自社メディアをイチから立ち上げ! 念願だった「編集長」への道が拓く

株式会社プレシャスパートナーズに営業職として入社し3年半が経ち、目黒智世は執筆から遠く離れた環境から、自社のWeb媒体「アールエイチナビ」の編集長へ抜擢。念願の夢を叶え、新たな道を歩み出しました。しかし、直後に決まった結婚、夫の転勤……。そのとき選択した道について、彼女自身が語ります。
  • eight

どんな経験も必ず自分の力にする。夢を叶えるための第一歩

Da37effb1757e473c38952167829113418f3c8cb
自ら立ち上げた初の自社メディア「アールエイチナビ」の編集長を務める目黒智世

学生時代、私は文芸学部で編集や執筆の勉強をしていました。いつかは書くことを仕事にしたいと思っていて、大学3年生の夏から広告会社のインターンに参加し、校閲やプロモーションなどの業務を経験。いろんな人を巻き込み、アイデアをカタチにする――そんな仕事に憧れ、就活では出版社やPR会社ばかり受けていましたね。

しかし、結果は惨敗……。就活が上手くいかないなか、そもそもどうすれば内定が取れるんだろう? と「採用」について考えるようになってからは、人材業界ばかりを見ていました。

そして、プレシャスパートナーズと出会います。会社説明会は、社長をはじめとした役員や社員の方々が参加し、就活生一人ひとりの質問に答えていく形式でした。私はその姿勢に感銘を受け、「絶対に入社する!」と決意。そのため、内定をいただいた際もその場で入社意思を伝えました。

入社してからは求人広告事業部へ配属となり、営業として働くことになりました。形は違えども広告業界に入社できたことがうれしくて、「とにかく必死に働こう!」と心に決めていました。

しかし、さまざまなお客様の採用支援を行っていくなかで、企業だけではなく、求職者の視点から「働くこと」について考えたいと思うようになりました。そこで、ジョブローテーション制度を活用して人材紹介事業部へ異動することに。

新しい部署では求職者の転職を支援するキャリアコンサルタント、企業の採用を支援するリクルーティングコンサルタントの両方を経験しました。求職者一人ひとりに希望や夢、人生があって、企業も同じように希望や夢、将来を持っているーー。その間に立って人と人を繋ぐ仕事に、すごくやりがいを感じていました。

その一方で、企業とのミスマッチが原因で職を転々とし、転職活動が難渋している多くの人と出会います。そこで何とか今の就職市場、転職市場の在り方を変えたいという想いを抱くようになりました。

大きな転機が訪れたのは、2015年10月。夏頃から浮上したアールエイチナビのプロジェクトがいよいよ本格化しはじめたのです。アールエイチナビは企業の代表者とその企業の採用ホームページを集約したインタビューサイト。

どこで働くかも大切、何をするかも大切、でも誰と働くかはもっと大切――従来の求人広告では伝えきれなかった社長の想い、社員の魅力にフォーカスし、企業と求職者のマッチングを図る。その新たなサイトの誕生を私は「採用の在り方を変えるチャンス」だと思い、すぐに飛びつきました。

自ら立候補して立ち上げた初の自社メディアで、ゼロからのスタート

E1577e20d4840b65cbacefbc267634f7c80ebde2
取材の合間も活かせるアイデアはその場でメモ。次の会議で煮詰める企画は後を尽きない
これまでのプレシャスパートナーズでは、求人広告の代理店としての事業がメイン。そのため、自社メディアを立ち上げるためのノウハウを持ったメンバーも上司もいませんでした。それどころか、ふたを開けてみるとプロジェクトメンバーは私とデザイナーのふたりだけ。手ぶらで更地に立っているようなものでしたね(笑)。

それでも自分から手を挙げたからには、中途半端にはしたくなくて。途中で投げ出したくないという想いから、WEBマーケティングの本を片っ端から読み漁りました。

一時期は街中の広告や通販サイトを見るたびに「何でここに目が行くんだろう」「このサイトのターゲットは誰だろう」と、必ずどこかで仕事と直結させて考えていました。「これが職業病というやつなのかな?」と、自分でも笑ってしまうくらい、頭の中がWEBや広告のことでいっぱいでした。

でも、企画を出せば出すほどボツになるものも増え、企画が進んだかと思えば次の日には頓挫し、なかなか進まない状況にもどかしく思うことも、正直たくさんありました。「じゃあ何が正解なんだ!」って全部投げ出したくなるときも……。

それでも投げださなかったのは、ずっと憧れていた仕事に就けたうれしさと、やっぱり「やるなら絶対に良いサイトにしたい!」という、結局は負けん気だったんだと思います。それを原動力にして、とにかく執念で原稿を書き、コンテンツの企画を出し続け、外部業者とのやり取りも、すべてデザイナーとふたりでこなしました。

今でこそライターも増えましたが、新しいメンバーが入社するまでは、すべてのインタビュー原稿、コンテンツを私ひとりで執筆する日々……。そのことも、「ひとりで書いていたなんてすごいですね」と他の人に言われるまで気づいていませんでした。自分の書いた原稿の数なんて、気にもしていなかったんです。

