先輩のような“イケてる”社会人になりたくて、NTTデータを選んだ

▲ビジネスソリューション事業本部 坂本智弘

2015年にNTTデータに入社した坂本。大学時代は情報系学部に在籍し、ネットワークに関する研究に取り組んでいました。

坂本 「小学生のころにインターネットが一般家庭にも本格的に普及しはじめ、中学・高校時代には ITによって世の中がどんどん便利になっていくのを体感してきた世代です。そんな時代の移り変わりを間近で見てきたこともあり、自然と『世の中を ITで変えていく仕事』に関心を持つようになりました」

しかも、就職活動の早い段階から、NTTデータへの入社を思い描いていたと言います。

坂本 「自分から見て “イケてる “先輩たちが、NTTデータで働いていたんです。実際に自分が就職活動を始めてからいろいろな会社の社員の話を聞く中でも、NTTデータにはバズワードを並べて上辺だけで語るのではなく、本質的な芯の通った話をしてくれる先輩社員が多いなと思って。この会社でなら、自分もイケてる社会人になれるかもと考えたのが入社の決め手でしたね(笑)」

こうして、自分の直観に従い就職先を決めた坂本。入社後間もなく、今度はある事業部の存在が、坂本の直観に強く訴えかけることになります。

その事業部とは、データセンター(以下、DC)をはじめとする、ファシリティの建設・運用・維持に関する業務を担うFM(ファシリティマネジメント)事業部。NTTデータは、国内有数のSIerであると同時に、DC事業者としての顔も持っています。FM事業部は、自社が保有するすべてのDCを管理する立場として、NTTデータの情報通信サービスを日夜、支えています。

坂本 「配属前に行われた各事業部門紹介の際に、『24時間365日、止まることが決して許されないシステムの根幹を支えています』という趣旨の説明を聞いて、全社が手がけるミッションクリティカルなシステムのインフラ担当のような業務を漠然とイメージしました。それって絶対おもしろいだろうなと思って。それで、迷わずFM事業部を希望しました」

こうして、第一志望のFM事業部で、NTTデータにおける坂本のキャリアはスタートしました

ユーザー=社内顧客。距離の近さゆえの困難と喜びをかみしめて

配属先のFM事業部は、ITエンジニアと営業担当が多数を占める他の事業部とは異なり、主要構成メンバーが、建築系と電力系のプロフェッショナル。坂本のようなIT人財は、圧倒的少数派でした。そして、それゆえの苦労があったのです。

坂本が初めて担当したのは、FM事業部にとって不可欠なあるシステムの更改案件でした。すでに要件定義は済んでおり、パッケージシステムのカスタマイズから導入までのプロセスを経験することに。ここで、坂本は難所に突き当たります。

坂本 「いざリリースしてみると、システムのユーザー、つまり社内の建築・電力系のメンバーから『これじゃあ使い物にならない』という手厳しい意見が出てきました。要件定義時のコミュニケーションが十分ではなかったんですね。互いに『理解してくれているはず』という油断がどこかにあったために生じた齟齬でした」

開発とユーザーの両者が同じ事業部。通常のお客様よりも距離は近いはずでしたが、このときはその近さがかえってあだとなったのです。配属早々、相次ぐ改善要望に向き合う中で、坂本は気付きを得ます。

坂本 「表面的なやりとりに甘んじて、言われたことだけをこなすのではダメなんですよね。ユーザーが近い距離にいるからこそ、密にコミュニケーションを図ることが大切だと、この一件を通して痛感しました」

そして入社2年目に担当した案件では、システムアーキテクチャの検討から実装に至るまでを経験しました。

学生時代にある程度はプログラミングに触れてきたとはいえ、実務での長いキャリアを誇る協働者のメンバーのスキルには、到底及ぶものではありません。怖気づいてもおかしくない局面ですが、ここでも坂本は前向きでした。

坂本 「コードをガリガリ書きながら、『協働者さんの足を引っ張ってしまっているな……』という自覚はありました。でも、プロフェッショナルに囲まれながら技術のことを実地に勉強できる喜びの方が勝っていました。それに何より、すべてのプロセスに携わることができたおかげで、ステップアップの手応えを得ることができました」

こうして坂本は、入社前に抱いていたイメージと自身が置かれた環境とのギャップにひるむことなく、新たな経験の中に気付きを見いだし、成長の糧としていったのです。

研修で受けた衝撃が「学び」への意欲に火を点けた

1年目2年目と、業務を通じて失敗や、学びを得る局面にも遭遇してきた坂本ですが、手応えを感じられる場面も徐々に増えていきました。

坂本 「ユーザーが同じ社内にいるので、部内のメンバーが昼食中に私のそばに来て『あのシステム使いやすくなったよね』とか『この間の改修は速かったね!助かった』という言葉をダイレクトにかけてくれることがあります。それがやりがいにつながっているんです」

