「事業でセーフティネットをつくる」テクノロジーとデザインで社会課題を解決する挑戦

「jinjer(ジンジャー)」のリリースから3年が経ち、テックカンパニーとして認知されてきたネオキャリア。そのFinTech領域の事業子会社、株式会社ULTRAで代表取締役を務めるのが竹谷直彦。彼のなかにある新規事業への思いと、事業会社ならではの組織運営のポイントとは。

納得いかないことはしたくない。だから自分で責任を取れる仕事を選んだ

新規事業の責任者である竹谷。多彩な人材の多いネオキャリアのなかでも異色の経歴の持ち主である。

新規事業の責任者である竹谷。人材の多彩なネオキャリアのなかでも異色の経歴の持ち主である。ネオキャリアで新規事業の責任者を担当している竹谷。その考え方のベースには、学生時代の思い出がある。

竹谷 「昔から納得いかないことには行動ができないタイプだったんです。中学・高校でも勉強をする意味を見出すことができず、クラスでビリの成績を取ることもありました。納得いかないことは楽しくないし、身が入らない」

そんな考え方から竹谷は就職活動でも、“自分で責任を取れる仕事ができること”を基準に企業選びに臨んだ。自分で責任を取ることで、納得して働けると考えたのだ。

竹谷 「当時はベンチャー企業なども少なく、起業する選択肢も一般的ではなかったので、すごく悩みました。さらにバブル崩壊後の就職難。色々と大変でしたが、このときに就職活動を共にする仲間たちと出会い、一緒に『働くこと』について徹底的に考えられたのはいい経験でした」

厳しい就職活動の末、紆余曲折ありながらも保険会社に入社。そこで当時、日本でスタートしたばかりだった保険のダイレクトマーケティングに携わる。

その後、竹谷が携わってきた仕事の幅は、Webを活用したブランドマーケティングやアドテクノロジー創成期の営業責任者、海外拠点の立ち上げ、さらにはまだ名も知られていないFinTechのスタートアップなど、多岐に渡る。

常に新規事業や、まだ世のなかに無いサービスを送り出してきた竹谷。その過程で大事にしてきたことは、“恐れずに一歩を踏み出すこと”だった。

竹谷 「何のツテもない会社に自分から連絡して『こんなことをやりたいんです!』と提案することも多々ありました。そこでつながった方々とは会社が変わった今でも、一緒に仕事をしています」

知らない領域の人たちと提携すると、できることが増えて自分の経験も広くなっていく。竹谷には「断られても大きなリスクは無い」という信条がある。その考えのもと、提携先を探すときにも躊躇なく飛び込んでいった。

「一生働き続ける」という夢を実現するために、ネオキャリアを選んだ

飛び込みでプロモーション相談をし、YouTuberマーケティングを実施。金融サービスの新しいプロモーションの形を作ってきた。

そんな竹谷とネオキャリアの出会いは、偶然に近いものだった。当時はFinTechスタートアップの取締役であり、転職も考えていなかった。

竹谷 「たまたま知り合いのエージェントから連絡がきて、『面白い会社があるから、そこの役員に会ってみなよ』と言われたんです。そうして出会ったのが、ネオキャリア専務の加藤でした。

そのときに、自分がつくりたいと思っていた世界観を、資料を作成して簡単に話したんです。そしたら加藤は『その世界、一緒につくりましょう』と言ってきて。自分もそうなんですけど、この人も最初の5分くらいで『やる』と決める人なんだなって思いました(笑)」

取締役をしていた会社も順調に事業が伸びており、竹谷がやっていた業務も他の人に任せる予定になっていた。そんなタイミングも合致したため、加藤と一緒なら自分のやりたい仕事が実現できると思い、転職することを決めたという。

竹谷 「『一生働き続ける』という夢があるんです。すごい現実的な夢なんですが(笑)。その夢を実現するためには、若い人がたくさんいて、新しいことを恐れない環境で働きたいとずっと思っています。一生働くためには、何歳になってもそのときの若い人に必要とされないといけないと思うからです」

ネオキャリアは平均年齢も20代で、新規事業も多い。実際に入社してみて竹谷は、この会社を自分にピッタリだと感じている。新卒から数年で活躍しているメンバーも多く、パワーをもらっているそうだ。

理想とする組織は“球体”。独自の哲学に基づいた組織論

中国駐在時代の1枚。メンバーとは今でも連絡を取り合い日本と中国で交流を深めている。

今まで多くの場面で責任者となり、メンバーのマネジメントを担ってきた竹谷。事業をつくっていくチームを構築をする際には、“公平性と役割”を意識している。

竹谷 「組織を考えるときに “公平性と役割 ”がすごく大切だと思っています。たとえば社長には事業計画をつくり、資金を正しく用意するという役割がある。ただそれは、組織の一機能に過ぎないと思うんです。
理想とするイメージは球体の組織なんですよね。上下がある縦の組織ではなく、それぞれが自分の分野で役割があって、状況に応じて個々人が自分の分野の責任を持ち合い、主体的にプロジェクトを進めていく。星のように飛び出るやつが出てくると、それに合わせて他のメンバーも一緒に飛び出して、チーム全体がより大きな球体になっていく。球体の組織になっていれば、どこまでも一緒に転がって進んでいける」

