながら見つけたワークスタイルマネジメント

F347861f813ee6b01bc7831052590c6a50a4611f
子供と一緒に行ったスカイツリーにて

「時短」というと、制度や働く環境の整備ばかりが取り上げられることも多いと思いますが、限られた時間のなかで成果を出すため、赤塚自分自身が工夫していることがふたつあると言います。

赤塚 「ひとつめは、期待値を握ること。ふたつめは、プロアクティブに考えて動くことです。期待値については、自分の働き方でどのような支援ができるのか、社内メンバーやお客様と自分自身、双方の期待値を調整することです」

プロジェクトに初めて配属される際、赤塚は当時のマネージャーと、どのような立ち位置で仕事をしたいのかを話し合いました。PMOのリーダー的な立場か、もしくはリーダーのサポート的な立場で仕事をしたいのか。

赤塚 「私は時短でも、初めからリーダーとして中心的な立ち位置で仕事をしたかったのでそれを伝えました。会社としても自分の希望の沿うように自社内の体制をつくり、またお客様側との期待値合わせもしてもらうことができました。
立ち位置や役割によって、求められることは異なります。リーダーの場合、当然リーダーの立場での結果を求められます。できること、やりたいことを明確にしないまま仕事をすると、お互い考えている結果が違う=結果が出ていない、という判断になってしまうと思います」

そのため、期待値を握ることはとても重要。特に、出産、育児を経験し復帰する場合、この期待値合わせがきちんとできていないためにうまくいかないケースも多いと言います。

赤塚 「今思い返すと、前職では期待値の確認がきちんとできていませんでした。あの時上司と、自分のやりたいこと、会社が自分に期待することをきちんと話し合い、確認していれば、もしかしたら違う結果になっていたかもしれません」

そしてふたつめに赤塚が大事だと思っているのが、プロアクティブに考え、動くことです。

赤塚 「 PMOはプロジェクトのマイルストーンを描き、考えられるリスクをあげてあらかじめ対策をとります。そうすることで、プロジェクトとしてやるべきこと、PMOとしてやるべきこと、そして自分がやるべきことを明確にします。働く時間が限られる私は、常に先々を見て逆算し、今やるべきことは何かを考えて仕事をするようにしています」

限られた時間で成果を出すために、常に先々を見て、そこから逆算して今やるべきことが何かを考えることは、PMOの仕事そのものだと赤塚は言います。

女性も男性もともに考えて欲しい 個人が能力を発揮し活躍できる働き方とは

867e98d65571c05ecac6c6f8a05253b9d4d4dbe6
ダイバーシティワーキンググループの打ち合わせ。一番左が赤塚。

面接の際に、新卒、中途に関わらず、「PMOのプロフェッショナルとして女性は活躍できるのか」「さまざまなライフイベントを経ても仕事を続けられるのか」といった質問が少なからずあります。

自身で出産、育児というライフイベントを経験し、時短で働きながら仕事とプライベートのバランスをうまく調整しながら成果をあげてきた赤塚には、今後増えていくであろう多様な働き方に関してやりたいことがあると言います。

赤塚 「今後は自分の経験を生かし、社内で多様な働き方を実現するための活動をやりたいと考えています。
実は MSOL内で私が中心となり、有志のメンバーとともに働き方というテーマでさまざまな課題についてディスカッションする、ダイバーシティワーキンググループの活動を行っています。国籍、性別、時間などに関わらず、みんながそれぞれの能力を発揮して活躍できる会社にするためには何をしたらいいのかを考える活動です」

多様な働き方がテーマになっているこの活動、もちろん男女の別なく、メンバーには男性社員も含まれています。女性だけの問題ととらえず、男性も同じ目線で一緒に考えていく。これもMSOLの大きな特徴のひとつ。

赤塚 「今は、このダイバーシティワーキンググループであげられた課題を踏まえ、誰もがいきいきと働けるために何ができるのかを検討しようとしている段階です。
今後はこの活動を拡大し、働き方改革のような取り組みができないか、具体的に考えていきたいと思っています。また、出産や育児を経験しているかどうかに関わらず、いずれはより多くの方に『多様な働き方を実現する』という考え方に興味を持っていただき、将来的に活動の趣旨に賛同いただける方たちと推進していきたいです。
そのためにも、自分の経験してきたことを伝えて、興味を持っていただけるようなきっかけづくりをしていきたいと思っています」

関連ストーリー

注目ストーリー