FM事業部において情報システム担当はわずか20名弱。それぞれが裁量を持ち、主体的に業務を進められる環境は坂本の性に合っていると言います。

坂本 「学生時代は、これだけ会社の規模が大きいと、『自分は歯車のひとつ』という気持ちを味わうことになるのかな、などと想像することもありました。

でも今は、手がけているものが成功したら『僕がやりました!』と胸を張ることができる。もちろん、失敗も『僕がやりました』ですけど(笑)。そんな環境が自分にはすごく合っていると感じますし、楽しいです」

手応えを感じ、順調に仕事に取り組んでいた中で、入社3年目にある課題にぶつかります。

坂本 「当時、情報システム担当の中で、ターゲットの抽出からシステム導入に至るプロセスを、もっとスピードアップしなければという課題感があったんです。

その対応策のひとつとして、基盤運用業務の自動化を考えていました。 しかし、そのために必要なナレッジがチーム内にはなかったんです。そこで運用自動化に強みを持つ事業部が実施している社内育成プログラムに、手を挙げて参加しました」

坂本の胸にあったのは、「IT人財としてチームに貢献したい」という想いでした。しかし、いざプログラムに参加してみると、ほかのメンバーの知識レベルの高さに衝撃を受けます。

会話の意味がわからない──そんな事態に直面したのです。

坂本は「もっと勉強しなければ」という危機感を覚えました。このとき抱いた想いが、今でも学び続ける原動力になっています。

坂本 「会話の取っ掛かりとなるような知識がないと、いざというときに有識者にアドバイスをもらうことも、自分で必要な情報を集めることもできません。それで、がむしゃらに情報を集めまくりましたね」

そうして、プログラムでの学びを生かして坂本が中心になって立ち上げた基盤は、その後実サービスの運用や、実証実験の場として活用されることに。チーム全体の業務改善に貢献ができました。

坂本 「今回のような手も足も出ないという状況に陥らないために、常に新しい情報を取りに行こうと考えるようになりました。新たな知見や技術動向にキャッチアップするため、エンジニア向けの資格取得や、最新のITトピックスの収集に意識的に取り組んでいます」

「改善」は「定着」の先に。ユーザーを巻き込みスピード感を持って取り組む

坂本は2020年現在、事業部が管理しているファシリティについて、災害時に状況を報告・共有するためのシステムの開発・運用をメインに取り組んでいます。

坂本 「このシステムの性格上、平時に使われることはなく、出番が来るとすれば緊急時です。しかも、それが“いつ“なのかはわからない。でもその、予測不能ないざというときに『ダメだこれ、使えない!』という事態になったら、すべてが台なしになってしまいます。

そうならないように、開発の過程では、実際にシステムを使用することになるメンバーへの綿密なヒアリングと短いサイクルでの検証を重ね、仕様に反映させていきました。配属当初の案件で得た学びが生きましたね」

そんな坂本が実現したいのは、どのような未来なのでしょうか。

坂本 「事業部内には、メンバーが内心で『もっとこうだったら便利なのに』と思っている事柄が、まだまだたくさん転がっているはずです。そうした声になる前の要望を拾い上げながら、スピード感を持って改善につなげていきたいですね」

同時に、裁量を持って改善のプロセスを回すことができる立場にあるからこそ、システムのユーザーであるメンバーとのコミュニケーションをないがしろにせず、最後まで“巻き込む“ことを大切にしたいとも語ります。

坂本 「導入したシステムやソリューションがメンバーに定着しなければ、改善もあり得ませんからね。自己満足に陥らず、ユーザーにインパクトをもたらすためにどうすべきか、という視点を大切にしています。

最終的には、『現状の改善』からもう一歩進んで、『あるべき未来像』をユーザーと一緒に描けるような立ち位置になれたらいいですね」

2020年春で、入社6年目。経験を積んだ分、共に働くメンバーに求めるものもはっきりしています。

坂本 「何事も『そういうものなんだ』と受け入れるのではなくて、『そこちょっとイケてないですよね?』と、改善の余地に気付くことができる人。さらにいえば、自ら手を動かして改善できる人。そんな人にすごく合った職場だと思います」

自身も、入社前から思い描いていたような “イケてる“情報システム担当として日々成長中です。そんな坂本の、FM事業部を舞台にしたDXをめぐる挑戦はまだまだ続きます。