ようやく企画も通りはじめて、これまでつぎはぎだらけだったサイトを翌年3月に大幅リニューアル。それと同時にアールエイチナビをメインに拡販していく営業チームが立ち上がり、ふたりしかいなかった制作チームにも新たなメンバーが加わり、ようやくアールエイチナビプロジェクトはひとつの部門として拡大していきました。

結婚、転勤……それでも編集長としての夢は途絶えない

A44493e7cdb38ba7e03443740b9854752fc29fe4
企画には一切の妥協を許さない。上司にも臆することなく自分が「良い」と思ったものは納得してもらえるまで提案する
長い長い試行錯誤の末、いよいよ自分たちでつくってきたアールエイチナビが世に広まっていくーーそう一番盛り上がっているときに、私の結婚と、夫の名古屋転勤が同時に決まりました。

正直に言うと、「自分の社会人としての人生が終わった」と思っていました。名古屋にも支社はありましたが、アールエイチナビのプロジェクトは本社にしかなかったから。私が名古屋に行くためには、会社を辞めざるを得ないと思っていたのです。

何よりも辛かったのは一緒に頑張ってきたメンバー、チャンスを与えてくださった会社の期待を自ら裏切るという選択肢しか選べないということ。しかし、社長からかけられた言葉は意外なものでした。

「名古屋支社で働けばいい。仕事がないならつくればいい。やりたいことがあるなら諦める必要はない」

社長からの言葉は本当にうれしかったですし、ありがたいお話でした。一方で、それだけ活躍のフィールドを与えてもらうということは、ちゃんと成果を出さなければいけないでもプレッシャーもあるということ……。

それでもがんばりたくて、その場で私の名古屋転勤が決まり、アールエイチナビの仕事を続けられることになりました。2017年2月現在は名古屋支社で、アールエイチナビの編集長として、企画やライティング、メンバーの管理やスケジュール調整などを行っています。本当にありがたいことに掲載企業数も勢いよく増え、東京にいた頃よりも忙しくなりました。

アールエイチナビチームのメンバーとはSkypeや電話を通じてコンテンツやサイトブランディングの企画、今後の方針について毎日会議を重ねています。たぶん、誰よりもメンバーと話していると思います(笑)。

最近はアールエイチナビのコンテンツ量も増えて、更なるリニューアルに向けて大詰めになってきたところです。片手で原稿を修正しながら、電話でスケジュールを調整する、なんてことも増えました。

企業のホワイト化、労働環境の改善が唱えられている時代ですが、たんなる福利厚生の充実ではなく、社員一人ひとりの生活を思いやり、それぞれの人生に寄り添った対応、環境を与えていただけたからこそ、今の働き方ができているのだと思います。結婚、転勤を経験したことは、女性の働き方を考える大きなきっかけにもなりました。

「女性が輝きながら働く」とは? 結婚・転勤から見えてきた仕事観

8817d2c8d9427e3f15bd49623ddc716eb7671587
週末は夫と食事へ。この日はカジュアルにカフェディナーを堪能
アールエイチナビの取材でも、よく女性の社会進出について話が上がります。実際に結婚、出産を経て子育てをしながら、役職に就いて働く女性の話を聞く機会も多いです。私はいろんな方のお話を聞いていくなか、「女性がキラキラ輝きながら働く」ということは、必ずしも男性社員と同じことができるかどうかではないと考えるようになりました。

もちろん、男性社員に混じって、肩を並べて活躍することにやりがいを感じる女性もいます。でもそれと同じように、仕事と家庭を両立したいという女性もいますし、育児に専念して落ち着いたら復職したいという女性もいますよね。

それぞれのライフプラン、キャリアプランを実現できてこそ、本当の意味で「女性がキラキラ輝きながら働く」ということなんだと思うんです。それを実現するためには、一般的に浸透している制度や取り組みだけでは補えないこともあります。実際に、私の転勤は既存の制度を利用したのではなく、プレシャスパートナーズの社長や社員の方々の厚意があってこそ実現できたことです。

会社と出会い、そこでの人との出会いによってつながれたポジションだからこそ、今度は私がアールエイチナビを、誰かの人生を豊かにするサイトにしていきたい。もっとこのサイトを世の中に広めたいんです。自分の結婚や転勤、取材を通じて、これまでの憧れや希望がより色濃く、具体的になってきました。

「自分らしく生きる」「自分らしく働く」ためには、自分本位であってはいけない。どんなに自分が努力し、がんばって成功させたことでも、その成功は必ず誰かの支えや応援の上に成り立っています。

私自身、たくさんの人に支えられてきたからこそ、今後は私から感謝の想いを仕事で返していきたい。そういう想いや関係性が、人とのつながりを紡ぐのだと思います。そして、それが女性の社会進出を促す一歩であり、人々の人生を豊かにするための一歩になっていくはずです。

関連ストーリー

注目ストーリー