働きやすさは「精神的なサポート」に宿る。子育て社員と振り返る、ラクスルの仕組み

ネット印刷やネット配送事業で成長中のベンチャー企業・ラクスルは、子育て中の社員が多いのも特長です。今回は産休・育休を経た2名の女性社員に当時を振り返ってもらいました。その話からは「家族を持ってもキャリアを諦めることなく、社員がやりたいことを実現させられる」ラクスルの価値観が表れています。

Company会社情報

社名ラクスル株式会社
会社・
団体説明
ラクスルは、「仕組みを変えれば、世界はもっと良くなる」というビジョンのもと、ITとネットワークを活用したBtoBのシェアリングエコノミー事業を2つの業界で展開しています。 印刷ECサービス「ラクスル」では、中小企業の販促活動を支援する印刷物を提供。印刷物のデザインやチラシ配布をワンストップで担う集客支援サービスもオンラインで展開しています。さらにトラック物流のECサービス「ハコベル」でも、「早い・安い・高品質」なサービスを提供。物流問題を解決し、新たな日本の物流インフラづくりにチャレンジしています。
代表者代表取締役 松本恭攝
創業2009年9月1日
住所141-0021
東京都品川区上大崎2-24-9
アイケイビル1F
ビジョン・
ミッション
【広大に広がるリアル×インターネットのフロンティア】 2010年までの15年間のインターネット革命はインターネット空間の中で完結する革命でした。2010年以降のインターネット革命は旧来型産業とインターネットが融合するインターネット革命です。 日本の産業はほとんどがオールドエコノミーです。今後、多くの業界でインターネットを活用したサービスやバリューチェーンの再定義が今後行われ、大きな産業の地殻変動が起きます。その時、中心にある会社がラクスルです。 この革命の主役は、インターネットやスマートフォンを生まれた時から使っている「若い」世代です。日本の産業の根幹を、我々が再設計し、次の時代の主役になるチャンスがあります。一緒にこの国を、インターネットで作り直すチャレンジをしませんか?
URLhttps://corp.raksul.com/