個々の違いを認め、尊重することが大切だと考えている竹谷。だからこそメンバーに対して表層的に接するのではなく、深く信頼して一緒に働きたいと願っている。相手を包み込むような竹谷の人柄は、ここから生まれているのかもしれない。

竹谷 「公平性を保つ上では、 “情報を公開する ”ということも大切だと思っています。例えばULTRAでは、事業計画の内容や目標数値なども全て公開しており、自分の今までの経歴や考えていることなども共有されています。お互いの状況や特徴を把握することで、自分の役割に納得し、安心して仕事ができています」

事業責任者という立場を担ってきたからこそ、竹谷は“目標を達成する”ということも大切にしている。目標を立てる時や達成する時に竹谷は何を大切にしているのだろうか。

竹谷 「目標は大枠でいいので、数値化することを大切にしています。無理のない範囲で、まずは目標を達成する。上手くいったら大きなチャレンジに広げていくことも意識しています」

勢いも大切だと思うものの、本来は臆病なタイプ。足元を見つめながら確実に勝ちにいきたいと、竹谷は笑いながら語る。

一緒に働きたいのは“感情が溢れちゃう人”。共に社会課題を解決したい

お互いを尊重し信頼し合う、楽しいチームを目指している。

竹谷がネオキャリアで担っている事業は、既存事業(人材)と新規事業(IT)をつなげるサービス。今後のネオキャリアの発展のために、非常に重要なものである。

しかし竹谷に不安はない。これから社会インフラが刻々と変わっていくなかで、自分の携わるサービスが大きなインパクトを持つとワクワクしている。そんな彼のなかには、“社会課題を解決したい”という強い想いがある。

竹谷 「一生働き続けるというのは個人目標であり、個々の違いを認め仲間を大切に仕事をするのはチームのコアコンピタンス。それを実現するためには皆が強いモチベーションを維持し共感し合える目標が必要だと思っています。

顕在化している社会課題を自分たちで解決する。それを事業として成立させる。僕がこの事業の中心に据えているのは、そういう考えです。

ネオキャリア は『ビジネスで社会課題を解決する』ということを何より大切にしていて、保育領域・介護領域のサービスなどにも力を入れています。新規事業でも HRTechや FinTechを活用することで、個々の違いを持った人たちが能力を発揮して働き、適切な報酬を適切なときに受け取れる社会を実現したいと思っています」

新規事業は竹谷、大手金融会社から初めての転職を決意し入社した青柳 暢。そこにネオラボのエンジニアや経営企画のメンバーも入り事業開発をスタートさせている。それは驕らず昂り過ぎない、とてもバランスの取れたチームだ。青柳にもなぜ大手の金融機関での安定して将来性のあるポジションを離れてまで、ここに来たのか聞いた。 

青柳 「金融会社時代には国際営業やWebの戦略部門を経験しつつ、業種交流で大手航空会社でのカスタマーサポートの仕事をしてきました。自分の経験を認め、活かしてくれると、竹谷と話して強く感じ転職を決めました。自分に任せられる裁量の広さとスピードを日々感じています。」

また新規事業で重要となるプロダクトマネージャーを務める平野 龍二は、2017年の新卒。今回の新規事業では大学で学んでいた概念的なUXを実体験としてプロダクト化する過程を楽しんでいる。

平野 「ネオキャリアは個人の裁量が大きい一方、スタートアップのように資金にを心配しすぎることなく、新しいことに取り組めると思い入社しました。ULTRAではユーザーの”不便" や”不安"を減らし、社会の課題を解決して笑顔を届けたいですね」

そんな竹谷が、一緒に仕事をしたい仲間とは。

竹谷 「やりたいことを話すときに、感情が溢れちゃう人がいいですね(笑)。そして後から『なんか言い過ぎちゃったかなー』『言いたいことがうまく言えなかったなー』って思える人がいいです。言葉では伝えられないけど、絵なら説明できるとか(笑)。

不器用な部分があっても、その特性を一緒になって生かし合える、そんなチームでありたいです。
特に今絶賛募集しているのは、新規サービスがつくっていく世界を、デザインを通じて世に問い、解決をしたい方です。

具体的には、ユーザーの声を聞きながらビジュアルアイデンティティを構築して、 iOS / Androidアプリの UI / UXデザインや、制作物全般のデザインにも統一感を持たせてくれる方になります」

竹谷のなかには、ふたつの想いがある。“それは納得できることを仕事にしたい”ということと、“個々の違いを認め合い仕事をしたい”ということ。だからこそ、一緒に働くメンバーのこともとても大切にしている。

そんな竹谷が、一緒に働くメンバーに仕事を通じて伝えたいこととは。

竹谷 「 0→ 1、 1→ 10で事業を広げていくことを、僕は経験として提供できます。新規事業を立ち上げ、ユーザーを集め、黒字化させるイメージです。そのなかで個々が自分のやりたいこと、高めたいスキルがあるなら、思いきり任せたいと思っています。溢れる想いを形にして、社会にとって必要なサービスを一緒につくりたい」

若いメンバーに伝えられることはたくさんあるものの、竹谷自身も多くのことを吸収して、まだまだ成長したいと願っている。

竹谷のチームでは、これから事業開発がサービスのローンチへと進むなか、一緒に働く大切な仲間を求めている。これから新しいサービスを世の中に伝えていきたい方、事業の立ち上げを経験したい方は、竹谷に会ってみてはどうだろうか。

関連ストーリー

注目ストーリー