子どもたちがオフィスでビジネス体験!? 社員家族向けイベント「NeoFes」とは?

私たちネオキャリアでは“メンバーがいきいき働き活躍するには、家族の支えが1番”という代表西澤の想いがあります。そういった想いから、メンバーとメンバーのご家族のための社内イベント「NeoFes(ねおふぇす)」を行っています。ちなみに「NeoFes」とは“家族(Family)とみんな(everyone)が笑顔になる(smile)”という意味が込められています。

創業以来初の子どもイベントを開催!

弊社も設立15年目を迎え、お子さんを持つメンバーも増えてきました。ご家族の方にネオキャリアを知ってもらいたい、という想いがあり「NeoFes」が発足。記念すべき第1回目は、『夏だ!祭りだ!Kids Go Go!』。ネオキャリア新宿本社で、ネオキャリアメンバーのお子さんたちが主体となる夏祭りイベントを開催しました。

2015年8月26日。
夏ということもあり、会場はカラフルな風船などで、お祭りらしく賑やかに飾りつけを。

1~9歳まで約40名ものお子さんたちが参加してくれました!

自分の写真が入った名刺を持って、名刺交換も!

1~3歳のお子さんたちは、新宿本社の各フロアを回り、お父さん・お母さんがお仕事をしているオフィスに潜入。

フロアを回る前に練習した「名刺の渡し方」の成果を発揮すべく、お父さん・お母さんや、いつもお世話になっているネオキャリアメンバー(お父さん・お母さんの上司や同僚など)に名刺を渡してご挨拶。あまりの可愛さに、名刺を渡されたメンバーも思わず顔が微笑んでいました。

ネオキャリアの擬似紙幣「ねお」には代表・西澤の顔が!?

その間、4歳以上のお子さんたちは、「ビジネス・販売の仕組み」について勉強するべく、「お菓子屋さんになろう」というテーマで、お菓子販売の準備を着々と進めます。

ネオキャリアがベンチャー企業である以上、そのメンバーのお子さんたちに「ビジネス・販売の仕組み」などを少しでも理解し、興味を持ってもらいたい!という想いでこのコンテンツが決まりました。

ネオキャリアの擬似紙幣「ねお」を各チームに20枚ずつ配り、「ねお」を使ってお菓子20個を“仕入れ”ます。

いざ販売先であるお父さん・お母さんのオフィスへ出陣!

オフィスでは、事前に流通されていた「ねお」を持ったメンバーたちが、お子さんたちが販売に来てくれるのを待っています。

「お菓子買ってください」「1個2ねおです!」と声をあげてお菓子を販売するお子さんたち。

全チームが頑張って販売した結果、お菓子はすべて完売!最初20枚だった擬似紙幣「ねお」が40枚に増え、これが「儲け」なのだということを体感できて大喜びでした!

当日参加したお父さん・お母さんからは
「お母さんの会社、かっこいいね!と言われて嬉しかった」
「子どもがとっても喜んでいた!」
「親もなんだか楽しかった!」
と嬉しいコメントが続々。

社内メンバーからも、
「上司の新しい一面を見ることができて嬉しかった」
「子どもたちに癒された」
「将来、子どもが産まれたら”NeoFes”に参加させたい」
と、嬉しいコメントをもらいました。

創業以来初めて行った子供イベントですが、大盛況に終わりました。

私たちネオキャリアは2030年に世界を代表するサービスカンパニーになるビジョンを掲げています。

そのためには、メンバーの活躍がかかせません。そのメンバーを支えているのはご家族です。ご家族に仕事を理解し、毎日気持ちよく送り出してくれることで、メンバーがより生き生きと仕事に取り組むことができると考えています。

ネオキャリアでは引き続き、メンバーとそのご家族を大切に想う文化を創り続けるため、さまざま家族イベントを開催していく予定です。

関連ストーリー

注目ストーリー